« タイヤ マイナーチェンジの時期なの?? | トップページ | !!なんと!浜厚真とはっ! »

2018年8月13日 (月)

エアコンが故障した  が、修理した

1989年製のダイキンエアコンが故障した。

まだ完熟していない頃のインバーターエアコン。

寝苦しくて目が覚めるとパワーインヂケーターが点滅していて、冷風が来ない(午前2時頃)。

その時点で出来る最良の選択・・コンセント抜去のコマンドを唱えてもダメ。あきらめて窓を開け扇風機全開で寝ようとしたが・・寝られる訳ないよな。うつらうつらして・・もう朝だ。疲れがとれてな~い!!


 翌日早速室内機カバーを外して故障表示(LED点滅表示)を診る・・おぉ、室外機とのコミュニケーションが取れていないぞ・・何故??

室外機側でもインターフェースが取れていない様子(LED点滅が無い)。何故なんだ??電線をネズミにかじられているのか?

早速導通を調べたが、キチンと導通は有った・・・遂に素子が死んだか?

更に熱心に調べると・・・ナンのコトはない、室外機入力直後のガラス管フューズの導通が無いコトを発見した。

外見上は溶断していない。が、実は片側のコンタクト半田部分で導通が無いのだよ。

25Aフューズなのでそれなりに電流が流れるのだろう、経年劣化だね。これも一種の半田割れなんだろうな。

フューズホルダーコンタクト面を磨き新しい管フューズを入れてコンセント挿入!!!

ぉおっ、見事にネゴシエーション表示されている。スイッチオーンで冷風も吹き出して来る。

以上で修理完了!!今夜は安眠だぜぃ!!

|

« タイヤ マイナーチェンジの時期なの?? | トップページ | !!なんと!浜厚真とはっ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エアコンが故障した  が、修理した:

« タイヤ マイナーチェンジの時期なの?? | トップページ | !!なんと!浜厚真とはっ! »