« 予定通り?修理完了 | トップページ | アウディ B3 ヒーターコア交換 その2 »

2020年1月 5日 (日)

アウディ B3 ヒーターコア交換 その1

Ore1 ヒーターコア/インレットホースが丁度ホースバンドが掛かる位置で折れてしまった。

出先とは云え街中で適度な時間だった事が幸いした・・旅先でなくて本当に良かった。


Ore2見事にホースバンドの所で折れている。前回(15年前)も同じ所で折れている。このタイプのホースバンドは締め付けトルクが判りにくい・・ただ、15年も経つのであながち締めすぎが原因だけとも思えない。次回交換時はトヨタ・ワンタッチホースバンドに交換しよう。


折れちまったもんは仕方ない、交換しよう。・・さて困った、在庫が無い。ホースの類は大量に有るのだが、ヒーターコアは盲点だった。車は年末年始に北陸/中越へ出かける予定が決定事項。
なんとか国内で調達しようと画策したのだが、左ハンドル+年末で部品が無い。在庫問い合わせではことごとく「お届けは1月中頃」との回答。

これには参った・・が、しぶしぶいやいやとびおりて・・米国から特急便で取り寄せた。world wide expressサービスを使った。ただ一つの心配は・・クリスマス休暇。さすがの米国人もクリスマスには休む。これに掛かったら調達は無理。

心配は杞憂に終わり、発注から僅か4.5日後に手元に届いてしまった!そして驚くべき事に特急料金+ノックセンサー+ヒーターコア代金の合計は国内ヒーター単体価格よりも安価だったのだ!!

部品発注した日から直ちにヒーターコア交換へ向けて作業を開始した。

先ずはダッシュボードを外す。2017年7月13日のブログを参照のこと。

http://bar-paraiso.cocolog-nifty.com/blog/2018/07/e-f142.html

ヒーターコア(エアディストリビューター)は単体で取り外す事は出来ず、エアコンユニットごと外さなくてはならない

ヒーター/エアコンユニットは僅か5つのネジ/ボルトと、エバポレーター接続部を外すだけで取り外せる。

Ore1ファイヤーボード黄色丸印のボルト2本。




(画像なし)フレッシュエア取り入れ口のボルト2本。

そして、エバポレーター接続部ボルト1本。

ヒーター/エアコンユニットを手前に引けば外れます・・・だがぱらいそは大変苦労しました。

つづく。

 

 

|

« 予定通り?修理完了 | トップページ | アウディ B3 ヒーターコア交換 その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 予定通り?修理完了 | トップページ | アウディ B3 ヒーターコア交換 その2 »