« PGBK 文字が2重に印刷される | トップページ | 台北101で正直に生きなければならないと再確認した »

2018年12月 4日 (火)

W124 フードロックワイヤー 切れ

W124 260Eのフードロックワイヤーが切れてしまった

出かける前のエンジンルームチェックをしようとして・・妙な手応えと共にレバーがパクパク。

ワイヤーが切れた!・・と、直感した。

 ネットサーフィンしても防犯に関わる事なのでなかなか事例が無い。アルファロメオの例ではフロントグリルを破壊してロックユニットに到達している(まぁ、イタ車なんで比較は出来ないか?)。

高年式のベンツではロックユニットが左右に有るようだ・・この例ではタイヤハウス内張を外してそこからロックユニットにアクセスしている。

ロックユニットの下には「カバー」が有る様だ・・・どうやらどの年代のベンツにも・・だ。

・・・結局ぱらいそはフロントグリルも破壊せず、リフトに上げる事も無く、穴も開けずにロックを解除する事が出来た。

すまぬ・・手順の詳細はやっぱりココでは書けないよ。

まぁ、フロントグリルを壊せば楽にアレが・・・オッとこれ以上は書けない。

とにかく良く観察する事だよ。それと、ロックユニットとワイヤーの関係もね。


・・・ああ、ワイヤーは切れてなかったけれど、ワイヤーとロックユニットをつなぐプラスチック部品が割れていました。ナンで力の掛かる所にプラスチックを使うかな~。ダメダメだよぉベンツの技術者さん!!

|

« PGBK 文字が2重に印刷される | トップページ | 台北101で正直に生きなければならないと再確認した »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: W124 フードロックワイヤー 切れ:

« PGBK 文字が2重に印刷される | トップページ | 台北101で正直に生きなければならないと再確認した »