« アイドリング 始動不具合 /再び | トップページ | 水温センサー 0 280 130 040 内部NTCセンサー »

2019年12月15日 (日)

温度センサ 0280130040 内部構造 分解

最初はコジって抜こうとしたけれど、びくともしなかったので樹脂を溶かして抜こうと考えバーナーで加熱していると・・ガスが発生したのか突然破裂音と共に抜けた。

追試を試みる方は暴発に注意。眼に当たったら失明ですぞ

Senda1 先端にサーミスタが装着されていた・・ようだ。取り外し時に焦げたのかは判らないが、焼けこげた黒い固まりが付着していた(除去すみ)。




Senda2先端部の拡大。




Senda3 特性の合ったサーミスタが入手出来れば再生も可能でしょう。
部品在庫の石塚電機103とは特性が違い、残念。

 

 

分解して判った構造上、シースとコネクタ間に導通は無いのが正常。もし有ったのならそのセンサーは故障している。

|

« アイドリング 始動不具合 /再び | トップページ | 水温センサー 0 280 130 040 内部NTCセンサー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アイドリング 始動不具合 /再び | トップページ | 水温センサー 0 280 130 040 内部NTCセンサー »