« アウディ 80 ヒーターコア交換 | トップページ | エアディストリビューターフラップ スポンジ貼り替え »

2019年12月24日 (火)

ヒーター/エバポレーターユニット取り外し

・・・先ずは・・大変だった。ただただ大変だった。おまけに、大変だった。寒い時期に汗だらだら。

取り外し困難の原因

その①:ダッシュボード内側にはゴム質の防音材が貼り付けて有るのだが接着がハガれて垂れ下がり、手前に引き出そうとするヒーターユニットに対してクサビ的な作用をして引き出しを拒んだ。

その②:エバポレーター接続部が防水グロメットから抜けない。

対策

①に対して・・一部破りつつ力業で抜きました。どのみちダッシュボード内側になるので3Mスプレー接着剤でハガれた部分共々接着して補修しました。

②に対して・・事前に固着を予想していたのでシリコーンスプレーとピックで固着をハガしたつもりでした。が、ハガれていなかったのです。良く観察するとエバポ側はコネクタに凹が刻んであり、グロメット側は凸になっていました。凹凸が熱と経年でガッチリ噛み合っていたのでした
そこで更に念入りにピックと先鈍のマイナスドライバーで勘合をハガした結果、スルリと抜けました。

は~疲れた。

これでようやくヒーターユニットを分解/コア交換出来ます。

|

« アウディ 80 ヒーターコア交換 | トップページ | エアディストリビューターフラップ スポンジ貼り替え »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アウディ 80 ヒーターコア交換 | トップページ | エアディストリビューターフラップ スポンジ貼り替え »