« 理不尽だが如何ともしがたい | トップページ | バルブアッセンブリを分解した »

2018年6月 7日 (木)

W124 あるある キーシリンダー破損

W124の弱点の一つ。

Cimg3492キーさえ有ればココまで簡単に分解出来る。

W124のキーシリンダーには構造的欠陥が有る。



Cimg3493Cimg3495ココが破断する。シリンダー本体(左図)と右図のパーツが接する部分はせいぜい1mm×14mmの面積しかないのだ。

もろい鋳造用合金製なので反復する長期間の使用で破断する。

Cimg3496鋳造時の温度変化や加工時のストレスが金属の結晶構造に影響を与える。

破損は単純に使用者の誤用だけでは無いと思う。


キーシリンダーそのものはメルセデスベンツで購入する事が出来る(多分、まだ出来ると思う)が、新車時に付いてきた個別データの記載された紙がな無いとやっかいかも。そして、何より高額な請求が来るのだろう。

安価な社外品も有るが、ドア・トランク・グローブボックスと整合性が無くなってしまう。

対策はなやましいね(お金が有れば問題ないが)。

追記1:**ヤナセに問い合わせてみた

キーシリンダーは本国発注で約1ヶ月必要。従前のキーがそのまま使用出来る(キーがもう一本増える訳ではない)。パーツ代金は18252円・・なんだ安価だな。

オット忘れていた・・・交換工賃は15000円程掛かるらしい・・さすがヤナセ価格だね。素人でも交換出来るのにね。

結局3万円程と1ヶ月が必要と云う事でした。

車検証記名者と本人確認書類が同一で有る事、ヤナセサービスへの入庫が必要だそうです。

追記2:緊急用キーシリンダーと専用キー(1本のみ、スペア制作不可能)は25000円だそうです・・オリジナルと大差無いじゃん・・頼む意味ないですね。更に国内在庫なし。

                                        2018 08/June.

                                                接合部面積訂正変更 08/June.





|

« 理不尽だが如何ともしがたい | トップページ | バルブアッセンブリを分解した »

コメント

こんにちは。ごぶさたしてます。精が出ますなあ。

キーシリンダはアリを見て注文してください。溝の有り無しとかに注意してね。送料込みでてんばっくすくらいです。シリンダが届いたらタンブラを組み替えてください。タンブラも結構ちびてると思います。

投稿: にゃあ | 2018年7月14日 (土) 23時22分

・・・。もう暑くて暑くて。でもね、割れなくて良いんですよ、プラスチックがね。

寒いともう、パキパキ割れちゃうんです。それが防げるだけまだマシなんです。

そして蚊のアタック!ベープマット3個セットしてます。

ダッシュボード外すまで詳細報告させていただきます。

投稿: | 2018年7月15日 (日) 20時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: W124 あるある キーシリンダー破損:

« 理不尽だが如何ともしがたい | トップページ | バルブアッセンブリを分解した »