« 温度フューズ不良 3度目 | トップページ | ドア トランク ロックアクチュエータ (ロッキングエレメント) ロッドの外し方 »

2017年8月19日 (土)

突如発生した悪臭・・その原因はっ!?

・・高速を降りて最初の信号で突如発現した異臭。それは「卵の腐ったニオイ」・・判る人にはもう原因が判ったと思う。それは硫化水素の臭いだ。


最初の信号から程なく自宅車庫。ボンネットを開けて臭いをかぐ。僅かだが、確かにニオう・・何処だ?・・!!

!!バッテリー通気孔から蒸気の様なものが出ている・・過充電だっ!バッテリーに触ると、熱い。膨れている。

あわててバッテリーに水を掛けて冷やした。

実は前駆症状が出ていた。

①ナビの電源がオン/オフを繰り返す。
②オーディオに回転数に同期するハムノイズが入る。

オルタネーターは今年3月にブラシ摩耗に因る発電不良を起こし、ブラシのみ新品に交換していた(ボルテージレギュレーター本体は交換していなかった)。

それから約7000km走行して今回のトラブルが発現した。

オルタネーター・ボルテージレギュレーター部で電圧を測定すると、14.9Vで一応レギュレートされてはいる様だが、現実はオーバーチャージが発現しているので故障と判断した。

ストックパーツを出してきてセットアップし電圧を測定すると13.5V。レーシングしても変わらなかった。

今回の交換品①ボルテージレギュレーター②バッテリー(2年しか使っていないシルバーバッテリー・・安全弁が開いてしまったので、もう使えない・・もったいない!)③ヘッドライトバルブ・・左右共切れてしまっていた・・レイブリック・レーシングバルブ・・高価なのにっ!!

でもね、同年代製でほとんど同一部品が使われているアウディは充電系でのトラブルは一度も無いのよ。その差はオルタネーターの温度だと思う。

ベンツはエキゾーストマニホールド真下にオルタネーターが位置する。輻射熱はスゴイ。対してアウディはエキゾーストマニホールドとは反対側に位置するのだっ!

ベンツオルタネーターにヒートシールドとフレッシュエア導入パイプの新設をすれば、あるいは・・と思うのだが、どうだろうか?ねぇ?

訂正:アウディはメーター内回路断線に因る充電不能が有りました。20/Aug.

|

« 温度フューズ不良 3度目 | トップページ | ドア トランク ロックアクチュエータ (ロッキングエレメント) ロッドの外し方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 突如発生した悪臭・・その原因はっ!?:

« 温度フューズ不良 3度目 | トップページ | ドア トランク ロックアクチュエータ (ロッキングエレメント) ロッドの外し方 »