« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »

2020年11月26日 (木)

温泉旅館に泊まりシーズンクローズ後の上高地をトレッキングした

MM1一泊目は沓掛温泉 満山荘へ泊った。此処に泊まるのは2回目で5年前・・その時はまだ「おもとや旅館」と呼ばれていた。その後奥山田温泉から鞍替えした満山荘となった。

おもとやには無かった外湯が特に良かった。左は加温右は源泉でぬるく、何時までも入っていられる。


M2  運の良い事にこの時期満山荘はビール、酒、ワインの飲み放題を企画していた。2階にあるサロンで夕食時間迄飲み放題だった。女王様と2人これ幸いとタップリ頂いた(おかげで酒代が浮いた)。

夕食時隣の席の方は飲みすぎたのか食事途中で退席されてしまった・・もったいない事だ。

M3 夕食はどちらかと云うと・・洋風?奥山田時代と変わらない美味しさ、見た目、満足だった。


翌日は上高地トレッキングを予定していたので早々に就寝した。


S1 上高地は11月15日に閉山式を迎えている。定期バスはもちろんの事タクシーも進入禁止になる。つまり閉山後は徒歩(正確には自転車も可)でしか入山出来ない。

もう少し早く到着/出発したかったのだが、出発は11:30になってしまった。

S2kama12:01釜トンネル突入。
登山届(トレッキング)はきちんと提出しました。

もちろんですが、服装や靴、雨具、食料等もちゃんとした物を用意しています。

S4toilet12:58大正池/冬季トイレ着・・事前のタイムテーブル通りです。




S5lunch13:05大正池ホテル駐車場をお借りして昼食。当日朝道の駅で購入したおやきです。

女王様も私も饅頭タイプよりは皮が固い正統派?おやきの方が好きです。


S6tashiro13:33田代湿原到着。

本当はウェストン碑や河童橋まで行きたかったのですが、如何せん、出発が遅かったので・・暗くなる前に坂巻温泉に到着する為にはここで引き返さなければなりません。次回は・・必ず。何時になるのやら??

S9kamaout15:03釜トンネルに戻りました。




S10kama日中は暖かでしたが陽が陰るこの時間になると・・5度になっています。


釜トンネルから坂巻温泉へは約30分の予定です。

K11kamachaku 15:35坂巻温泉に戻ってきました。

出発は11:30到着は15:35。休憩時間も含め約4時間で、事前の想定通りに行きました。

 

S13onsen

待ち遠しかった温泉です。
平日でしたので貸し切り状態です。

良く温まり足をマッサージしました。

S14onsen湯量が多く、内湯も溢れ放題です。




坂巻温泉に泊まるのは15年ぶり位ですが、食事が豪勢になっていて驚きました。以前は如何にも登山者向けの宿だったのです。

S15tonnel翌日宿周囲を散策すると、旧道隧道に遭遇しました。「さかまき 16」の文字が読み取れます。




右脛骨骨折をしてから9ヵ月経ち、毎日リハビリし、歩き、準備をした上で、十分耐えられると思った上でのトレッキングでしたが、帰着するまで少し心配でした。

雪も無く、とても暖かな日よりに恵まれ楽しいトレッキングになりました。次回もこんな日になると良いなぁ。









 

 

| | コメント (0)

2020年11月20日 (金)

極寒?平湯キャンプ場へキャンツー

毎度毎度のVストローム氏とシーズンクローズ直前の平湯キャンプ場へキャンツーに出かけた。KTM氏にも声を掛けたのだが「ワタシそんな寒いトコロでキャンプする道具が無いのよ」との事で、彼とは高山迄のツーリングに。KTM氏、道具に投資して極悪ドロドロホントウデスカ?!キャンプをしましょうよ!。

今年も平湯キャンプ場は11月15日でクローズ。前日の土曜から皆で出かけたのだが、Vストローム氏とぱらいそは午前中仕事。ぱらいそはクライアントが切れた所で無理やりブッチ!して出発・・11時頃だったかな?

昨年、一昨年の平湯行きは道中から寒くて参ってしまったのだけれど、今年は暖かい!超極暖ヒートテックを装着したぱらいそは全く寒さを感じなかったのでした!拍子抜けです。

渋滞が予測された高速道路も順調に進み、KTM氏とは予定通り高山でサヨナラ、彼はなじみの開田高原ペンションへ・・ぬくぬくですね?

順調に進んだぱらいそも平湯キャンプ場へ着・・おぉ、相変わらずスキモノが多いねぇ。ぱらいそもウロウロして2張り出来る場所を確保。

Hira1_20201120100001 Hira8
設営中1時間程遅れてVストローム氏到着。先ずはビールで乾杯ぢゃ。






Hira2秋の日のつるべ落とし。ペットボトルは水/ジュースじゃないのよ。







Hira4熱燗うまい。
コッヘル中身は餃子鍋あとの鍋ラーメン。
空が抜けて満天の星空・・さすがに寒い・・Vストローム氏にもらった貼るホッカイロ、いい仕事しますね!

ごはんが済んで平湯の森・・温泉へgo。まったりゆったり温まりまして、焚火をしつつ主に熱燗を・・。

この晩は-5度位にはなったカモ?地面がカチカチに凍り付いていましたので。

Hira3 今回ぱらいそはシェラフを新調しました。モンベル・ダウンハガー800#1にしたのですが、先代のマウンテンイクイップメントの方が暖かだったカモ??ワタシが寒がりだから?年寄になって寒がりになったのか?購入する時#0と迷ったのだけれど、1万円の差は大きかったのです。

これで今年のキャンツーも終了でしょうか?
・・しかしキャンプする人々も変わりましたなぁ。平湯でチカチカする☆ですか?なんと!スクリーンを張ってプロジェクターで映画?を上映している??・・スゴイねぇ・・ノーコメントです。



Hira5翌日は諏訪で温泉に入って帰路へ。

その前にいつもの蕎麦屋でブランチ。





Hira6
諏訪片倉館の千人風呂は深くて最高です!






Hira72Fの食堂で食べた味噌カツは白味噌でした・・やっぱり赤味噌のが美味しいなぁ。








この後蓼科自由市場まで行き大好物のセロリを株で購入。帰りの高速は事故渋滞・・秋の連休だもの、しょうがないね。

こんなに暖かいならもう一回くらいキャンプできそうです・・行きたいなぁ。
























| | コメント (0)

XR250 BAJA サイドスタンド長さ その3 完結!  

前回では純正サイドスタンドをオリジナルより10mm長い50530-KCZ-J70と交換してスタンド問題・・車体が転げてしまう問題は解決したと思っていた。・・が、それは間違いだった。

相変わらず荷物満載で出かけたキャンツーで実際に運用して判った。サイドスタンド長さは転倒の主な原因では無い!!

荷物満載するとサスが縮む→車体が立つ→重心が右に→転倒し易い・・と云うカラクリなのだよ。

この場合転倒を防ぐには車体の角度を付ける事が必要なのだ・・つまり1997年式から実施されたサイドスタンド振り出し角度を42度に変更した理由はソコに有ったのだ。

そうなると先代モデルより10mm短い1996年式サイドスタンド長も地上高が下がった為だけでなく、転倒抑制の為も有ったのカモしれない(97年式はサイドスタンド長だけでは不十分だったから振り出し角度を変更したのでは?)。

そんな訳でぱらいその行ったサイドスタンド長さ考察は一応の解決を見たのだった(結論:長くしても転倒抑制は出来ない)。

今回は(も?)身銭を切った実験?だったが、一寸スッキリした・・さて、スタンドをオリジナルに戻すとしよう。

| | コメント (0)

2020年11月18日 (水)

ホムセン箱搭載計画 完結 失敗か?

Hbox3 Hbox4 ホムセン箱固定方法はぱらいそ的デフォルト方法・・ユタカメイク・プラスチックバックル・SR-30を前後各2個、更に左右各1個を追加して万全を期す事とした。実際の運用時はキャリア下からくぐらせたベルト1本と、網ネットも併用する(ダッフルも同様の固定方法)。

 

Dscn3937_20201118080501 Hboxk

プラスチックバックルとカシメ鋲・・どちらもモノタロウで購入可能。バックル耐荷重は1個あたり15kg。




Hbox1 Hbox25mm厚アルミ板で専用固定板を作成し、純正キャリアに3点固定した。また、バンド固定のみでは箱の前後移動抑制が心もとないと思ったので木製枠を追加した。最初の画像通り前後の間にスッポリ入る。

 

Hbox55 Hbox5

RVBOX 700の上蓋は丁番が無く全部外れてしまう。使い勝手が悪いので余ったバンドをループにして丁番にし、タイラップを通して固定した。半田鏝で穴を空けるのだが、勢い余って?本体に届いてしまったし、適当に空けた一回目の穴は位置が悪かった。


Hbox6箱内側から5mm厚べニアで底面を補強した。ネジは画像通り8本。




以上の様に脱着も容易で固定も完璧なホムセン箱搭載計画を完遂した・・が、良くない。何が良くないか?それは・・試運転してみて初めて判った事だった・・荷物満載時の車両バランス、運転フィーリングが悪いのだ。

空荷の自作ダッフル・シートバック重量は1.35Kgに対し、RVBOXは4.2Kgも有る。更にダッフルに比べて上背が高い。キャンプ地に着いて最初に使う物・・テントやタープ等質量の有る物が上側に来てしまうので、はなはだバランスが悪い。

制作前にホムセン箱を何段も重ねて車載している写真を見たけれど、あの方達は操縦性を犠牲にしていたのですよね?

重量級の単車は大丈夫なのかな?

もひとつオマケに・・荷物が入らない!ダッフルシートバックは思っていた以上に容量が有った様で、ダッフルシートバックには入っていた荷物がRVBOXには入らない事が判明した・・荷物があふれる様ではダメダメじゃん!!

因みにシートバック・荷物重量は約18Kg・・内訳はそのうち公開するカモ? 
注:左右サドルバックは含まず。右シートバックは主に防雨関係機材、左シートバックは食料・調理・ガス関係機材を積載。

持参機材を厳選するソロキャンツーでなら、使えるカモしれない。

・・そんな訳で、ぱらいそ的には非常に使いにくい・・もしかして使わないカモ?的なホムセン箱搭載計画だった。


実際のトコロ、次回ブログ掲載予定の「シーズンクローズ直前、平湯キャンプ場キャンプツーリング」では従前のダッフルシートバックを使ったのでした。

続く・・カモしれない。

| | コメント (0)

2020年11月12日 (木)

久々に恐ろしい夢をみた

博士号取得に必要な論文が期日に間に合わない・・自分だけ提出期限を聞いていなかった・・と云う夢を見た・・その焦りと絶望!!。全くヒドイ話だ(現世で博士号は取得していないです)。仕事上の悩みから発現した夢である事は間違い無い・・現実世界のトラブル/ストレスは半端ナイ!!

| | コメント (0)

« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »