« 脛骨骨折便り-8 | トップページ | ペルチェ ワインセラーの修理 »

2020年5月16日 (土)

TODENT MINI-POWER NCL-35 MH-TT 技工用エンジンを修理した

未だに使っている人は少ないと思うけど・・。突然動かなくなったとの事で電源LEDは点灯するけれどパワーインジケーター(LEDバーグラフ)は点灯しない。当然エンジンも不動。

テスターで入力出力等をあたると・・ビンゴ。サーマルプロテクターが導通していない。この機械のプロテクタはメカニカルタイプ。多分デンチャーか何かに食い込んでロックしてプロテクタが作動・・逝っちゃったのだろうね。

高分子タイプのプロテクタと交換して修理完了した。

因みに差し込みが特殊専用なので最近安価に入手出来る3ピンタイプのコネクタと交換しておいた・・・3ピンと言っても1本は誤挿入防止で活線は2本だけです。

|

« 脛骨骨折便り-8 | トップページ | ペルチェ ワインセラーの修理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 脛骨骨折便り-8 | トップページ | ペルチェ ワインセラーの修理 »