« 810 906 219 A  A31 616 769 ボンドラバーマウンティング&ラバーストップ | トップページ | 010 409 259 A 代用品 »

2017年8月30日 (水)

エキスパンションタンク・キャップを分解してみた

先日負圧側に不具合が発生して交換したエキスパンションタンク・キャップを分解してみた。

Cap下段右端2個が負圧側弁で、右から2番目のゴムパッキンが変形していた。

また27年間未交換だと思っていたキャップだが、整備簿から7年前の2010年12月に交換していたと判明した。

7年しかなのか、7年も、なのかは・・判断に迷うモノだよね。

カシメを削って丁寧に分解すれば、ゴムパッキンだけの交換で使えそうな気はスルが、安価なので新品交換した方が良いと思う。

|

« 810 906 219 A  A31 616 769 ボンドラバーマウンティング&ラバーストップ | トップページ | 010 409 259 A 代用品 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エキスパンションタンク・キャップを分解してみた:

« 810 906 219 A  A31 616 769 ボンドラバーマウンティング&ラバーストップ | トップページ | 010 409 259 A 代用品 »