« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年7月30日 (木)

バー・ぱらいそ 休業を決意

昨今の状況からぱらいその休業を決意・表明しました。今年の10月15日には開店20年目を迎えるはずだったのですが・・。はたして再開は出来るのでしょうか?

しかし、近しい人から遠ざけられるのは心が折れるね。

| | コメント (0)

2020年7月24日 (金)

大慌てでユーザー車検を受けた

・・・!なんてぇこったっ!!最後の砦:キューブAZ10の車検切れが連休明けぢゃないかっ!!

アウディのタイヤ交換・・アウディもキューブも14インチなので何時もアウディのお下がりをキューブに履き替えていた・・ですったもんだしていて、何かの拍子にフロントガラスのシールを何の気無しに見て・・通り過ぎ・・凝視した。7月25日迄!!

午前中に気づいてよかったのかもしれないが、それから大慌てで先ずは車検場の予約・・残り「1」でギリギリセーフ。

連休明けではわざわざ仮ナンバーを受けに行かなくてはならない・・面倒だからね。

車庫に車をまわし先ずはタイヤ交換。併せてタイロッドエンドブーツの確認・・やっぱり切れてた・・シールブラック攻撃。

なんてぇこった!パッドが限界だよ!在庫無いし・・まぁコレで落ちたら落ちた時だ‥コレは覚悟の上。

アチコチをシャシーブラックで塗装、アンダーボディとマフラー錆びにはジンクスプレー。ゴムパーツにはシリコーンスプレー。若干の油漏れはブレーキクリーンで洗浄+ウェスでふき取り。

エンジンルームを洗浄し、オイル、冷却水、ウォッシャー液を確認。ブレーキウィンカー車幅灯ナンバー灯ヘッドライトを確認、最後に車体洗浄。

車検場へgo!

おや、前を横切る赤い車は・・消防車ですねぇ・・ええっ!車検場へ入ってゆくよぉ?! オートバイが燃えてました。幸い消火器だけで消し止められた様子・・しかし、検査場は一時閉鎖。連休前に車検をとりたいのは誰もが同じ。受検?車は長蛇の列。こんなのは初めて。結局車検を受けられたのは午後4時半頃。今までで最長。

 検査官もいい加減イヤになっていたのか、気づかなかったのかパット限界はお咎めなし・・早速交換しなくては。

そんなこんなで午後の受付ギリギリに滑り込みスタッフに睨まれました。

アウディの車検も8月なんだよね、今度はしっかり準備しておかなければ!!・・汗かいたぜぇ。

| | コメント (0)

2020年7月22日 (水)

AUDI 80 2.0E B3 タイヤサイズ

1989年 車両付属(ヤナセ)インストラクション・マニュアルによると・・

80 2.0E 、80 2.0E ヨーロッパ、80 2.0E シュポルトのタイヤサイズは以下の通り

175/70R14 84H(175/70HR14) 又は195/60R14 85H 又は195/60VR 14

アウディ80 クワトロは 175/70R14 84H、195/60R14 85H(オプション)

ホイールサイズは いずれも 5 1/2J×14(スチールホイール)又は 6J×14(アルミホイール)

推奨スノータイヤはいずれも 175/70R14 84Q

 ぱらいそも新車時とその後2,3回は175/70を履いたと思うが、その後はずっと195/60を履いてきた。一版向けハイグリップタイヤ(レグノ)が長かったが、サイズがサイズなのでラインナップから外れて愕然。やむおえずしぶしぶいやいや(国産で信頼がおけると思った)Playz195/60を履いたが、ワインディングでのぐにゃぐにゃ感・・腰の無さと、雨天時グリップ性能の無さ・・晴天時さえもタイヤ鳴きが有る・・にほとほと嫌気がさし(選択枝が多い)インチダウンを決意。
 
 Playzは所詮コンパクトワンボックス用のエコタイヤだからソレに期待していたのが間違いと云えば間違い。更に195/60サイズは最初期型(Playz-1)しか無いのだ!!

 インストラクションマニュアルに従うなら175/70なんだけれど、少しでもハイグリップと踏ん張りを期待して185/65・レグノGR-XⅡを選択した。

交換後まだはめていない/走っていないので期待が高まる。皮がむけてからインプレッションをアップします。


| | コメント (0)

2020年7月 8日 (水)

処方箋に有効期限が有るのを知らなかった!

脛骨骨折で痛むので湿布を処方してもらったのだが、長雨と降圧剤の在庫に合わせて薬局へ行くと「期限切れです」。

いやぁこの歳になるまで処方箋に有効期限(発行日を含め4日間・・連休だろうが年末だろうが台風だろうが関係ナシ)が有る事を知らなかった。

こんな大事な事は大文字の赤字で記載して頂きたいものだね。

因みに再発行も可能だが、お金が掛かる事も知らなかった。

| | コメント (0)

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »