« アウディ 80 ダッシュボード脱着 その2:インストゥルメントハウジングとステアリングコラムコンポーネントスイッチ | トップページ | アウディ 80 ダッシュボード脱着 その3:グローブボックス »

2018年7月23日 (月)

アウディ 80 ダッシュボード脱着 その2:インストゥルメントハウジングとステアリングコラムコンポーネントスイッチ -2

・・・続き。

Tumeステアリングコラムコンポーネントスイッチ上蓋の内側にはこんな爪があり、メーターケース下部の穴にハメ込まれている。

・・・ハンドルを外さずにコレを外そうとするとこの爪を破損する・・面倒くさがって何度もヤッた私が証言します・・接着剤で補修してあります・・・ハンドルは外した方が良いですよ。

Meterオレンジ楕円部穴に爪が押し込まれているので、上に持ち上げつつ手前に引くとカバーが外れます。

その後↑ネジ2本を外すとメーターケースを外せます。


Conecter1_2Conecter2手前に引き出して裏面のコネクタ2つを外します。↓方向でロックを解除してから抜きます。

これでメーターケース取り外しは完了です。


注意:取り外したメーターケースは設置してあった向き・天地で保管します。理由はメーター内部オイルが漏れたり、微妙なゼンマイに不具合が起きる可能性が有るからです。分解整備する時もその点に留意して長時間の天地返しに気を付けましょう。

・・グローブボックス取り外しに続く。








|

« アウディ 80 ダッシュボード脱着 その2:インストゥルメントハウジングとステアリングコラムコンポーネントスイッチ | トップページ | アウディ 80 ダッシュボード脱着 その3:グローブボックス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アウディ 80 ダッシュボード脱着 その2:インストゥルメントハウジングとステアリングコラムコンポーネントスイッチ -2:

« アウディ 80 ダッシュボード脱着 その2:インストゥルメントハウジングとステアリングコラムコンポーネントスイッチ | トップページ | アウディ 80 ダッシュボード脱着 その3:グローブボックス »