« アウディ 80 2.0E ダッシュボードの外し方 イントロダクション | トップページ | アウディ 80 ダッシュボード脱着 その2:インストゥルメントハウジングとステアリングコラムコンポーネントスイッチ »

2018年7月14日 (土)

アウディ 80 ダッシュボード脱着 その1:ハンドル

Hanndoruホーンパッドをコジって外す。パッド左右にも爪が出ている事に留意。
パッドと本体をつなぐホーンコードの抜き忘れに注意。




Decoパット固定のメインはハンドル側の凸とパッド側の凹がかみ合う事に依る。

左右の爪は補助的なもの。



Spナットを抜く前に合いマークを着ける事を忘れてはいけない。

スプラインで勘合していて、かなり強固に固着している場合が有る。その場合無理に抜こうとしてひっくり返ったりしてケガを負う事がある。


勘合を抜く時はナットを1目か2目分残し、ナットを完全に取り外してはいけない。ナットがかけて有れば力を思い切り掛けて抜ける時、勢い余って体をぶつけたり、ひっくり返ったりする事故を防ぐ事が出来る。

勘合が外れたらナットを外してハンドルを外す。

続く。

|

« アウディ 80 2.0E ダッシュボードの外し方 イントロダクション | トップページ | アウディ 80 ダッシュボード脱着 その2:インストゥルメントハウジングとステアリングコラムコンポーネントスイッチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アウディ 80 ダッシュボード脱着 その1:ハンドル:

« アウディ 80 2.0E ダッシュボードの外し方 イントロダクション | トップページ | アウディ 80 ダッシュボード脱着 その2:インストゥルメントハウジングとステアリングコラムコンポーネントスイッチ »