« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月18日 (月)

恒例なの? 平湯キャンプ場 シーズンクローズ直前キャンプ

女王様がご友人とご旅行にお出かけになられた先日土曜日、やれやれしめしめいそいそとキャンツーに出かける事にした。

行き先はシーズンクローズを1週間後に控えたいつもの、平湯温泉キャンプ場だ。

昨年は平地の気温にだまされて道中極寒にヤラれたのを(幸い)未だに覚えていたのでパンツはアンダーウェア→ゴアウィンドストッパー→ジーンズと重ね着した。一寸過剰に思えたけれどキャンプ場までノンストップ走行した事もあって結局は少し寒さを感じる程だった。

Img_2031  設営が完了した時点ではまだ陽がのこっていたのだが・・・







Img_2033ほっと一息つく頃にはすっかり薄暗くなってしまっていた。

夕食はものすごく簡単に、ビール/ワイン/ウィスキーのつまみのみ。

ダウンとか着込んでもさすがに寒い。ビールもワインも無くなったのでひらゆの森に出かけて、湯冷ましにアイスを食べてしまった。

ウィスキーをちょいとあおり、そそくさとシェラフに潜り込みあっと云う間に意識消失。

明け方頃寒さで目が覚めた・・マウンテンイクィップメントのダウンシェラフ、もう寿命カモしれない。購入したのは何時だったのだろうか?IBS石井(旧店舗)で購入したのだから・・もう20年位は使ったかも。さすがにダメかな(追記:帰宅後のケアでネックカフが破れているのを発見。シェルが破れるようでは・・ねぇ)。

次期シェラフはナンガかモンベルか迷っている。
Img_2034丁度良い所に木があり、ミニタープ支柱を使わなくても良かった・・来年同じ場所を覚えているかは・・無理だろうねぇ。







Img_2035良い天気になったのでタンナカ高原の水を汲んで帰った。お土産だ。








Img_2036ななもり清見前のラーメン屋さんに初めて入ったが、美味でした。冷え切った体に染み渡る味。







これにて本年度のキャンプは終了。来年は・・ゴールデンウィークの北海道か?九州か?

| | コメント (0)

2019年11月13日 (水)

ストームバイカー 延命治療・・なの?

漏れが発生したストームバイカーだが、シームテープの劣化だけでは無く、たたんだ時の折シワや着用時のシワ部分でコーティング樹脂膜が損傷していた。

コレはもう寿命なんだと諦めて新品を購入する事は決定事項なのだが、とりあえず延命治療をしてみた。

20wの蛍光灯で内側から照らすとヒビや剥離した部分が明確になる。ソコへシームグリップを塗布した。シームグリップは塗り易くする為、少量のキシレンで薄めておいた。

上着もパンツも結構な箇所で補修塗布が必要だった。

 

・・・補修は完了したけれど、あえて雨中走行で着用する勇気がナイ。はたして補修した意味が有ったのだろうか?資源と時間を無駄使いしただけの様な気がしないでもない・・・。

 

教訓・・と云うかアドバイス:保管時は繊維やコーティングに無理がかからない様に(それなりに)高級なハンガーに掛けてクローゼットに保管するのが良いと思う。針金ハンガーはダメダメですぜ。

 

雨具購入時のアドバイス:極論から言うが、夏用と冬用の2着が必要になる。ぱらいそも夏はLサイズ、冬はXLサイズの2種類を持っている。理由は単純、下に着ている服の厚さ。もちろん夏にぶかぶか雨具でも貴方が良ければそれで良いのだけれどね。

| | コメント (0)

2019年11月 8日 (金)

エスタ申請 ESTA 米国 旅行

かつては飛行機の中で細長い紙の入国申請書を書いたものだけれど、随分前から電子申請に切り替わっている。

米国旅行(グアムサイパンは無くても良い)あるいは米国トランジットの場合はESTA ・エスタ申請が必要になる。申請していないと航空会社チェックインさえ出来ない・・出国不能・・旅行中止となる。

「エスタ申請」とタイプすると怪しげな代行業者がずらずら出てくるが間違えない様に

本当の米国外務省申請先はこちら・・壁紙が自由の女神だからねっ!!

https://esta.cbp.dhs.gov/esta/application.html?execution=e2s1

 

最低でも72時間前に申請するように何度も強調してアナウンスされている。

 

お金(キャッシュカード)が必要。14$。

記入には30分程掛かるらしいし、間違えると申請不受理される。何度も確認しよう。

 

参考在日米国大使館ホームページはこちら

https://jp.usembassy.gov/ja/visas-ja/visa-waiver-program-ja/esta-information-ja/

 

 

| | コメント (0)

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »