« アウディ80 オートマチックギアボックス 089 分解整備-5 | トップページ | アウディ80 オートマチックギアボックス 089 分解整備-7 »

2019年5月15日 (水)

アウディ80 オートマチックギアボックス 089 分解整備-6

ATFオイルポンプの分解整備

Dscn2122

ATFオイルポンプ軸にはピストンリングが2セット装着される。

サイズが異なるので装着時には注意する事。

 

Dscn2262ネジ2本を外し、カバープレートを外す。ギアはマークを外側に向けて組む。特に不具合が無いなら清掃のみにとどめてこれ以上の分解は必要なさそう。

 

Dscn2263

カバープレートを外す時ボールとスプリングが飛び出さない様に注意する事。

 

 

フォワードクラッチセットとD+Rクラッチセットをオイルポンプ軸に挿入する際にピストンリングを損傷したり、合い口が開いてしまう事が無い様に注意して挿入する事。

 

続く。

|

« アウディ80 オートマチックギアボックス 089 分解整備-5 | トップページ | アウディ80 オートマチックギアボックス 089 分解整備-7 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アウディ80 オートマチックギアボックス 089 分解整備-5 | トップページ | アウディ80 オートマチックギアボックス 089 分解整備-7 »