« 霧ヶ峰キャンプ場 キャンツー+八ヶ岳一周 | トップページ | シームシーリングテープの剥がし方 シームレステープ »

2020年8月15日 (土)

テント・フライの再生 洗浄剥離

2008年REIから購入したタッドポール23/ノースフェイス製のフライがもうダメだ。シーリングテープだけの交換で済むかと思っていたのだけれど、あまりの劣化に補修はあきらめました。幕体コーティングも加水分解してベタベタ。

ここは一つ劣化したポリウレタンを完全除去してシリコーンシーラントで防水再生する事にした。

先達はタライや風呂、洗濯機で洗っている様だが、ぱらいそは後始末の事を考えもらってきた発泡スチロール箱で洗う事にした。汚損しても廃棄出来るし、湯温も下がらないからね。

65~70度の湯約7Lに重曹2カップを溶かした・・重曹の量は適当です。

Dscn3927フライを漬けてブラシで優しくこするだけでコーティングが溶けてゆく。




Dscn3928 汚濁としか言いようの無い洗浄液。




重炭酸ナトリウムなのでお肌にも優しい。素手で洗浄したけれど、全く問題なし。

10分程の蒸らし/浸漬時間を含め、わずか数十分できれいさっぱり落ちてしまった。

洗浄槽が汚損されるだろうと云う予想は外れた。水できれいさっぱり洗い流せた。劣化ポリウレタンと重曹水は上手い事溶解?乳化?する様だ。

完全に洗浄し1日乾燥後、先ずは再シームシーリングした。次回はシリコーンシーラント・コーティングじゃ。

|

« 霧ヶ峰キャンプ場 キャンツー+八ヶ岳一周 | トップページ | シームシーリングテープの剥がし方 シームレステープ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 霧ヶ峰キャンプ場 キャンツー+八ヶ岳一周 | トップページ | シームシーリングテープの剥がし方 シームレステープ »