« ある会社のAEDバッテリーを分解してみたところ・・ | トップページ | 処方箋に有効期限が有るのを知らなかった! »

2020年6月23日 (火)

W124 ヘッドライト修理 手動 光軸調整機構 リフレクター固定枠 レベライザーの修理


マニュアル・レベライザーのコトです・・荷物満載/定員フル乗車/トレイラー牽引・・等々で車体が沈み、光軸が上向いてしまった時に手動で光軸を調整する機能・機構のコトです。いわずもがな。

我がBB号もご多分に漏れず何度もヘッドライト内部のリフレクターを固定する枠・・上下動用に左右2カ所のジョイントと、レベライザー用の空圧アクチュエーターにつながるジョイントが有るプラスチック製のヤツ・・が割れて、リフレクターがプラプラになってしまい修理を繰り返しています。

割れた枠をプラリペアで接着したり針金で固定したりして来ましたが、レベライザーの凹ジョイントが割れたのには参りました・・・補修方法が判らず接着剤で永久固定されていらっしゃる方も多いでしょう。

ぱらいそは市販ボールジョイント(税込み518円でした)を改造して枠に埋め込み完全修理しましたのでご紹介しましょう。

コレを使います。
Dscn3852 Dscn3851モデラーさん御用達のそのものズバリ、ボールジョイントです。

この会社のこのサイズのボールジョイントはw124のレベライザー凹凸と同じサイズなのです!!


ただし少々改造・・削りが必要です。モデラー用ボールジョイントは関節に遊びが無い様に作られています・・クタクタになった関節を取り替えたり(リジットな)指の自由ポージングの為に極小のボールジョイントに改造したりする為に存在しますので、ポージングの後は動かない・・固いのがノルマルです。

今回の目的には自由&抜けない事が必要となりますので、凹部をリューターで削ります。臼部だけを削らないと抜け易くなりますので注意が必要です。

ヘッドライト枠凹ジョイントを削り取り、改造した凹ボールジョイントを埋め込みます。接着はプラリペアを用います。

今更となりますが、樹脂の耐久性は未知数です。

皆さんもお試し下さい。お役に立ったかな?

|

« ある会社のAEDバッテリーを分解してみたところ・・ | トップページ | 処方箋に有効期限が有るのを知らなかった! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ある会社のAEDバッテリーを分解してみたところ・・ | トップページ | 処方箋に有効期限が有るのを知らなかった! »