2020年8月27日 (木)

テント タープ フライ 加水分解 Q&A

Q:防水処理には何を使うか
A:シリコーンシーラントをホワイトガソリンで10~20%に希釈し裏面に塗布する。厚すぎるとベタベタしたり剥がれる恐れが有る。mon●●elのハイドロプロ膜厚については愚ログの何処かに記載した覚えがある・・どこだっけ??

Q:撥水には何を使うか
A:シリコーンシーラントをホワイトガソリンで「かなり」希釈した物を表面に塗布する。かなり??ポロン程度のサラサラ度。撥水スプレーが簡単だ。

Q:撥水と防水の違いは
A:撥水は字の通り「水を弾く」。ぱらいそ的解釈は・・「繊維の網目状構造がそのままで、気体を通す。圧を掛ければ網目を液体が通る・・漏れる」。
防水は「繊維の網目状構造が完全にシールされている。気体も水も通らない」。

Q:縫い目防水処理はどうする
A:シリコーン液処理する前ににシームテープを貼る。処理後には接着しないので注意。処理後の目止めにはシルネットを使うか、塗布したシリコーン原液?を塗布する(ぱらいそはやった事はない)。
しかしながら、十分なシリコーン膜厚が出来れば(薄めすぎなければ)事前の目止め処理は必要無い。

工場では防水コーティングされた生地を仕入れ、縫製しているから縫い目の防水処理が必要になる。もし、防水処理が縫製なら・・ワカルね?

Q:劣化したシームテープの除去方法は?
A:ホットガンで加熱して剥がす。アイロンでも可能。ぼろぼろに劣化したテープはガムテープで物理的にはぎ取る(過去投稿{劣化したシームテープの除去})を参照のこと。

Q:シームテープ除去後のベタベタはどうする?
A:既存の防水コーティングを残す為には、溶剤や重曹水は使えない。故に、そのまま再シームテープ処理するしかない。が、劣化した接着剤の上に貼るので直ぐに剥がれる恐れも有る。コレは劣化程度に因るだろうね。

Q:シームテープも幕体コーティングもベタベタ。すごく劣化している
A:温重曹水で全てを除去するしかない。生なりの生地に戻るので防水・撥水処理が絶対に必要になる

Q:市販のテント底防水剤は使えるか?
A:ぱらいそはテントボトムに何年もあの熊印・白い液を塗ってきた・・ぱらいそ的結論は、使えない。正確には、ボトムから浸水する様になった防水を再生させる事は出来ない。

Q:シリコーンシーラント処理した後、何年使えるか
A:不明・・申し訳ないが貴方のテント・タープ・フライは此処を訪ねた時点で既に死んでいる。ぱらいそ処方を信じてインチキ処理をしてゾンビ化して少しでも長持ち出来ればイイんじゃナイ?ごめんね。

Q:塗布したシリコーンを除去したい
A:除去する事は出来ない

注意
①テント本体全面に処理液を塗ると完全に通気性が無くな。そのテントで寝ると窒息死する可能性が高い。塗布するのはボトム・フライ・タープだけです(インナーテント全面塗布をしてはいけないって事ですよ)。
②処理後、恐らく可燃性になる。着火すると焼死する可能性がある(テストピースを作ってライターで点火してみたところ、瞬時に燃え上がる事は無かったがブスブスとは燃える・・評価・判断は貴方次第)。
③塗布時、揮発ガスを吸うと発癌の可能性がある。また、火災の可能性が有る。


免責宣言

貴方がぱらいその愚行を追試する事は自由だが、その為に発現したトラブルまでは責任を持たない。ありていに言って、ぱらいその話している事は全てがウソかもしれないのだよ。


'20 11/Sep. Q&A追加、一部文言変更


| | コメント (0)

2020年8月17日 (月)

シームシーリングテープの剥がし方 シームレステープ

所々浮いている・・程度のシームシーリングテープは、以前は「アイロンで再接着しましょう」と云うのが定説だったと思うけれどそれは間違いです。

シームテープの接着剤は大概がウレタン系ですから、遠からずネバネバ・バリバリになります

ですから一寸でも劣化が見られたシームシーリングテープは即座に剥がし、新しいテープで貼りなおさなければなりません。ただ・・

以前のブログにも書いたのですが、テントやタープの縫い目防水にシームシーリングテープを使うのは生産性が原因ではないのでしょうか?シームグリップやシルネット(シリコーンコーティング幕体用)を使った方が劣化が遅い(シルネットはシリコーンだからほとんど劣化しない?)と思うのです。

何千、何万張りも一時に生産する現場では、テープを使えば熱溶着したら直ぐに畳んだり重ねたりできますがシームグリップやシルネットではそうは行きません。だからテープを使うのだと私は思うのです。


手間と時間と多少のお金を掛けても良い我々は、もしかしたら再シームテープするよりシームグリップやシルネットを使った方が良いのかもしれませんね。

トリコットシームシーリングテープについてはこちらの記事を御参照下さい

http://bar-paraiso.cocolog-nifty.com/blog/2014/10/post-893c.html

追記:皆が良く使う?ベースが半透明タイプのシームレステープはシーム処理後の仕上がりが固くなる。また、素性が明らかになっていない。ぱらいその使っているベースがトリコットタイプのシームレステープは製造・日清紡の国産品だ。
 トリコットタイプシームシーリングテープは防水ジャケット等のシームシーリングに良く使われている。仕上がりは柔らかい。

販売元のモビロン販売・株式会社スギタに尋ねたところ、テントやタープに使っても全く問題は無いそうだ。強いて言えば、熱溶着時に接着剤がハミ出す位だそうだ。ぱらいそは100m巻きを購入し、あらゆるシームシーリングをコレだけで済ませている。既に6年経過しているが、いまだ劣化貼り直しを経験していない。

同社はA4サイズのシームシート(もはやテープではないね)も扱っている。こちらも応用範囲が広そうだ。

因みにごく普通のシームテープ(半透明基材のヤツ)も扱っているがぱらいそは購入した事が無い。従って製造国や使い勝手も不明だ。

https://www.sugita-band.com/

・・ここまでは前置き?です。

浮き上がったシームテープの除去にはヒートガン(ホットガン)を使うと簡単です。ヒートガンとは、言ってみれば強力なドライヤーです(髪を乾かすには使えませんよ)。

温度調節が出来るタイプを購入し吹き出し温度を調整しながら、シームテープが剥がれ易くなる温度を探って下さい。

加熱しながらテープを引けば、スルスル剥がれます。

剥がしたあとのベタベタは劣化したウレタン接着剤です。この上に新しいテープを貼ると長持ちしませんが、除去が難しいので私は(あまり酷く無い場合は)そのまま再貼り付けしています。

ベタベタがあまりに酷い場合は、重曹水で幕体コーティングごと除去するしかないでしょう(素のナイロン布になるので再防水、撥水処理が絶対必要になります)。

カサカサ・ボロボロになっているシームシーリングテープの除去はガムテープで地道に粘着させて除去するしか有りません(幕体コーティングを残すには物理的除去しか方法が無い・・以前のブログ参照のこと)。

シームシーリングテープがそこまで劣化しているのなら、幕体コーティングも同様に劣化しているハズですから重曹水で一度に除去剥離して再防水/撥水処理した方が簡単なのかもしれません。

簡単に、ですが・・

防水はホワイトガソリンで希釈したシリコーンシーラント液(10~20%?)を幕体裏側に塗布します。。塗布はコテ刷毛やロール刷毛を使うと便利です。撥水は更に薄く希釈した液を幕体表側に塗布します。希釈濃度は・・ポロン程度で‥かなりシャビシャビに。適当ですな。

以前のブログを御参照下さい。

http://bar-paraiso.cocolog-nifty.com/blog/2014/10/post-b50d.html


'20 1/Sep. シームレステープについて追記

| | コメント (0)

2020年8月15日 (土)

テント・フライの再生 洗浄剥離

2008年REIから購入したタッドポール23/ノースフェイス製のフライがもうダメだ。シーリングテープだけの交換で済むかと思っていたのだけれど、あまりの劣化に補修はあきらめました。幕体コーティングも加水分解してベタベタ。

ここは一つ劣化したポリウレタンを完全除去してシリコーンシーラントで防水再生する事にした。

先達はタライや風呂、洗濯機で洗っている様だが、ぱらいそは後始末の事を考えもらってきた発泡スチロール箱で洗う事にした。汚損しても廃棄出来るし、湯温も下がらないからね。

65~70度の湯約7Lに重曹2カップを溶かした・・重曹の量は適当です。

Dscn3927フライを漬けてブラシで優しくこするだけでコーティングが溶けてゆく。




Dscn3928 汚濁としか言いようの無い洗浄液。




重炭酸ナトリウムなのでお肌にも優しい。素手で洗浄したけれど、全く問題なし。

10分程の蒸らし/浸漬時間を含め、わずか数十分できれいさっぱり落ちてしまった。

洗浄槽が汚損されるだろうと云う予想は外れた。水できれいさっぱり洗い流せた。劣化ポリウレタンと重曹水は上手い事溶解?乳化?する様だ。

完全に洗浄し1日乾燥後、先ずは再シームシーリングした。次回はシリコーンシーラント・コーティングじゃ。

| | コメント (0)

2020年7月24日 (金)

大慌てでユーザー車検を受けた

・・・!なんてぇこったっ!!最後の砦:キューブAZ10の車検切れが連休明けぢゃないかっ!!

アウディのタイヤ交換・・アウディもキューブも14インチなので何時もアウディのお下がりをキューブに履き替えていた・・ですったもんだしていて、何かの拍子にフロントガラスのシールを何の気無しに見て・・通り過ぎ・・凝視した。7月25日迄!!

午前中に気づいてよかったのかもしれないが、それから大慌てで先ずは車検場の予約・・残り「1」でギリギリセーフ。

連休明けではわざわざ仮ナンバーを受けに行かなくてはならない・・面倒だからね。

車庫に車をまわし先ずはタイヤ交換。併せてタイロッドエンドブーツの確認・・やっぱり切れてた・・シールブラック攻撃。

なんてぇこった!パッドが限界だよ!在庫無いし・・まぁコレで落ちたら落ちた時だ‥コレは覚悟の上。

アチコチをシャシーブラックで塗装、アンダーボディとマフラー錆びにはジンクスプレー。ゴムパーツにはシリコーンスプレー。若干の油漏れはブレーキクリーンで洗浄+ウェスでふき取り。

エンジンルームを洗浄し、オイル、冷却水、ウォッシャー液を確認。ブレーキウィンカー車幅灯ナンバー灯ヘッドライトを確認、最後に車体洗浄。

車検場へgo!

おや、前を横切る赤い車は・・消防車ですねぇ・・ええっ!車検場へ入ってゆくよぉ?! オートバイが燃えてました。幸い消火器だけで消し止められた様子・・しかし、検査場は一時閉鎖。連休前に車検をとりたいのは誰もが同じ。受検?車は長蛇の列。こんなのは初めて。結局車検を受けられたのは午後4時半頃。今までで最長。

 検査官もいい加減イヤになっていたのか、気づかなかったのかパット限界はお咎めなし・・早速交換しなくては。

そんなこんなで午後の受付ギリギリに滑り込みスタッフに睨まれました。

アウディの車検も8月なんだよね、今度はしっかり準備しておかなければ!!・・汗かいたぜぇ。

| | コメント (0)

2019年10月25日 (金)

ストームバイカー の 防水テープ張り替え ・防水ウェアのシームレステープ張り替え シームレステープ シームテープ ③

先ずは、いにしえのモンベル/風魔・RED HORIZONゴアテックスバイクレインウェアのパンツから貼り換えをした・・コイツも股部分が剥がれてきたのだよ。

古いシームテープの剥がし方
熱可塑性接着剤なので、アイロンで加熱しながら引っ張ると簡単に剥がれる。

生地側に付着(残った)している接着剤は劣化している。劣化した接着剤の上から新しいシームテープを貼っても本来の性能は発揮されない・・剥がれ易い(テントフライ修理で実感)。

本当なら完全に除去したいのだが、ぱらいそには除去方法が判らない。せいぜい木綿布を当てて吸い取らせる位しか思いつかない。リペアセンターではどうやって古いウレタン接着剤を除去しているのだろうか??

剥がした後は後は貼るだけ。

アイロンは高温にセットし、滑らさず、体重を掛けて圧着する。

ゴアテックスはテフロンそのものだから温度による劣化は考えなくても良いが、生地はナイロンやポリエステルなので加熱しすぎに注意する事。

 

次いで、ストームバイカーの修理に取りかかった。が、シームテープが剥がし難い。同じように加熱しても布だけが剥がれてしまい、接着剤が生地に残ってしまうのだ・・なんとか除去する事は出来たけれど大変手間が掛かった。

特に劣化が激しい部分にその傾向が見られた(股上部分)。

貼り付けについてはゴアテックスパンツと同様に操作する事が出来た。

 

・・・自分で貼り換えをすると決め、実行はしたが・・一寸自信が無い。連泊のキャンツーでは浸水が命に関わるかもしれないからだ。

 

本記事を参考に追試する方は浸水してもぱらいそを恨まないで下さいね・・・確かに新品を買うべきなんだろうなぁ。

 

 おしまい。

 

| | コメント (0)

ストームバイカー の 防水テープ張り替え ・防水ウェアのシームレステープ張り替え シームレステープ シームテープ ②

実は今回の石川県キャンプツーリングでストームバイカーが派手に浸水してしまったのだ・・確かに5月の北海道ツーリングでも上着から若干浸水したかもしれない(下に着ていたジャケットも防水なので体には浸みてこなかった)し、パンツの浸水は無かった。

そして今回は上下共明らかに浸水、パンツは完全にダメ・・お漏らし状態になってしまったのだ。一泊だけで良かった。

 

モンベルにはリペア部門が有るのでシームテープ貼り換えの料金を聞いてみた所・・

ウェア→7600円、パンツ→4600円

との事だった。税別かは不明。

現在ストームバイカーは16500円(税別)で売っているのでウェアとパンツの両方を修理に出すのは(布地の劣化等も考えると)得策ではない。

因みにストームバイカーの寿命は何年か?の問いには「ウレタン樹脂を使っているので大体5年程度」と云う真っ当なお答えを頂いた。せいぜい年2~3回しか使わないバイク用レインウェアだが、浸水は命に関わる。

例えば・・10回着用したとして1回あたり1815円・・う~ん、これは安いのカモしれないねぇ。

 

今回ぱらいそは、面倒なウェアの貼り換えをリペアセンターへ依頼し、パンツは自分で修理しようと決めた。

 

次回:③、実践編

 

| | コメント (0)

ストームバイカー の 防水テープ張り替え ・防水ウェアのシームレステープ張り替え シームレステープ シームテープ ①

イントロダクション

シームレステープ或いはシームテープでメジャーなモノはキャプテンスタッグや小川テント等が昔から販売している樹脂テープに熱可塑性接着剤(ほとんどがウレタン樹脂)が塗布された物だろう。

テントやウェア、ギア等のシーム処理に昔から使われて来たし、ウレタン樹脂・・接着剤・・縫い目(シーム)を塞ぐ本当の主役・・が劣化し、剥がれて来た時もこの樹脂テープを使って修理スルと云うのが定番になっていた。

しかし樹脂テープを使っているのはテントやタープだけで、ウェアには布状シームテープが使われている。そして、布状シームレステープは一般には流通していなかった。

ウェア類の補修にこの樹脂テープを使うと、貼り付けた所が硬くなってしまい柔軟性が無くなってしまう・・テープ基材であるポリエステル樹脂の堅さ・・のだ。

 

これではダメだと純正に使われている様な布状シームレステープを探してネットサーフィンしまくった。が、当時は海外から購入する以外方法が無かった。

 

しかし、しつこくサーフィンを続けたある日、遂に日本にも布状シームレステープは販売している会社を発見した。

2014年だったのだね。

http://bar-paraiso.cocolog-nifty.com/blog/2014/10/post-893c.html

この時購入したトリコットシームテープを今でも使っている。ウレタンは劣化するだろうが、まだ大丈夫の様だ・・日本製だし。

 

 

| | コメント (0)

2018年3月 5日 (月)

オリンポスのエアブラシを現役復帰させる

Dscn0915ガイアノーツのプレミアムミラークロームを使いたいが為に友人に頂いて死蔵していたオリンポスのエアブラシを復活させる事にした。

キッズランドにて1200円で購入。・・ぶっちゃけ筆塗りではダメだったってワケ。

Dscn0917シングルアクションのオーソドックスなヤツだと思うがスペックは不明。知っているとは思うがオリンポス社は解散している。




Dscn0918出来るだけ安価にまとめる為に結構苦労した。エアホースはタミヤ・レボⅡ用の補修部品で480円。大型コンプレッサー接続用ワンタッチエアプラグは198円。

ウチのコンプレッサーはオイルレスなのでコンタミは無いと思う。

Dscn0919_2手元用圧力計がコレなので微妙な調整は無理。だけど推奨圧が0.6Mパスカル程度と云う事なので、トライアンドエラーでやってみようかと思う。








| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月26日 (水)

自作 ヘリノックスチェア カップホルダー

女王様が明日からフェスにお出かけになられるのに併せ、思いついてヘリノックスチェアー用にカップホルダーを作ってみた。

Cimg3464Cimg3466Cimg3467Cimg3468Cimg3469





純正品は高価だが、この作品は・・廃品と1個10円位のクリップ、針金の切れ端だけ。

詳しい構造説明は不要だよね。クリップにドリルで穴を開け、ホルダーに通して針金で留めてある。テープはキズ防止の為。

・・え?ホルダー?それは・・消臭○のカバー?だよ~。

突貫工作なので改良の余地有りですな。例えば枠だけ残して袋を付ければオリジナルと同じにコンパクトに畳める様になる。

まぁ、20円程でできたのだから壊れても無くしても悔いは無いからな~。


女王様に献上した所、思いの外お喜びで下僕としてもウレしかったです。











| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月22日 (土)

スーツケース キャスター交換

スーツケースキャスター交換でココにおいでになった方への重要なアドバイス

車輪だけ交換する時に、半ネジボルトとナットを使って修理する方法が多く紹介されていますがナットは必ずハードロックナットを使って下さい。キチンと使えば振動が多くても緩まず安心して使用出来ます。

普通のナット1個では必ず脱落します。

ナイロンナットとかの緩み止めナットは気休め程度。ダブルナットでもアヤシイ(ダブルナットの意味が判る人は大丈夫かも)。だからハードロックナットを推奨します。

ネジ部にロックタイト、瞬間接着剤、2液混合型エポキシ接着剤等を塗布してから締める事。

小生はハードロックナットとロックタイト、ポンチでのカシメを併用して修理しています。

せっかく修理したのに旅先でバラバラになったら泣くに泣けませんよ!!

あまりに簡単に修理(ではないですよ!)されていらっしゃる方が多くてわたしゃ心配で心配で・・。


ここから本文

スーツケースのキャスター交換を依頼された。

Cimg3461軸が折れていたので分解して取り外しハンマーキャスターと交換した。




Cimg3462内側からの様子・・しかし安物のスーツケースはヒドイね。結構な大きさのスーツケースなのだが、キャスター固定は6mmのネジ4本だけだよ。
この折れたキャスター側の側面には亀裂が入っていた。
画像からも判るとは思うけど、荷重が掛かった部分のABSが白くなっている。

キャスターは直したけれどコレじゃあね・・。

 キャスター側を「どか~ん!!」と置かない様に指導しないとね。

Cimg3463内/外の関係は左図の通り。











| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧