« アウディ 80 2.0E エアコン について | トップページ | オリフィスチューブ と エキスパンションバルブ »

2019年6月 7日 (金)

溶媒乾燥剤:備忘録

モレキュラーシーブ 3A

100g2000円程

400℃程度で加熱しつつ減圧する。

電子レンジ加熱も可能だが、連続照射すると溶解する可能性が有るので10秒照射→フラスコを振る→数回行い、直後に減圧する。

浸漬するだけでは脱水が不十分の場合が有る。カラム充填して流すと効率が良い。初めの100~200ccは廃棄するとなお良い。

 

|

« アウディ 80 2.0E エアコン について | トップページ | オリフィスチューブ と エキスパンションバルブ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アウディ 80 2.0E エアコン について | トップページ | オリフィスチューブ と エキスパンションバルブ »