2019年7月 9日 (火)

w124 内外気切り替えフラップ整備 備忘録

原則として内外気切り替えフラップ整備はダッシュボードを外して行わなくてはならない。あの頃のベンツ技術者の(妙な)こだわり?の為か、たかだかフラップの動作に2個もバキュームモジュレーターが使われている。

周知の事だとは思うが、バキュームモジュレーターは消耗品なのだ!あんなトコロやこんなトコロ、手の届かないアソコにもバキュームモジュレーターは使われている。おまけに大変高価だ。

バキュームモジュレーターの構造はインテークマニホールドで発生した負圧を利用した負圧アクチュエーターだ。ゴム袋とスプリングでロッドを動かす仕組みになっている。

ゴム袋は動作の度に伸縮を繰り返すので、いずれヒビが入り破れる。破れると負圧が掛からないので動作しなくなる・・壊れるのだ。

高価で壊れ易く配管も必要な事から負圧モジュレーターは廃れ、この手の動作にはギアとモータを使ったメカニカルなアクチュエーターが多用される様になった・・このギアも良く割れて壊れるのだけれどね。

前置きが長くなったが、内外気切り替えフラップはエンジンルーム側からでも「なんとか」整備出来る。

ちなみにぱらいそ家のw124は1990年式260Eで外気フィルター無しのタイプ。

ワイパーを外し、ブロアカバーを外し、フラップ中央に開いた穴からリレーロッドを外す。マイナスドライバーとかでコジれば簡単に外れる・・入れる時の方が大変なのだ。

リレーロッドはネジになっている。右に回せばフラップが引き込まれ、左に回すとロッドが伸びてフラップ押し上げ量が増える。
ブロアカバーを仮止めしてエンジンを始動し、内気循環ボタンを押してカバーとフラップの密閉具合を見て、リレーロッドの伸縮量を調整する。

リレーロッドL字金具のフラップへの嵌め方。外気導入状態にする・・エンジンを切ればよろしい。
あらかじめ細い針金をロッドに巻き付けて(結ぶ、ではない)フラップの穴から引き出し誘導する。しかる後、金具をスナップに嵌め込み、針金を引っ張って外せば作業終了。

まどろっこしい事をせずにワイヤで動作させた方が金も故障率も大幅に下がるのにねぇ。全くもってどうかしてるよ。

| | コメント (0)

2018年12月 4日 (火)

W124 フードロックワイヤー 切れ

W124 260Eのフードロックワイヤーが切れてしまった

出かける前のエンジンルームチェックをしようとして・・妙な手応えと共にレバーがパクパク。

ワイヤーが切れた!・・と、直感した。

 ネットサーフィンしても防犯に関わる事なのでなかなか事例が無い。アルファロメオの例ではフロントグリルを破壊してロックユニットに到達している(まぁ、イタ車なんで比較は出来ないか?)。

高年式のベンツではロックユニットが左右に有るようだ・・この例ではタイヤハウス内張を外してそこからロックユニットにアクセスしている。

ロックユニットの下には「カバー」が有る様だ・・・どうやらどの年代のベンツにも・・だ。

・・・結局ぱらいそはフロントグリルも破壊せず、リフトに上げる事も無く、穴も開けずにロックを解除する事が出来た。

すまぬ・・手順の詳細はやっぱりココでは書けないよ。

まぁ、フロントグリルを壊せば楽にアレが・・・オッとこれ以上は書けない。

とにかく良く観察する事だよ。それと、ロックユニットとワイヤーの関係もね。


・・・ああ、ワイヤーは切れてなかったけれど、ワイヤーとロックユニットをつなぐプラスチック部品が割れていました。ナンで力の掛かる所にプラスチックを使うかな~。ダメダメだよぉベンツの技術者さん!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 8日 (木)

ボイスコイル断線

 ダッシュボード右前スピーカーから突然音が出なくなってしまったので調査した。結果的には完全に分解(破壊・・とも言うが)した所、ボイスコイルが焼損/断線していた。

なんとかまき直して・・と試行錯誤したが、ボビンが焼き切れてしまっていてどうしようも無くあきらめました(技術的には出来ない事は無いけれど、ソコまでスル価値の有るユニットでも無いでしょ?)。

過大入力した訳でもないのに何故ボイスコイルは焼き切れたのか?ネットサーフィンの結果「多分」では有るが理由が判明した。

ボイスコイルと磁石エアギャップの位相がズレ、接触して抵抗となり焼損するらしい・・確かに一寸前?から「ボソボソ」言っていたな。

まぁ、年代物だし過酷な環境に有る訳だからやむおえない事でしょう。

純正スピーカーの直径は大体12.5cm。多分、きっと、おそらく13cmのモノが入ると思う。が、安全を考えれば10cmか?

たとえ10cmといえども25年以上陽にさらされ焼けたスピーカーより良い音で鳴くと思うよ。

 先立つモノの関係で、僅か6cmのスピーカーを仮に取り付けた。大事なのは「バッファー板」。コレが有ると無いでは大違いです。なに、キッチリでなくても良いのです。大体「あの場所」に入るサイズでよろしい。

紙で型紙を作り2~3mmベニアで造る。ポイントはベニアの振動を抑える事。裏側に鉛薄板でも貼ればとてもよろしい。

仮にインストールした6cmスピーカーでも十分に機能して、まぁ、満足はしている。

因みに本インストールに使おうと思っているスピーカーは「ケンウッド KFC-RS 103」アマゾンで送料込み3700円・・・欲を出して13cmや16cmを購入すると下手をするとサイズ的に入らないかもしれないですぞ。まぁ、それもチャレンジですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 8日 (水)

タイヤ マイナーチェンジの時期なの??

現在ミシュラン/グリーンタイヤを履いているのだがもう少しでスリップサインにかかってしまいそう。

そこで色々情報を集めて①レグノ-XI ②dbv552 ③プレマシーの内、最も安価だった①レグノを選択した。

タイヤのみ(送料含)1本11000円程だった。組み替えはいつもの整備工場へ依頼(1本2~3000円、廃棄料、エアニップル交換含)。

この金額はオートバックス等より1万円近く安価だと思う。

・・・で、現在オートバックスでは①②共に30%オフセールをしている。そしてプレマシーはもうすぐバージョンアップ#4が発売される。

つまり・・ブリジストン、ヨコハマも(ダンロップも?)もうすぐバージョンアップ版が発売されるのだと思う。

事情通の方には笑われるのだろうが、多分、おそらく、きっとそうだと思う。

長い間アウディにもレグノを履いてきたのだがGR-9000から14インチが無くなってしまって本当に参った(その後履いたプライズはダメダメタイヤだった・・185にダウンしてスポーツタイヤにした方がよっぽどマシだったろう・・くそう!!)。

年間7000kmは高速を走っているので、高速+ウエット性能を考えた上でレグノを選択したのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月31日 (火)

ブロアファンモーター ベアリング化 改造

B.B.号のブロアファンが停止した。

一寸前からいわゆる”鈴虫”が騒いでいたのだが、まぁ、無視していたら手痛いしっぺ返しをくらってしまった。早く注油しておけばあんな事にはならなかったかも。


・・で、ベンツのブロアファンも軸受けにオイルレスメタルを使っていて、経年劣化でシブる様になる訳。


2015年3月8日のブログでアウディのブロアファンモーターの軸受けをベアリングに改造した記事をアップした。

ベンツも同じボッシュ製だし、軸径も同じだ・・新品買うよりモノタロウで数百円のベアリングを買って改造した方が良くないですか?

ぱらいそも今回はラスペネ+モリブデン添加オイルの注油をしておいたけど、ベアリングとカラー準備しておくかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月13日 (金)

B.B.号重整備記録

デフマウント交換

サブフレームマウント交換

マルチリンク+リアスタビリンク交換

リアスタビライザーブッシュ交換

リアロアアームボールジョイント交換

コンパニオンプレート交換

ドライブシャフトセンターベアリング+ホルダー交換

ミッションマウント交換

エンジンマウント交換

燃料ポンプ+フィルター交換

ATオイル+フィルター交換

デフオイル交換

センターマフラー交換

最後にアライメント調整をしていただいた。

部品が間に合わずロアアームブッシュ交換とドライブシャフトブーツ交換が出来なかったのはイタイ・・後日施工で工賃が加算されてしまう。

注:交換は上下、左右、前後、等、全てセットで実施した。

さて、つぎはアウディのターンだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 7日 (木)

W124 あるある キーシリンダー破損

W124の弱点の一つ。

Cimg3492キーさえ有ればココまで簡単に分解出来る。

W124のキーシリンダーには構造的欠陥が有る。



Cimg3493Cimg3495ココが破断する。シリンダー本体(左図)と右図のパーツが接する部分はせいぜい1mm×14mmの面積しかないのだ。

もろい鋳造用合金製なので反復する長期間の使用で破断する。

Cimg3496鋳造時の温度変化や加工時のストレスが金属の結晶構造に影響を与える。

破損は単純に使用者の誤用だけでは無いと思う。


キーシリンダーそのものはメルセデスベンツで購入する事が出来る(多分、まだ出来ると思う)が、新車時に付いてきた個別データの記載された紙がな無いとやっかいかも。そして、何より高額な請求が来るのだろう。

安価な社外品も有るが、ドア・トランク・グローブボックスと整合性が無くなってしまう。

対策はなやましいね(お金が有れば問題ないが)。

追記1:**ヤナセに問い合わせてみた

キーシリンダーは本国発注で約1ヶ月必要。従前のキーがそのまま使用出来る(キーがもう一本増える訳ではない)。パーツ代金は18252円・・なんだ安価だな。

オット忘れていた・・・交換工賃は15000円程掛かるらしい・・さすがヤナセ価格だね。素人でも交換出来るのにね。

結局3万円程と1ヶ月が必要と云う事でした。

車検証記名者と本人確認書類が同一で有る事、ヤナセサービスへの入庫が必要だそうです。

追記2:緊急用キーシリンダーと専用キー(1本のみ、スペア制作不可能)は25000円だそうです・・オリジナルと大差無いじゃん・・頼む意味ないですね。更に国内在庫なし。

                                        2018 08/June.

                                                接合部面積訂正変更 08/June.





| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年8月30日 (水)

エキスパンションタンク・キャップを分解してみた

先日負圧側に不具合が発生して交換したエキスパンションタンク・キャップを分解してみた。

Cap下段右端2個が負圧側弁で、右から2番目のゴムパッキンが変形していた。

また27年間未交換だと思っていたキャップだが、整備簿から7年前の2010年12月に交換していたと判明した。

7年しかなのか、7年も、なのかは・・判断に迷うモノだよね。

カシメを削って丁寧に分解すれば、ゴムパッキンだけの交換で使えそうな気はスルが、安価なので新品交換した方が良いと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月19日 (土)

ドア トランク ロックアクチュエータ (ロッキングエレメント) ロッドの外し方

ドア/トランクロックアクチュエーター(アウディでは「ロッキングエレメント」と呼称される)からコントロールロッドを外す方法。

①分解前にロッド挿入深度をテープ等でマークする

②ドア/トランクは「開」状態にする

③ロッドを動かない様に保持(ロックプライヤ等を使う)したまま・・

④ロッキング・リングをロッドと反対方向に押す

⑤ロッドをスリーブから持ち上げて、外す

Dscn9248Dscn9250今回はベンツの作業だが、アウディも同じ方法で外れる・・と思う。

再組は分解の逆順でスル。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

突如発生した悪臭・・その原因はっ!?

・・高速を降りて最初の信号で突如発現した異臭。それは「卵の腐ったニオイ」・・判る人にはもう原因が判ったと思う。それは硫化水素の臭いだ。


最初の信号から程なく自宅車庫。ボンネットを開けて臭いをかぐ。僅かだが、確かにニオう・・何処だ?・・!!

!!バッテリー通気孔から蒸気の様なものが出ている・・過充電だっ!バッテリーに触ると、熱い。膨れている。

あわててバッテリーに水を掛けて冷やした。

実は前駆症状が出ていた。

①ナビの電源がオン/オフを繰り返す。
②オーディオに回転数に同期するハムノイズが入る。

オルタネーターは今年3月にブラシ摩耗に因る発電不良を起こし、ブラシのみ新品に交換していた(ボルテージレギュレーター本体は交換していなかった)。

それから約7000km走行して今回のトラブルが発現した。

オルタネーター・ボルテージレギュレーター部で電圧を測定すると、14.9Vで一応レギュレートされてはいる様だが、現実はオーバーチャージが発現しているので故障と判断した。

ストックパーツを出してきてセットアップし電圧を測定すると13.5V。レーシングしても変わらなかった。

今回の交換品①ボルテージレギュレーター②バッテリー(2年しか使っていないシルバーバッテリー・・安全弁が開いてしまったので、もう使えない・・もったいない!)③ヘッドライトバルブ・・左右共切れてしまっていた・・レイブリック・レーシングバルブ・・高価なのにっ!!

でもね、同年代製でほとんど同一部品が使われているアウディは充電系でのトラブルは一度も無いのよ。その差はオルタネーターの温度だと思う。

ベンツはエキゾーストマニホールド真下にオルタネーターが位置する。輻射熱はスゴイ。対してアウディはエキゾーストマニホールドとは反対側に位置するのだっ!

ベンツオルタネーターにヒートシールドとフレッシュエア導入パイプの新設をすれば、あるいは・・と思うのだが、どうだろうか?ねぇ?

訂正:アウディはメーター内回路断線に因る充電不能が有りました。20/Aug.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧