« MD30 オイルシール しまった!注文し忘れた!! | トップページ | 自作 ランタンハンガー »

2018年10月 1日 (月)

バルブステムシール交換 注意点

せっかくシリンダーヘッドをはぐったので不具合は無いけれどバルブステムシール交換とバルブラッピングをした。

 Cimg3506今から20年以上前に購入したバルブコンパウンド・・・一缶200g入りなんだよね。あの頃はプロ用しか入手出来なかったので・・一生掛かっても消費出来ないわ。

 バルブステムシール交換時の注意点。

①バルブを抜く
②古いバルブステムシールを外す
③バルブラッピングをする
④ヘッド洗浄をする。サンエスk1等でね。
⑤各所にオイルをくわせる。
⑥バルブを挿入する。
⑦バルブ軸に縦に切れ目を入れた適当な太さ、長さのストローをかぶせる。
⑧オイルをくわせた新しいバルブステムシールをストローで滑らせつつ、挿入する。
⑨ストローを抜く。
⑩バルブガイド溝にはまるまでシールを押し入れる。

バルブコッタ溝にバリが有ったりするとオイルリップシールを切ったりする。それを防ぐ為にストローを使うのだよ。

軸が貫通するオイルシール部分の挿入には一寸厚いビニル袋の切れ端とかビニルテープを使う・・キックスピンドルやシフトスピンドル、フロントフォーク等々。

|

« MD30 オイルシール しまった!注文し忘れた!! | トップページ | 自作 ランタンハンガー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バルブステムシール交換 注意点:

« MD30 オイルシール しまった!注文し忘れた!! | トップページ | 自作 ランタンハンガー »