« フューエルインジェクターとインジェクタースリーブのOーリングを交換した 併せてY-ピースも | トップページ | オルタネータ・ウォーターポンプ・パワーステアリングポンプ駆動ベルトを張り直した »

2020年5月 7日 (木)

スロットルメカニズムを調整した

セレクタレバーをP→N→Dにする時、一呼吸おいてからつながる感じがするのでアクセルケーブルを調整してみた。
因みにスロットルケーブルは調整出来ない。

スロットルケーブルカバーを外し、ギアボックスのギアチェンジレバー(内部リンクでマニュアルバルブを動かしている)をストップ位置から2mm持ち上げ、アクセルケーブルアウターにたるみが出ない様に調整しナットで固定する。

089ギアボックスは手動レバー位置、車速、アクセル開度が組み合わさって変速をしている・・メカ変速機構でエレキは一切使っていない。

試運転は明日予定。

8/May 結果報告:思っていた通りフィーリングが大幅に改善した。
「2mm」のセット方法は・・最初にアクセルケーブルアウターを完全に緩めストップ位置を確認する。次に手でおおよそ、大体、こんなもんか?と2mm持ち上げ、その位置(レバーの角度)を覚えておく。一寸ずつアウターケーブルを引きその都度ナットを止める。レバー角度が見当と合った所で固定ナットを完全に固定すれば良い。念のためロックペイントしておくこと。

|

« フューエルインジェクターとインジェクタースリーブのOーリングを交換した 併せてY-ピースも | トップページ | オルタネータ・ウォーターポンプ・パワーステアリングポンプ駆動ベルトを張り直した »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フューエルインジェクターとインジェクタースリーブのOーリングを交換した 併せてY-ピースも | トップページ | オルタネータ・ウォーターポンプ・パワーステアリングポンプ駆動ベルトを張り直した »