« カーエアコン 整備-4 アウディ B3 | トップページ | カーエアコン 整備-6完結 アウディ B3 »

2019年6月28日 (金)

カーエアコン 整備-5 アウディ B3

レストリクター/オリフィスチューブ

純正パーツナンバー 443 271 191 A

Dscn2548 Dscn2549  レストリクターを交換してもらったのは10年以上前だと思うが、抜き出したチューブは左図の如く曲がり/折れが有る。本来はエバポレーター側に←が挿入されなければならないのに逆に挿入した為にこの様な無理な有り様になってしまったのだと思う。

デンソーやアウディの設計者がパーツにこんな無理をかける設計をするとは思えないので、パーツリストのイラストが間違っていると断定した(回路の高圧→低圧から考えても挿入方向は矢印がエバポレーター側)。

レストリクター左側の網が無いのは、無理矢理挿入されていたのを引っこ抜く時に破れた為。

Dscn2556

画像で示した通り管径が絞られている所まで挿入する。奥まで入り込んでしまう事はナイ。

 

 

 

 

Dscn2550 同年代なら他車向けでも流用可能。国内でも1000円(海外なら数百円なんですが・・)。

一寸疑問なのはR12と134aガスの違い。冷媒毎にオリフィス径と長さが異なると思うのだが・・。今回ぱらいそは秘蔵していたR12冷媒を使う。冷却性能はどうだろう??レトロフィットで(R12→134a)オリフィスの交換はしないから大した変化は無いと想像している。

そして、多分だが、現在流通しているオリフィスチューブは134a用だと思う。

 

梅雨に入ってしまいエアコン整備には向かない時期なんだと思う・・湿度90%?飽和してないかい?長時間/間歇真空引きで水分とオサラバじゃっ!!

|

« カーエアコン 整備-4 アウディ B3 | トップページ | カーエアコン 整備-6完結 アウディ B3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カーエアコン 整備-4 アウディ B3 | トップページ | カーエアコン 整備-6完結 アウディ B3 »