« ホムセン箱搭載計画 完結 失敗か? | トップページ | 極寒?平湯キャンプ場へキャンツー »

2020年11月20日 (金)

XR250 BAJA サイドスタンド長さ その3 完結!  

前回では純正サイドスタンドをオリジナルより10mm長い50530-KCZ-J70と交換してスタンド問題・・車体が転げてしまう問題は解決したと思っていた。・・が、それは間違いだった。

相変わらず荷物満載で出かけたキャンツーで実際に運用して判った。サイドスタンド長さは転倒の主な原因では無い!!

荷物満載するとサスが縮む→車体が立つ→重心が右に→転倒し易い・・と云うカラクリなのだよ。

この場合転倒を防ぐには車体の角度を付ける事が必要なのだ・・つまり1997年式から実施されたサイドスタンド振り出し角度を42度に変更した理由はソコに有ったのだ。

そうなると先代モデルより10mm短い1996年式サイドスタンド長も地上高が下がった為だけでなく、転倒抑制の為も有ったのカモしれない(97年式はサイドスタンド長だけでは不十分だったから振り出し角度を変更したのでは?)。

そんな訳でぱらいその行ったサイドスタンド長さ考察は一応の解決を見たのだった(結論:長くしても転倒抑制は出来ない)。

今回は(も?)身銭を切った実験?だったが、一寸スッキリした・・さて、スタンドをオリジナルに戻すとしよう。

|

« ホムセン箱搭載計画 完結 失敗か? | トップページ | 極寒?平湯キャンプ場へキャンツー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ホムセン箱搭載計画 完結 失敗か? | トップページ | 極寒?平湯キャンプ場へキャンツー »