« シームシーリングテープの剥がし方 シームレステープ | トップページ | テント タープ フライ 加水分解 Q&A »

2020年8月24日 (月)

避暑キャンツーへ出かけたのだが・・

Vストローム氏と出かけた霧ヶ峰キャンプ場があまりに涼しくて、平地でエアコン漬けになるよりは・・とホームグラウンド?の平湯キャンプ場へソロキャンツーへ出かけた。

土曜の午前中は仕事なのでスタッフの顔色を伺いながら手透きな時にキャンプ道具をまとめていた。

ソロツーの今回は気兼ねなく?飛ばそうとGSXR250R(4気筒45馬力のヤツね・・現行品と間違えないで)で行く事にした。

出発時・・多分気温34度位。

行く手に広がる青い空・・と、積乱雲!!やっぱり来ました、山の午後の定期便?夕立です。いくら夏とは云えメッシュジャケットと皮ロングブーツではね。ほんの一時の為に停車して雨具、カバーを着ける・・これが面倒。だって数分で降雨帯を抜けると判っているのだから。

土砂降りなんだけれど予想通り数分で抜け、暑さに負けてレインスーツを脱ぐ事になりました。

Img_2473ようやく到着。今の時期バイカーは専用?フリーサイトにしかテントを張れない。乗り入れも不可。いつもの場所、空いているのにな~残念。






Img_2459 到着は16時過ぎになり、雲行きがアヤシイ・・ゴロゴロ言っている。まぁ出発前から降る事は判っていた事なので、とにかくテント設営とタープ(モンベルミニタープ)設営を急いだ。

幸いな事にセッティングが済んだ頃からぽつりぽつりと来たのだった。




Ilny1065このサイトは良くない!水平な所が無い上に全てがガレキ。先の大水?台風?で流されて来た物だと思うが、普段の土サイトが普通だと思っていたのでかなりガッカリ。

いつも使っているテントフット(薄手のアルミ蒸着クッション)ではテント底面への攻撃を緩和出来なかったカモ。

スタッフの皆さん、テン場整備よろしくね!!




Img_2463 雨粒はザッと来てスッと去って行く感じ。そして決定的に、残念な事に、予想外に・・(あまり)涼しくない。湿度が高すぎるのだ。霧ヶ峰は天国だったな~。






Img_2462 晩御飯は冷凍ナポリタンにソーセージ炒め。おつまみは豆ミックスとカマンベールチーズ。お酒はビール500CC2缶と350CC1缶、ウィスキーとイタリアワイン500CC。多分、間違いなく、きっと余るよ(結果ウィスキーまでたどり着けなかった)。




シトシト来たりザッと来たりする雨を眺めながら一人メートルを上げるぱらいそでした。

Img_2471夜はひらゆの森(温泉)へ・・はぁ、じょんのびじょんのび~でおやすみなさい・・しかし斜めだわ!


夜半過ぎは雲の切れ間から星がきらめき、気温も低下。過ごしやすくはなったけど湿気がねぇ‥返す返す残念。




Img_2474翌日は一旦梓湖、安曇稲核のそば処・徳心へ。ここの蕎麦はマジ旨いっ!!水がおいしい所は蕎麦もおいしい!!盛り1枚で600円だよ。ぜひ行け!






その後所用で松本迄行き、同じルートを折り返して自宅まで走り通した。帰りの高速では・・夕立に2度も遭遇した。豪雨だった。もはや語るコトバも無い。

無事帰着はしたけれど、たどり着いた自宅は・・・焦熱地獄だった。


 一旦書き上げアップした避暑キャンツー話だったのだけれど、「事件」について書き忘れていたので加筆。

あまりに暑くてパーコレーション発現しました!ぱらいそのGSXは1989年生まれのキャブ車です(走行65000Km超えました)。高速で●20Km1時間連続走行、上り坂で「あれれ、パワーが出ないよ??」。その後何度も発現。

思い返せばGSXのセッティングは5月ゴールデンウィークの北海道仕様・・昼12時に平気で0度になったりする所に全てが合わせて有る訳で・・不調当然ちゃあ当然なんですよねぇ。

●20Km/9000回転で走っていてもニーグリップの太ももが熱くて熱くて。ホントに火傷しそうでした。テクニック?でなんとかなだめて走りましたけどね、夏キャンプ自体やった事無かったので、こんな事も有るのだと‥参りました。せめてプラグ位変えておくべきでしたな。

インジェクションの人には関係のない話ですなぁ。

|

« シームシーリングテープの剥がし方 シームレステープ | トップページ | テント タープ フライ 加水分解 Q&A »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シームシーリングテープの剥がし方 シームレステープ | トップページ | テント タープ フライ 加水分解 Q&A »