« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年8月27日 (木)

テント タープ フライ 加水分解 Q&A

Q:防水処理には何を使うか
A:シリコーンシーラントをホワイトガソリンで10~20%に希釈し裏面に塗布する。厚すぎるとベタベタしたり剥がれる恐れが有る。mon●●elのハイドロプロ膜厚については愚ログの何処かに記載した覚えがある・・どこだっけ??

Q:撥水には何を使うか
A:シリコーンシーラントをホワイトガソリンで「かなり」希釈した物を表面に塗布する。かなり??ポロン程度のサラサラ度。撥水スプレーが簡単だ。

Q:撥水と防水の違いは
A:撥水は字の通り「水を弾く」。ぱらいそ的解釈は・・「繊維の網目状構造がそのままで、気体を通す。圧を掛ければ網目を液体が通る・・漏れる」。
防水は「繊維の網目状構造が完全にシールされている。気体も水も通らない」。

Q:縫い目防水処理はどうする
A:シリコーン液処理する前ににシームテープを貼る。処理後には接着しないので注意。処理後の目止めにはシルネットを使うか、塗布したシリコーン原液?を塗布する(ぱらいそはやった事はない)。
しかしながら、十分なシリコーン膜厚が出来れば(薄めすぎなければ)事前の目止め処理は必要無い。

工場では防水コーティングされた生地を仕入れ、縫製しているから縫い目の防水処理が必要になる。もし、防水処理が縫製なら・・ワカルね?

Q:劣化したシームテープの除去方法は?
A:ホットガンで加熱して剥がす。アイロンでも可能。ぼろぼろに劣化したテープはガムテープで物理的にはぎ取る(過去投稿{劣化したシームテープの除去})を参照のこと。

Q:シームテープ除去後のベタベタはどうする?
A:既存の防水コーティングを残す為には、溶剤や重曹水は使えない。故に、そのまま再シームテープ処理するしかない。が、劣化した接着剤の上に貼るので直ぐに剥がれる恐れも有る。コレは劣化程度に因るだろうね。

Q:シームテープも幕体コーティングもベタベタ。すごく劣化している
A:温重曹水で全てを除去するしかない。生なりの生地に戻るので防水・撥水処理が絶対に必要になる

Q:市販のテント底防水剤は使えるか?
A:ぱらいそはテントボトムに何年もあの熊印・白い液を塗ってきた・・ぱらいそ的結論は、使えない。正確には、ボトムから浸水する様になった防水を再生させる事は出来ない。

Q:シリコーンシーラント処理した後、何年使えるか
A:不明・・申し訳ないが貴方のテント・タープ・フライは此処を訪ねた時点で既に死んでいる。ぱらいそ処方を信じてインチキ処理をしてゾンビ化して少しでも長持ち出来ればイイんじゃナイ?ごめんね。

Q:塗布したシリコーンを除去したい
A:除去する事は出来ない

注意
①テント本体全面に処理液を塗ると完全に通気性が無くな。そのテントで寝ると窒息死する可能性が高い。塗布するのはボトム・フライ・タープだけです(インナーテント全面塗布をしてはいけないって事ですよ)。
②処理後、恐らく可燃性になる。着火すると焼死する可能性がある(テストピースを作ってライターで点火してみたところ、瞬時に燃え上がる事は無かったがブスブスとは燃える・・評価・判断は貴方次第)。
③塗布時、揮発ガスを吸うと発癌の可能性がある。また、火災の可能性が有る。


免責宣言

貴方がぱらいその愚行を追試する事は自由だが、その為に発現したトラブルまでは責任を持たない。ありていに言って、ぱらいその話している事は全てがウソかもしれないのだよ。


'20 11/Sep. Q&A追加、一部文言変更


| | コメント (0)

2020年8月24日 (月)

避暑キャンツーへ出かけたのだが・・

Vストローム氏と出かけた霧ヶ峰キャンプ場があまりに涼しくて、平地でエアコン漬けになるよりは・・とホームグラウンド?の平湯キャンプ場へソロキャンツーへ出かけた。

土曜の午前中は仕事なのでスタッフの顔色を伺いながら手透きな時にキャンプ道具をまとめていた。

ソロツーの今回は気兼ねなく?飛ばそうとGSXR250R(4気筒45馬力のヤツね・・現行品と間違えないで)で行く事にした。

出発時・・多分気温34度位。

行く手に広がる青い空・・と、積乱雲!!やっぱり来ました、山の午後の定期便?夕立です。いくら夏とは云えメッシュジャケットと皮ロングブーツではね。ほんの一時の為に停車して雨具、カバーを着ける・・これが面倒。だって数分で降雨帯を抜けると判っているのだから。

土砂降りなんだけれど予想通り数分で抜け、暑さに負けてレインスーツを脱ぐ事になりました。

Img_2473ようやく到着。今の時期バイカーは専用?フリーサイトにしかテントを張れない。乗り入れも不可。いつもの場所、空いているのにな~残念。






Img_2459 到着は16時過ぎになり、雲行きがアヤシイ・・ゴロゴロ言っている。まぁ出発前から降る事は判っていた事なので、とにかくテント設営とタープ(モンベルミニタープ)設営を急いだ。

幸いな事にセッティングが済んだ頃からぽつりぽつりと来たのだった。




Ilny1065このサイトは良くない!水平な所が無い上に全てがガレキ。先の大水?台風?で流されて来た物だと思うが、普段の土サイトが普通だと思っていたのでかなりガッカリ。

いつも使っているテントフット(薄手のアルミ蒸着クッション)ではテント底面への攻撃を緩和出来なかったカモ。

スタッフの皆さん、テン場整備よろしくね!!




Img_2463 雨粒はザッと来てスッと去って行く感じ。そして決定的に、残念な事に、予想外に・・(あまり)涼しくない。湿度が高すぎるのだ。霧ヶ峰は天国だったな~。






Img_2462 晩御飯は冷凍ナポリタンにソーセージ炒め。おつまみは豆ミックスとカマンベールチーズ。お酒はビール500CC2缶と350CC1缶、ウィスキーとイタリアワイン500CC。多分、間違いなく、きっと余るよ(結果ウィスキーまでたどり着けなかった)。




シトシト来たりザッと来たりする雨を眺めながら一人メートルを上げるぱらいそでした。

Img_2471夜はひらゆの森(温泉)へ・・はぁ、じょんのびじょんのび~でおやすみなさい・・しかし斜めだわ!


夜半過ぎは雲の切れ間から星がきらめき、気温も低下。過ごしやすくはなったけど湿気がねぇ‥返す返す残念。




Img_2474翌日は一旦梓湖、安曇稲核のそば処・徳心へ。ここの蕎麦はマジ旨いっ!!水がおいしい所は蕎麦もおいしい!!盛り1枚で600円だよ。ぜひ行け!






その後所用で松本迄行き、同じルートを折り返して自宅まで走り通した。帰りの高速では・・夕立に2度も遭遇した。豪雨だった。もはや語るコトバも無い。

無事帰着はしたけれど、たどり着いた自宅は・・・焦熱地獄だった。


 一旦書き上げアップした避暑キャンツー話だったのだけれど、「事件」について書き忘れていたので加筆。

あまりに暑くてパーコレーション発現しました!ぱらいそのGSXは1989年生まれのキャブ車です(走行65000Km超えました)。高速で●20Km1時間連続走行、上り坂で「あれれ、パワーが出ないよ??」。その後何度も発現。

思い返せばGSXのセッティングは5月ゴールデンウィークの北海道仕様・・昼12時に平気で0度になったりする所に全てが合わせて有る訳で・・不調当然ちゃあ当然なんですよねぇ。

●20Km/9000回転で走っていてもニーグリップの太ももが熱くて熱くて。ホントに火傷しそうでした。テクニック?でなんとかなだめて走りましたけどね、夏キャンプ自体やった事無かったので、こんな事も有るのだと‥参りました。せめてプラグ位変えておくべきでしたな。

インジェクションの人には関係のない話ですなぁ。

| | コメント (0)

2020年8月17日 (月)

シームシーリングテープの剥がし方 シームレステープ

所々浮いている・・程度のシームシーリングテープは、以前は「アイロンで再接着しましょう」と云うのが定説だったと思うけれどそれは間違いです。

シームテープの接着剤は大概がウレタン系ですから、遠からずネバネバ・バリバリになります

ですから一寸でも劣化が見られたシームシーリングテープは即座に剥がし、新しいテープで貼りなおさなければなりません。ただ・・

以前のブログにも書いたのですが、テントやタープの縫い目防水にシームシーリングテープを使うのは生産性が原因ではないのでしょうか?シームグリップやシルネット(シリコーンコーティング幕体用)を使った方が劣化が遅い(シルネットはシリコーンだからほとんど劣化しない?)と思うのです。

何千、何万張りも一時に生産する現場では、テープを使えば熱溶着したら直ぐに畳んだり重ねたりできますがシームグリップやシルネットではそうは行きません。だからテープを使うのだと私は思うのです。


手間と時間と多少のお金を掛けても良い我々は、もしかしたら再シームテープするよりシームグリップやシルネットを使った方が良いのかもしれませんね。

トリコットシームシーリングテープについてはこちらの記事を御参照下さい

http://bar-paraiso.cocolog-nifty.com/blog/2014/10/post-893c.html

追記:皆が良く使う?ベースが半透明タイプのシームレステープはシーム処理後の仕上がりが固くなる。また、素性が明らかになっていない。ぱらいその使っているベースがトリコットタイプのシームレステープは製造・日清紡の国産品だ。
 トリコットタイプシームシーリングテープは防水ジャケット等のシームシーリングに良く使われている。仕上がりは柔らかい。

販売元のモビロン販売・株式会社スギタに尋ねたところ、テントやタープに使っても全く問題は無いそうだ。強いて言えば、熱溶着時に接着剤がハミ出す位だそうだ。ぱらいそは100m巻きを購入し、あらゆるシームシーリングをコレだけで済ませている。既に6年経過しているが、いまだ劣化貼り直しを経験していない。

同社はA4サイズのシームシート(もはやテープではないね)も扱っている。こちらも応用範囲が広そうだ。

因みにごく普通のシームテープ(半透明基材のヤツ)も扱っているがぱらいそは購入した事が無い。従って製造国や使い勝手も不明だ。

https://www.sugita-band.com/

・・ここまでは前置き?です。

浮き上がったシームテープの除去にはヒートガン(ホットガン)を使うと簡単です。ヒートガンとは、言ってみれば強力なドライヤーです(髪を乾かすには使えませんよ)。

温度調節が出来るタイプを購入し吹き出し温度を調整しながら、シームテープが剥がれ易くなる温度を探って下さい。

加熱しながらテープを引けば、スルスル剥がれます。

剥がしたあとのベタベタは劣化したウレタン接着剤です。この上に新しいテープを貼ると長持ちしませんが、除去が難しいので私は(あまり酷く無い場合は)そのまま再貼り付けしています。

ベタベタがあまりに酷い場合は、重曹水で幕体コーティングごと除去するしかないでしょう(素のナイロン布になるので再防水、撥水処理が絶対必要になります)。

カサカサ・ボロボロになっているシームシーリングテープの除去はガムテープで地道に粘着させて除去するしか有りません(幕体コーティングを残すには物理的除去しか方法が無い・・以前のブログ参照のこと)。

シームシーリングテープがそこまで劣化しているのなら、幕体コーティングも同様に劣化しているハズですから重曹水で一度に除去剥離して再防水/撥水処理した方が簡単なのかもしれません。

簡単に、ですが・・

防水はホワイトガソリンで希釈したシリコーンシーラント液(10~20%?)を幕体裏側に塗布します。。塗布はコテ刷毛やロール刷毛を使うと便利です。撥水は更に薄く希釈した液を幕体表側に塗布します。希釈濃度は・・ポロン程度で‥かなりシャビシャビに。適当ですな。

以前のブログを御参照下さい。

http://bar-paraiso.cocolog-nifty.com/blog/2014/10/post-b50d.html


'20 1/Sep. シームレステープについて追記

| | コメント (0)

2020年8月15日 (土)

テント・フライの再生 洗浄剥離

2008年REIから購入したタッドポール23/ノースフェイス製のフライがもうダメだ。シーリングテープだけの交換で済むかと思っていたのだけれど、あまりの劣化に補修はあきらめました。幕体コーティングも加水分解してベタベタ。

ここは一つ劣化したポリウレタンを完全除去してシリコーンシーラントで防水再生する事にした。

先達はタライや風呂、洗濯機で洗っている様だが、ぱらいそは後始末の事を考えもらってきた発泡スチロール箱で洗う事にした。汚損しても廃棄出来るし、湯温も下がらないからね。

65~70度の湯約7Lに重曹2カップを溶かした・・重曹の量は適当です。

Dscn3927フライを漬けてブラシで優しくこするだけでコーティングが溶けてゆく。




Dscn3928 汚濁としか言いようの無い洗浄液。




重炭酸ナトリウムなのでお肌にも優しい。素手で洗浄したけれど、全く問題なし。

10分程の蒸らし/浸漬時間を含め、わずか数十分できれいさっぱり落ちてしまった。

洗浄槽が汚損されるだろうと云う予想は外れた。水できれいさっぱり洗い流せた。劣化ポリウレタンと重曹水は上手い事溶解?乳化?する様だ。

完全に洗浄し1日乾燥後、先ずは再シームシーリングした。次回はシリコーンシーラント・コーティングじゃ。

| | コメント (0)

2020年8月12日 (水)

霧ヶ峰キャンプ場 キャンツー+八ヶ岳一周

骨折後初キャンツーにVストローム氏(CRF氏改め・・Vストローム・・イキナリ買っちゃうんだもんな~)と出かけた。

Img_2449 下界は36度だったらしいけれど、ビーナスライン~車山高原・・霧ヶ峰キャンプ場は涼しい!夜は長袖+ウィンドブレーカーでは少々寒く、焚火が気持ちイイ温度でした。

キャンプ流行りらしいけれど、無駄にデカいテントやタープだらけだ・・おまけに電飾まで!何かの祭りか?ハデにヤリタイのなら近くのキャンプ公園でも行けば良いのにね。

翌日は途中参加のKTM氏(彼も990ccに買い替えた!)の希望で八ヶ岳を一周した。

Aubs1075 メルヘン街道・日向木塲展望台からの眺めは最高だったが・・救急車の音が。続いてパトカーも。展望台から暫く進んだカーブで事故だった。下りの右カーブを曲がり切れなかったのか、滑ったのか・・通り過ぎただけの我々に知るすべは無かった。

仲間?のバイクが何台も停まっていた。

これがマスツーリングだとしたら・・やっぱり集団走行は危険だ。自分のリズムで走れない人、初心者や・・言いたくないが、リターンライダーはとかく無理をしてしまうからだ。疲れてきてもなかなか休みを言い出せない。

酷い事になっていない事を祈る。

Img_2454 南牧村の蕎麦屋・あららぎで遅い昼食。野菜天ざる美味しかったです。

そのまま進行し、蓼科自由農園・原村店でモロコシとセロリを購入。

混雑する諏訪を避けて諏訪南インターから進入。長い?キャンツーが終わった。KTM氏とは途中で別れ、車山高原のペンションへ。

帰着したのはほぼ19時。荷物を降ろすだけで大汗をかいた。下界は・・熱界じゃっ!!

Vストローム氏と次回は・・秋の平湯温泉を約束した。私は・・何本かキャンプしたいな。

| | コメント (0)

2020年8月 1日 (土)

サイドスリップ検査で不合格をくらった

アウディのユーザー車検を受けてきたのだが、サイドスリップ検査で不合格になってしまった。1度目はハンドルを動かしたか、検査板の上でブレーキを踏んでしまったかもしれないとそのまま再検査したのだが、やはり×。6mm程ズレているとの事。許容は5mmだったハズだから1mmかぁ?

やむおえずしぶしぶいやいやテスター屋に行って修正してもらった。結果はもちろん一発〇。


此度は長い間195/60のタイヤだったのを185/65に変えた訳だが、もしかしてソレが原因か?酷いこと何もしていないし、タイロッドやショックはイジッていないのでそれしか思い当たらない。

テスター屋の修正は結構いい加減でハンドルが中立でない。とても気になるのでアライメント修正してもらう予定。



追記・・って云うか疑問が発生。

もしかしてアウディB3 はいわゆる「特例車」なんじゃないか? ぱらいそはベンツがサイドスリップ特例車である事は知っていた。が、いろいろ調べると、アウディのほとんどは特例車なんだよね。残念ながらネット上では1989年式アウディのサイドスリップ値を探し出す事は出来なかった。

先ずは明日アウディジャパンに問い合わせてみようと思う。その次は休み明けに陸運局だな。

所でどなたか本当の所をご存じの方いらっしゃいませんか?

因みにアライメント調整してもらったので(車検を通すだけの)テスター屋調整は矯正されています。

特例車ではありませんでした

先に陸運局へ問い合わせたところすんなり教えてくれました。E-893Aは間違いなく特例車ではないそうです。整備費に関わる問題です、間違いないですか?とかなりしつこく話しましたが、絶対間違いないそうです。つまり現代車同様サイドスリップは5mm±5mmです。

・・そうするとなんであんなに狂っていたのだろう??前回アライメントをとってからまだ一年経過していないし、衝突も穴にも落ちていないのに。何故なんだ??

特例車確認追記:'20 02/Aug.

| | コメント (0)

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »