2020年10月27日 (火)

XR250 BAJA サイドスタンド長さ その1

paraisoも型式とサイドスタンドパーツナンバーを1998年2月発行のパーツリストから拾ってみました。

XR250 SとT(角型シングルヘッドライト)
50530-KCZ-000(おがた氏の情報から50530-KCZ-J70が同じ物・・同じ長さと判明しています)
最低地上高280mm(?)

XR250 BAJA 3T 
50530-KCZ-930
最低地上高270mm

XR250 BAJA 3W
50530-KCZ-950
最低地上高270mm

3Tと3Wの最低地上高は同じなのにサイドスタンド型番が異なる(paraiso的想像では長さが異なると思う)のは以下の情報が関係しているのかも知れない。

1996年6月の本田プレスインフォメーションに「低車高化に伴い、サイドスタンドの全長を’95モデルと比較して10mm短縮‥以下略」と云う文言が有る。つまり96年モデルは95年モデルより10mm短い事が判る。

また、同じく別の本田プレスインフォメーションから96年式XR250/XR BAJAのサイドスタンド振り出し角度が35度で有る事が記載されている。因みに97年式XR250/XR BAJAの振り出し角度は42度で、96年式より車体がより、傾いている事が判る。

追加:96年モデルの接地部面積は95年式より約30%広くして安定性を向上させている。XR乗りには周知の事だが、この頃のXRの接地部・・フットは薄めの鉄板をプレスしたもので、経年劣化で折れてしまう。-J70、90は厚い鉄板で折れる心配はなさそうだ。

つづく

| | コメント (0)

XR250 BAJA サイドスタンド長さ  イントロダクション

それは駐車場で荷物満載のBAJA(MD30-110**** XR250 3T 1996年製造)を倒してしまった事から始まった。

ウチの駐車場は排水を考慮して若干斜めってはいるのだが、キャンツーに出かける為に荷物を満載した所サスが縮んだ事も合わさって倒してしまったのだ。

以前から(空荷でも)角度が付きすぎているのを気にはしていて、停める所に気を使わなければならいのは煩わしかった。

現在所有しているXR250 BAJA 3Tは3代目(XL250R..XLX250どちらも盗まれました!)で、中古・・走行3000Km程でウチに来たヤツです。

最初に疑ったのはキック。キックスタートしか知らなかったので車両購入と同時に純正キックセットを購入し装着。始動はキックばかりでしたので(サイドスタンドを立ててキック)ピポット部が曲がったのでは無いかと。

ピポット部矯正は自分では無理なのでバイク屋に入院させた所、曲がりよりはストップ部分に食い込んだ事が原因と診断を頂き、ストップ部肉盛り溶接してもらいましたが・・イマイチ・・直ってないカモ・・。

次に疑ったのは、ウチに来る前にサイドスタンドを交換していたのではないか・・と云うもの。では3Tのサイドスタンド長はいったい何センチなの??ネットサーフィンしても確証の有るデータが無いのよ。

悶々としている所に以前アップした「XR250 BAJA リセット病の原因はコレか?・・2018年11月19日」にコメントを寄せて頂いた、おがたさんに相談した所色々教えていただき疑問は解消・・・せずに、サイドスタンド長の闇は更に深さを増したのでした!

 

おがたさんからの情報(コメントをそのままコピーペーストです)


こんにちは、
スタンドの長さは定かな情報が転がっていないので最低地上高とパーツリストで品番を整理してみましたが残念ながら地上高だけで正確な互換性は割り出せませんでした。
BAJAは1995~2003で280→270→260mmの3種類の地上高に対して4種類のスタンド、XR250は280→270→285mmの地上高に対して4種類でした。
モタードは240mmと高さが別格で1種類のみ。

私の購入した部品で例を挙げると車高と品番が違ってもスタンドの長さは一緒でした。座面の形状が変わっていましたが。

車体番号 年式 車高  スタンド品番
1000001~ 1995 280 50530-KCZ-000
1100001~ 1996 280 50530-KCZ-000
1200001~ 1997 280 50530-KCZ-950
1400001~ 1998 270 50530-KCZ-950
1500001~ 2000 270 50530-KCZ-J40
1700001~ 2003 285 50530-KCZ-J70
    2004 285 50530-KCZ-J70
    2005 285 50530-KCZ-J70
    2006 285 50530-KCZ-J70
    2007 285 50530-KCZ-J70
BAJA
1000001~ 1995 280 50530-KCZ-000
1100001~ 1996 270 50530-KCZ-930
1200001~ 1997 270 50530-KCZ-950
1400001~ 1998 270 50530-KCZ-950
1500001~ 2000 260 50530-KCZ-J20
1700001~ 2003 260 50530-KCZ-J20
MOTARD
1700001~ 2003 240 50530-KCZ-J90
    2004 240 50530-KCZ-J90
    2006 240 50530-KCZ-J90
    2007 240 50530-KCZ-J90

投稿: おがた | 2020年10月20日 (火) 16時49分

おがたさん、情報有難うございました。

・・続く

 

| | コメント (0)

2020年9月28日 (月)

MD30 XR250 BAJA サイドスタンド 寝すぎる

サイドスタンドを立てキックしまくった為か?スタンドを立てても車体が寝すぎて一寸でもスタンド側が坂・・斜めになっているとコケそうになっていた。

キャンツー仕様/荷物満載だとショックが縮んで斜め度は更に加速。もはや見過ごす事は出来ない状態になってしまった。

車体側ピポット部が曲がったのではないか?と云う自己診断でバイク屋で修理/修正してもらう事にした。

バイク屋の診断は、ピポット部曲がりよりもスタンドストップ(立ち位置で止まる所)が減った?食い込んだ?為にスタンドが前方に出てしまうからだと言う。良く判らんが、プロの診断に間違いは無いだろう、依頼した。

ストップ部肉盛り溶接と、土踏まず?スタンド先部分・・のヒビ溶接修理で8000円だった。バイク屋に頼むのはタイヤ交換だけなのでお布施のつもりでお支払いしました。

サイドスタンド流用データ(ぱらいそネット上調べ・・実測ではない・・間違いが有るカモ)

XR250モタード     320mm
CRF250L               330mm
XR250         340mm
CRF RALLY            380mm
XR400,CRM250AR  385mm

注意:ピポット部構造は同じだが、スプリングを掛ける位置、長さ等が異なる・・・ら・し・い。

因みに純正新品パーツは製造中止。

| | コメント (0)

2020年5月25日 (月)

GSXR250Rの整備をした

結局紙ヤスリでオイルシールをスルと云う治療では1年持たなかったのでフロントフォークオイルシールを交換した。併せてダストシール、内部洗浄、オイル交換も行った。
更にどうせフロント廻りをイジルのだから、ブレーキオイル交換とキャリパピストン清掃も行った。

その後試験走行で近場を100Km程さまよったのだけれど、足をヤッちまってから初めてのバイク。足だけでなく全身の筋肉?が落ちている・・体力が低下している事を実感し愕然とする・・・ようするに疲れちまったよ。暑かったせいも有るのだろうけどね。

こんなんじゃツーリングに行けない体になっちまう!!


Dscn3850 Dscn3849

| | コメント (0)

2019年10月31日 (木)

ストームバイカーは買い換える事にしました

修理を依頼しようと思っていたストームバイカー/上着なんですが、ふと「何時購入したのかな」と思い記録を引っ張り出してきましたところ・・13年前に購入していた事が判明しました!

良く保ったものだと思いますし、実は貼り替え中になんの気なしに窓越しに透かして見た所、なんと、メンブレンが剥がれている所が何カ所も!!

せっかく貼り替えもしたのですが、防水層が劣化している様ではもう駄目でしょう。あきらめて買い換える事にしました。

 

価格は高いですが10年以上使えると思えば安いものです。やっぱりモンベルの雨具は良いです。

どれを買おうかと思っている皆さん、おすすめですよ!!

| | コメント (0)

2019年7月30日 (火)

フロントフォークオイルシール サンドペーパー で オイル漏れ 治療?

GSXR250Rフロントフォークにオイル漏れが発生した。

交換してからそれ程経っていないので例の「サンドペーパーでお茶を濁す」を試してみたところ完全に漏れが止まりました。ラッキー!

 

サンドペーパーは1200番。コシの有る耐水ペーパーを使い、オイルリップとフォークの間に差し込みぐるりと1~2周。リップに「横スジ」を付けるのが目的なので上下はさせないコト。

小さな異物をかんだ程度ならこれでリップを修正出来るみたいだから、交換する前に試しても良いかもね。

 

 

| | コメント (0)

2018年11月29日 (木)

MD30 キャブレターインシュレーター O-リング 代用品

91302-KR0-003 キャブレターインシュレーターオーリングは1個600円以上する。

固定使用なので多少サイズが違っても普通のオーリングで代用出来ると思う。

純正は楕円だが代用品は円形。多少サイズが違ってもインシュレーター溝に押し込めば使えるだろう。

楕円形なので内径測定が難しい。多分だが43~44mmだと思う。線径は間違いなく3.1mm。

NOK CO 0203A・・・内径39.4mm・・延ばせば問題ナイ・・と、思う。

     CO 0204A・・・内径44.4mm・・・コレは一寸大きい様な気がする・・??。


モノタロウで買えば1本200円位なのナニカのついでに購入しておくと良いカモね(少額だと送料がかかってしまうので)。

裏ワザ・・固定用に使うなら、だが、大きすぎる場合は切り詰めて瞬間接着剤で接着し、接続部にパーマネントブルー等のシール剤を少量塗りつければサイズ調整OKです(運動部には無理)。

試行された方、どちらのサイズが適正だったかコメント下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月19日 (月)

XR250 BAJA デジタルメーター リセット病 原因はコレか?・・コレでした!

 BAJAリセット病の原因はコンデンサ劣化が原因じゃないかな~と思い、コンデンサを交換してみました(記事を書いている時点でのテストはまだなので、結果は追記予定)。

 

 BAJAのリセット病(寒くなると?バッテリーが正常でもトリップデータや時計がリセットされてしまう)は1995年製に多いと云うネット情報だけれど、ぱらいそのXR250BAJAは1996年製造。パーツ供給の幅があるだろうから十分「危険地帯」に入っていてもおかしくはない。

 で、先日の四国和歌山ツーリングの時に発病してしまった。その時はバッテリーが弱っているからだと思っていたのだけれど、どうも様子が変。

ネットで調べるとこの症状こそが「リセット病」らしいのだ。

早速メーターを外し基板を確認してみた。

Con1・・コンデンサ劣化してるよね。シュリンクが減退している。85度品だし、何より面実装タイプだ!

(全ての面実装コンデンサで問題が起きる訳ではない((電解液問題以外で))けれど、リフロ温度管理不備が原因ではないか・・とぱらいそは考えている)。

Con2
裏面に面実装コンデンサは4個と普通のコンデンサ1個。液晶側にも普通のコンデンサが1個使用されている。

 

何故全てを普通のコンデンサにしなかったのかなぁ。

面実装:220uF 35V 2個・・直径10mm×高さ10mm・・直径はともかく高さに気をつけないとケースに入らなくなる。


面実装:22uF 6V 1個 直径4mm×高さ5.5mm位・・・通常のコンデンサでも横にすれば取り付け可能。

面実装:1uF 50V 1個 直径4mm×高さ5.5mmくらい・・・通常のコンデンサでも取り付け位置を調整すれば取り付け可能。

普通のコンデンサ:100uF35V 1個 直径8mm×高さ10mm位・・高さ注意。ケースにあたる可能性あり。位置を合わせたり横にしたりしてみ。

各コンデンサの耐圧は25Vでも問題ない。35v耐圧が入手難なら。
6v耐圧のヤツも10~16vで代用ok。ただし各コンデンサの耐熱は105度が望ましい。

補足:面実装コンデンサは普通のコンデンサで代用出来るが、適当に交換するとケースに収まらない。サイズの合わないコンデンサは横にしたり、一寸離れた場所に配線を伸ばして設置したりすると良い。

 

注意

 

基板の+-シルク印刷通りにコンデンサ+-を半田付けする事。
注意して取り付けないとケースに当たってキチンと納まらない。
40~60wの半田コテを用い短時間で半田作業を終わらせる事。通常タイプコンデンサはスルーホールなので無理に抜くとスルーホールが壊れる恐れがある

コンデンサを外した後のスルーホールの抜き方→スルーホール半田を溶かしておいて、すかさずペースト(半田付け用フラックス)を塗った爪楊枝を刺すと簡単に抜ける。決してドリルを使ってはいけない

Cut面実装コンデンサの外し方

先にニッパーで上を切り取ってしまう。残った部分は簡単に取れる。そして最後に残った半田部分を溶かして取る。

 大きいサイズのコンデンサは一度に切り取ろうとせずに、2,3回切り込んで取るつもりで。1度の切込みで無理に取ろうとすると、銅箔面(パッド)がムシれますぞ。

 

取り付けたコンデンサは振動対策としてシリコンやゴム系接着剤、熱可塑性接着剤で固定すること。

 

根治療法?画像に有るFPCの20ピンをランドから浮かし(外し)、常時電源平滑コンデンサ+とジャンプすれば良い・・らしいのですが、ぱらいそは回路とか一切読んでいないので無責任情報です・・治るらしいけど。

とても詳しく記載されている方がいらっしゃいます。こちらをお訪ね下さい。

 

https://ameblo.jp/shopustart/entry-12415015614.html

 

 

 

手抜きカンニングおゆるし下さい。リンク有り難うございます~~。

 

 

 

追記:ケースO-リングが切れている場合が有る。

NOK品番:CO0220A 3.1×124.4(これがジャストサイズだそうです!)あるいはCO0221A 3.1×129.4のどちらかが合致すると思う1本200円程なので、どちらが正解か試行された方は教えて下さい。・・試行されたおがたさんから情報が有りました。有難うございました。

 

結果報告:コンデンサーを交換してから一度もリセットされませんので、やはりコンデンサー劣化がリセット病の原因だったと思われます。

 

 **コンデンサーを交換した場合は電源→ICへのジャンパー工作は必要無いです(私は配線していません)。

追加報告:1ヶ月ぶり位に乗ろうとするとさすがにかかりが悪く、かなり長くセルを使いました。コンデンサ交換前はあっと云う間に時計やトリップがリセットされてしまったのですが、今回はその兆しも有りません。完全に直りました。

結論:リセット病の正体は電解コンデンサーの劣化(容量抜け)です!

     スルーホール処理に気を付けて電解コンデンサーを交換して下さい。

更なる追加報告:令和2年1月2日に2ヶ月ぶり位に乗りました。寒さでバッテリーが弱っているし、セルを長く使いましたが表示は消えませんでした。

 

 電解コンデンサー交換は決定事項ですね。

 

 

31/May 結果報告・一部文言追加

'19 27/Sep. 追加報告と結論追加

'20 05/Janu. 更なる追加報告

'20 08/Aug. 一部文言変更、追加

'20 10/Oct. 一部文言追加変更、メーターケースO-リングサイズ確定

 

 

 

 

 

 





 

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2018年11月11日 (日)

ACC連動直バッテリー回路新設の必要有り

先日の平湯野営場行き前に以前から入手してあったアファムハンドル(純正同等サイズ)とホンダ純正グリップヒーター(スポーツタイプではない、全周タイプ)を付けたのだけれどグリップヒーターの動作がなんか変。

純正指示書通りストップスイッチを分岐し、アース(-)はウィンカーラインを分岐して設置した。が、動作が不安定。

原因はアース・・マイナスラインの不具合でした。アイドリング状態でヒーターを動作させると、なんと、クラクションが弱~く鳴るのだ。こういった不具合動作は大抵は電源ラインの不具合。

車でも良く有る事で不十分なアースから他の回路へ電流が流れ、点かなくても良いウィンカーだのスモール等が薄ぼんやり点灯したりする事がある。

今回XRで起きた事もアース不良でした。フレームのしっかりとした部分へアースポイントを変えた所、不具合は解消されました。

元々ぱらいそはストップスイッチ部分を分岐して外部電源端子を増設してありました(ETCやシガーライターを付けてUSB電源にしたり・・色々)。

確かにACCラインではあるのだけれどやはり線が細い(電流が流せないし、損失も有る)し、コネクタで分岐って云うのもキモチ悪いし・・。

シーズンオフの内にリレーを1つかませてACC連動バッテリー直+ラインを新設しようと思います。

因みに急いで装着したグリップヒーターは大活躍でした。あの霧と雨の中、本当に有って良かったわ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月15日 (月)

MD30 ME08 化完了

XR250 BAJA MD30のME08化が完了した。

交換した部品は以下の通り

カム、カムスプロケット、カムチェーン、チェーンテンショナ、カムボールベアリング、ピストン、ピストンリング、ピストンピン、バルブステムシール(バルブフェースラッピングのみ)、クラッチスプリングそしてエアインテーク。

かなり以前にマフラーは交換してある(エキゾーストマニホールドは純正のまま)。

 付随するオーリング、パッキンは全て交換した。

30Km程試し乗りしてみた・・スタートから違う。パワーバンドが変わって、フラットな感じ。まだ馴らし中なので上の方は判らないが1/2アクセル位迄の間で十分なパワーを感じる。

カムフィールと圧縮比が変わったので当然の事なのだが先達の考察通り乗り易いと思う。現在レギュラーガスなのでハイオクでどの様に変わるかも確かめたい。

エアフィルターとキャブとフライホイールは純正のままだけれど、それでも十分に良い変化を感じる・・換えるとまた違うのだろうけれど、これ以上必要かな?換えても良いと思うのは(金額的にも)えあフィルターかな?

・・それより今週末CRF氏と香川・和歌山キャンツーなのよ。それまでに最低限の馴らしとシェイクダウンしなくては!台湾、朝霧JAMと色々続いたので完成が遅れてしまったのよ、まいったまいった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧