« B.B.号重整備記録 | トップページ | アウディ 80 ダッシュボード脱着 その1:ハンドル »

2018年7月13日 (金)

アウディ 80 2.0E ダッシュボードの外し方 イントロダクション

ダッシュボードの外し方を記録しておく。外すのは3回目(1回は業者施工)。

エアミクスチャーフラップスポンジの張り替えやヒーターコア交換の場合にダッシュボード脱着が必要になる。

外さなくてはならないもの

①ハンドル
②インスゥルメントハウジング(計器)
③ステアリングコラムコンポーネントスイッチ(ワイパーやヘッドライトスイッチ)
④グローブボックス
⑤リアフォグスイッチ、リアデフォッガースイッチ、小物入れ、ラジオ、ヒーティングコントロール、灰皿、そしてハウジング
③センターコンソール(フロント、リア)
⑦フロントスピーカーとカバー(抜いた穴がダッシュボードを外す時の”持ち手、手がかり”になる)
⑧シェルフ(ハンドル下小物入れ)
⑨発炎筒ホルダー

・・・続く。

|

« B.B.号重整備記録 | トップページ | アウディ 80 ダッシュボード脱着 その1:ハンドル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アウディ 80 2.0E ダッシュボードの外し方 イントロダクション:

« B.B.号重整備記録 | トップページ | アウディ 80 ダッシュボード脱着 その1:ハンドル »