« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月22日 (月)

四国 和歌山 友ヶ島 欲張りツアー

土曜日に休みをもらってCRF氏と四国・和歌山・友が島を巡る欲張りなツアーをしてきた。わずか二日間の旅だったけれど、焚き火をしつつCRF氏と話したが本当に「たっぷり」な旅だった・・・確かに欲張りすぎて色々なものがぽろぽろと落ちてしまいもったいない旅だったと思う。

Nijiぉおっ!我々の進む道はレインボーだぜぃ!おや、メールだ・・・CRF氏、マイナートラブルで20分ディレイ。




・・・四日市・鈴鹿で事故発生。大渋滞。




Hashi僕たち走りすぎてシリが割れました。このあと私は鉄下駄CRF氏はうさぎ飛びで石段を駆け上りました・・・うそはイカンね。

しかしこの晴れ具合を見て観てっ!彼方に渡ってきた橋が見えるし。






Udon沿道沿いのうどん屋でエネチャージ。旨かった!!さて、キャンプ地へGO!!

CRF氏が電話で「到着が6時半頃になりそうです・・すみません」ってなっ??






Bbq_2先ずはさざえの壺焼きとえびちくわ(すっごく美味!)と5割引トンカツ+スパークリングで乾杯ぢゃっ!!
・・え?到着?テント張ったの7時半ですが何か?温泉?いや、無理っしょ?

メキシコ産スパークリング思いの外美味。840円。

この後焚き火をしてマッタリ。風が強く変形タープ風防が完璧!!



Camp香川県大池キャンプ場はなかなか良いキャンプ場でした。左右の方、早朝から失礼しました(もちろんエンジン始動は場外まで押してから)。


100円シャワー室は綺麗で時間も十分でしたよ。

薪は針葉樹で・・目が痛くなりました・・イマイチです。




Fereeなんと!CRF氏が道を間違えた!!・・が「こんなこともあろうかと」30分以上マージンが取ってあってさすがです。

船首が開くのね・・強襲揚陸艇みたい。木馬もこんな感じなのかしらん?

四国とサヨナラ、おはよう朝の和歌山。





Gun1Gun2小艇に乗り換え要塞跡へ・・・この為に1日(目標)1万歩の試練を・・ぢゃないね。

「CRF氏よぉ、この施設が現役だった頃だったら俺達即座に銃殺だよなぁ」なんて馬鹿話をしながらあちら此方をふらふら。

ついでにふくらはぎはプルプル。


空の青さを見てくれよ・・夏だったら死んでいたかもしれんね。

この後和歌山ラーメンを食べてひたすら現実へ帰還・・・途中は15Km以上の渋滞・・中央線をひたすら一本橋しました(法的には追い越しなのでグレー行為だとか??)。

帰宅は10時半頃。女王様はライブにお出かけ中。一人、麦酒で安全帰還祝い。


2日間で830Km程(海路+参拝+散策含まず)の旅は充実したモノでした・・・が、もう一寸絞って行こうぜぇ。

CRF氏との次ぎの旅は来春か?ワタシはソロでシメの平湯かしらん??

追加情報:友が島探検(!)に行く方へ

 バイクブーツでは無理です。ワタシは履き慣れたトレッキングシューズを別に持参しました。新品の靴やクロックスではダメダメですよ。

観光協会の方・・・もう少しだけインフラ整備しましょうよ・・年間1万人以上来島するそうなんでしょ?

今後立ち入り禁止が増えるカモ?

 探検に行くなら今だっ!・・老朽化が進みおせっかいな司政官がヒトビトの安全をおもんぱかって立ち入りや探検を禁止する可能性が大いに有るぞ。
 
転げ落ちたら死にそうだし。






























| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月15日 (月)

MD30 ME08 化完了

XR250 BAJA MD30のME08化が完了した。

交換した部品は以下の通り

カム、カムスプロケット、カムチェーン、チェーンテンショナ、カムボールベアリング、ピストン、ピストンリング、ピストンピン、バルブステムシール(バルブフェースラッピングのみ)、クラッチスプリングそしてエアインテーク。

かなり以前にマフラーは交換してある(エキゾーストマニホールドは純正のまま)。

 付随するオーリング、パッキンは全て交換した。

30Km程試し乗りしてみた・・スタートから違う。パワーバンドが変わって、フラットな感じ。まだ馴らし中なので上の方は判らないが1/2アクセル位迄の間で十分なパワーを感じる。

カムフィールと圧縮比が変わったので当然の事なのだが先達の考察通り乗り易いと思う。現在レギュラーガスなのでハイオクでどの様に変わるかも確かめたい。

エアフィルターとキャブとフライホイールは純正のままだけれど、それでも十分に良い変化を感じる・・換えるとまた違うのだろうけれど、これ以上必要かな?換えても良いと思うのは(金額的にも)えあフィルターかな?

・・それより今週末CRF氏と香川・和歌山キャンツーなのよ。それまでに最低限の馴らしとシェイクダウンしなくては!台湾、朝霧JAMと色々続いたので完成が遅れてしまったのよ、まいったまいった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月11日 (木)

MD30 クラッチリフタプレートボルト トルク

本記事は失敗談であり、備忘録でもあります。

このボルトの締め付けトルクは指定されていないので標準締め付けトルクで締めるのです。

注意点:種類は・・ネジ径で指定されている。通常のヘッドサイズ(2面サイズ)ではない!!

クラッチリフタプレートボルトのネジ径は6mmなので標準締め付けトルクは1kg-m(9.81Nm)です。

参考までに・・

5mmΦ・・4.9Nm
6mmΦ・・9.81Nm
8mmΦ・・21.57Nm
10mmΦ・・34.3Nm
12mmΦ・・53.94Nm

正直に言いましょう・・ぱらいそは「10mm(2面幅)の標準トルクは35Nmだな~」とふんふん言いながらネジを締め始め、いつまで経っても規定トルクに到達せず「あれ~?間違い無いよな~」と思いながらも心臓ばくばく、冷や汗がタラ~り。

「このまま締めると絶対ナメる!!」と思いつつ・・・先にネジの1本が降伏して、ネジ切れました。ほぼ3.5倍のトルクが掛かったのでしょう。

予備のネジを用意してあって良かったです。4本全てのネジが伸びてました(廃棄)。

皆様はこのような失敗はされないのでしょうねぇ・・あぁ、心臓に悪かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 4日 (木)

自作 ランタンハンガー

Cimg350732mmポール用にランタンハンガーを自作した。・・コレは2号機で8mmΦのアルミ棒で制作した。スリップリング?には燃料ホースを被せた。

5mmΦで制作した1号機はコールマン1マントル・ガソリンランタンの重みに耐えられなかったのだ。

8mmΦ有ると曲げるのも大変だったが耐荷重は十分と思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 1日 (月)

バルブステムシール交換 注意点

せっかくシリンダーヘッドをはぐったので不具合は無いけれどバルブステムシール交換とバルブラッピングをした。

 Cimg3506今から20年以上前に購入したバルブコンパウンド・・・一缶200g入りなんだよね。あの頃はプロ用しか入手出来なかったので・・一生掛かっても消費出来ないわ。

 バルブステムシール交換時の注意点。

①バルブを抜く
②古いバルブステムシールを外す
③バルブラッピングをする
④ヘッド洗浄をする。サンエスk1等でね。
⑤各所にオイルをくわせる。
⑥バルブを挿入する。
⑦バルブ軸に縦に切れ目を入れた適当な太さ、長さのストローをかぶせる。
⑧オイルをくわせた新しいバルブステムシールをストローで滑らせつつ、挿入する。
⑨ストローを抜く。
⑩バルブガイド溝にはまるまでシールを押し入れる。

バルブコッタ溝にバリが有ったりするとオイルリップシールを切ったりする。それを防ぐ為にストローを使うのだよ。

軸が貫通するオイルシール部分の挿入には一寸厚いビニル袋の切れ端とかビニルテープを使う・・キックスピンドルやシフトスピンドル、フロントフォーク等々。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »