2015年4月13日 (月)

2つのSOGA

Dscn5885実は左側は日本酒なんです。

そして右側は余市で醸造されたワイン。

色々な偶然が招き寄せた2つの酒。

日本酒は飲ンじまったけれど、ワインは「飲むのは秋まで待った方が良い」と言われて、しぶしぶいやいや保管中。

普段なら同じ銘柄を2本ずつ購入するんだけれど、コレはね・・無理だったのよ。

「待つまえと、後」を試すコトが出来なくて至極残念、そして、秋がたのしみ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月17日 (金)

絶対に失敗しない秒速BBQ炭点火方法

炭が熾らないBBQほどやっかいなモノは無いと思う。

・・・お腹がすいたと泣く子供、到着が遅れてすっかり日が落ちたキャンプ、一寸湿気っていた炭・・等々。

「ためしてガッテン!」等で幾多の秀逸な方法が紹介されているが、小生の方法はそれを余裕で上回る秒速BBQ開始時間だっ!!

何の事は無い。一発着火「炭」や「豆炭」を種火?にするのだ。なに?ご存じない?マッチ1本で秒速点火する炭や豆炭や練炭が有るのです。

たとえばコレ。Ipatu


画像は拾ってきた物です。

こいつを先ず適量点火する・・種火なので沢山でなくても良い。着火時クサイ有毒?煙が出るのが唯一の欠点。

煙が出なくなり、着火炭全体に火が回った時点で速攻BBQを始められる・・ほらね、早いでしょ。

そのままBBQをやりつつ、着火炭/豆炭の上に安価なマングローブ炭等を適量載せる。

安い炭は保ちが悪いけれど、火が移り易いのよ。安い炭に火が移ったら、オガ炭や備長炭を随時追加しても良いし、安い炭だけ追加していっても良い。

色々な器具やウンチクが有るけれど、泣くと空腹にはダレも勝てんよね・・よって小生の中ではこの方法がイチバン!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月19日 (水)

Silit Silargan Sicomatic-S 再び。S/L/T愛用者は急げ!!

以前の記事はこちら

http://bar-paraiso.cocolog-nifty.com/blog/2006/03/silit_sicomatic_2e96.html

もうこんなに経ってしまったって云うのがホンネ。

女王さまから命令が下った「パッキンが劣化したみたい。なんとかして」・・イェス ユア マジェスティ。

 

以前パーツを依頼した正規代理店・・大手デパートの食器売り場へ保存して有ったパーツナンバーで再発注。ついでに他の消耗部品を併せて依頼。

女王さま自ら取りに行かれて帰ってきてから下僕(小生)が部品を見ると、部品が違う。

早速売り場へ電話すると、あっさり「返金します」・・ぢゃなくて、小生は部品がホシイのっ!

今回頂いた部品は「S」に代換出来るの?→「おしらべします」→しばし待つ→「お使いになれません」→ぢゃ、S用の部品をとって下さい→「入手可能かお調べします」→しばし待つ→「入手不可能です」→ヲイヲイ、待ち時間に本国(独逸)のホームページ見てたら全く問題無く販売してますよ→「お調べします」→しばし待つ→「残念ながらメーカーの扱いがございません」→ぢゃ返品して本国から取ります→「申し訳御座いません」。

 

・・・が、独逸からの送料がバカ高い。つまらんな~とサーフィンを続けていると別の代理店が見つかり、ホームページから普通に入手出来るではないですかっ!!

Silit

画像は「T用」と有るが、S、L、Tは共通部品なので心配ない(圧力調整弁とシーリングキャップとメインパッキンだけ共通部品。間違えるな!)。

(ぢつはこの会社こそが、最初にパーツを依頼した時点での正規代理店だった。現在((2013年6月時点)は別会社が正規代理店契約を結んでいると云う))。

シーリングキャップ(消耗品)の注文個数が間違っていた(前は一袋3個入り。現在は1個売り)ので直接電話すると、もうすぐ現代理店に権利を譲渡すると云うではないですかっ!!

旧製品Sicomatic-S/L/Tを使われている方々、もしかすると部品が入手出来なくなるかもしれませんよ!!まだ使いたいなら、急いだ方が良いカモしれない。

ただし、メインパッキンは除く。メインパッキンは現行品と同じなので、いつまでも?入手可能と思われる。

交換部品ネット販売ホームページはこちら

http://www.silargan.co.jp/products/aturyoku-parts.html

もうすぐこのページは無くなると、担当者が話していた。

おまけ:純正部品パーツナンバー

圧力調整弁(灰色)Ventilpfropfen z.Sico-D/T/L/SN/S  :9523802001

シーリングキャップ Dichtkappen Sic. S/LN/L (3St.) 9524802001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月20日 (金)

土用干しをした

梅雨明け宣言当日とその翌日、土用干しをした。

前回書いた通り紫蘇入手に手間取り、入れるのが遅れたが、まずまずの発色/着色具合。

天然の色は・・美しいねぇ。

4


3


2


小梅は毎年カリカリ漬け用しか入手出来ず、熟度が足りず、毎年こんな出来具合。少々不満。

・・・よだれ、出た?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 8日 (日)

ようやく紫蘇作業終了

今年も枝付き紫蘇にこだわっていたら時機を逸してしまったらしく、更に購入が遠のいてしまった。

しぶしぶ、いやいや、やむおえず、近所のスーパーを巡りモギ紫蘇(袋入りのヤツ)299円を6袋購入した。盛りを過ぎているので品質は余り良く無さそう。

しかし、本業との兼ね合いもあり、作業出来るのは今日しかない!と、購入してしまった。

新聞紙の上に広げてみると、やっぱり悪い・・。判っていた事なので、一生懸命軸を取り、傷んだ葉をより分けた。

1時間やって、ようやく1.5袋。一端気分を変えようとバケツに水を張り、洗浄工程へ。

!!イカ~ン!!本当に「悪い」品質だった。傷んだ部分がどんどん千切れてまとわりついてくる。

洗えば洗うほど崩れてゆく紫蘇葉・・。努力はナンだったの??

購入スーパー、野菜売り場担当の方に電話。あっさり返品を受け付けてくれた。

購入した全ての紫蘇を持参し見てもらった所、直ぐに「こりゃひどい」。

・・ま、円満に返金して頂いたので、脱力無力は脇に置いておく。

昨日別のスーパーで念願の枝付き紫蘇を発見。半額以下の一把150円のプライス。

先端は・・しおれているが、此処のスーパーの生果は良いモノが多い・・ので、購入を決断。

6把購入。

自宅へ持って帰り、作業開始・・・全て終了したのは4時間後・・・疲れた。が、歩留まりは70%程度は有り、コストパーフォーマンスは最高。

本日(8日)洗浄/脱水した紫蘇葉を計測すると1.5kg有った。

Cimg0236


塩もみ、あく抜き(脱水)、梅酢で発色させて、桶に投入。ようやくの事、今年の梅作業も終了した。

次は土用干しだねぇ。おっと、新ショウガも購入してこなくてはっ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 3日 (火)

今年の梅作業

Syrup


梅シロップ、5kg。

Oume


大梅干/紫蘇待ち中、5kg

画像は無いが、梅ジャム5kg・・処理が相変わらず大変だが、待っている人が居るからね。

今年の梅採取量・・・40kg・・・採取するのも大変だった。今年も梅酒は漬けずに、残った25kgは友人知人に分けた。

Koume


長野産の小梅も例年通り進行中。こちらも紫蘇待ち中。

Juce


今年はリンゴ果汁でアレも製造中でし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 2日 (金)

牡蠣の燻製:今年は2回目

今回は友人達へのギフトとして製造した。加熱用セル牡蠣1粒2~30円位かな?ガソリンや高速代は・・ぢぶんの楽しみ・・ドライブだからね。

Mae燻煙前


蒸し牡蠣にして剥き、ザルに並べて冷蔵庫にてオーバーナイト。表面が乾燥していないと燻煙が上手く着かない(着色しない・・まだらになったりする。味には関係ない)ので、12V送風ファンを2台入れて風を送り、乾燥を促進する。

その後、上画像の様に網に並べて燻煙をあてる。網は上下二段。

Ato燻煙後


今回は桜のチップを使った。60度で1時間/蓋隙間有り。65度で1時間/蓋隙間無し。

Kansei完成

瓶に詰め、オリーブオイルを注ぎ殺菌処理。今回は間歇低温殺菌をした(贈答品なので)。

ご覧の通り味付けはしていないけれど、牡蠣自体の味だけで十分楽しめます。オリブ油もそれほどこだわってはいません。

小生は食する時、瞬間ポアレするのが旨いと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月31日 (火)

牡蠣を食べに行ったが・・

今年も牡蠣を食べに行ったが、ちょっと残念だった。今年は友人を含め5人で繰り出したのだが、身が小さいのと、値上がりしていたのが残念だった。

Kyonennokaki


これは去年ほぼ同じ時期の画像。定額お代わり自由。昨年、一昨年と同じ店で、30分も経つとお腹一杯でもう結構・・となっていたのだが、今年は90分目一杯でも・・でした。

理由はただ一つ。東北地方の牡蠣が壊滅したから。

画像の様な牡蠣なら十二分に商品として出荷出来る。故に、定額お代わり自由用の商品は寂しいコトになってしまう訳だ。

店によって違うのだとは思うが、今回供された牡蠣のサイズは昨年の1/2~1/3だった。

但し、生食用に購入したモノは(値上がりしたものの)いつもの味とサイズでありました。

 小生は加熱用セル牡蠣は別の店で購入している。発泡スチロールに自由に選んで詰めると云うシステム。

こちらも毎年、10箱位購入している。今年は先ず5箱購入・・・スバラシイ身入り。ハズレなしですな。

今年も燻製牡蠣オイル漬けを仕込む為の準備中。

パスツライゼーション・・低温殺菌・・食物中心温度60度30分保持・・が、炊飯ジャーの保温で簡便に出来ると云うのをサーフィンして発見した。

炊飯ジャーの内釜に湯を入れ、密閉した瓶を湯の中に頭迄沈め、30分以上(瓶中の牡蠣の中心温度が60度以上になってから)保温するだけ・・つまり、4~50分保温するってコトかな。

保温温度はどの会社でも60~70度なのだと云う。たしかに真夏でも保温ご飯は(しばらくは)腐らない。

低温殺菌は滅菌では無いので、完璧ではない。が、ほぼ全ての細菌、ウィルス、胞子は死滅する。

年単位の保管でなければ、おそらくは大丈夫だろう。

間歇低温滅菌をすれば完璧かもしれないが、食味は落ちるよね。

詳しくはネットで勉強して下さい。

そうそう、瓶詰め後直ちに殺菌操作に入るなら、瓶の滅菌・殺菌準備(茹でたり蒸したり)は不要ですよ。注意点は、新しい蓋を使うコト。パッキンが劣化していると・・判るよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月23日 (金)

好き嫌いが分かれる様ですが

Cimg9750 1ケース購入してしまいました。居住地では入手難でして・・。初めて知ったのは30年前の東京・小田急線新宿駅。コアップガラナもイイけど、やっぱりこの風味がね、イイのよ。

最近シュタインズゲート効果で愛飲(拒絶?)家が増えたとか??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月29日 (土)

牡蠣の燻製・スモーカー編

Cimg8594 スモーカーは毎年ダンボールで作り2,3度使うと畳んでリサイクルしている。

本格的にステンレスや木、煉瓦等で造ろうかと考えてはいるが、しょっちゅう使うモノでもないし、庭に設置した場合、アヤシイ生物の住処になってしまいそうで、それが怖くて踏み切れない。

補助熱源は拾ってきたオーブントースターからリサイクルしたヒーター。

Cimg8596 温度コントロールは液体膨張式サーモスタットと秋月電子商会のSSRキットを組み合わせている(サーモの接点を温存する為)。ごらんの通りのバラックなので、ぢぶんで使っていても少々怖い。いづれキチンとしたケースに入れなきゃね。Cimg8595

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧