« ビード転造器の製造とウォーターライン複製 | トップページ | POR-15を塗りたくった »

2017年7月 7日 (金)

意外と安価だったのだが・・やっぱりね

87~94年のスピード検知センサーは「ディスタンスセンサー」と呼ばれ、ギアで回転数をパルスに変換している。

そんな訳で、消耗部品である・・が、ウチのアウディは今まで不具合を起こさなかったので28年間未交換である。

それが此度の整備で不具合が発見されたのだっ!!

Sendar「ピニオンガイド」と呼称される部品の「ツバ」が折れていたのだ。その結果デフボディに密着出来ずデフオイルが漏れてしまっていた。

野戦整備ならシールブラックでシールしてしまえば良い訳なのだが、関連部品がプラスチックなのを見てしまい、28年未交換なのが夢にまで出てきてしまう始末。

海外での入手を画策したのだが、やっぱり、当然の事ながら入手不可能。

しかしバックオーダーなら受けられると言う。

海外でバックオーダーなら、もしかして国内で入手可能なのかも・・と、調べてみたがやっぱりバックオーダーだった。そして、意外に安価だった。

バックオーダー品の入荷は大体3ヶ月なのだと云う。気になる方はバックオーダーをかけましょう。

ディスタンスセンサー 857 957 827 A  22300円(コイツは高価だね・発注に悩む)。

スピードメーターピニオン 089 409 197 H 580円(プラスチックギア。オーダーするべし)

ガイドピニオン 089 409 193 2400円(プラスチック部品。オーダーするべし)

おまけ#1 ディスタンスセンサに使われているオーリングサイズ 内径17.5 線径3.5

おまけ#2

 前回書いた温水関係のパイプ。  026 121 448 D 2500円(専用成形パイプなので、注文しておくと良いカモ)。

画像追加:12/July

残念なお知らせ:先程発注をかけたら無情にも「製造中止」になっていた。バックオーダーを受け付けないとの事。ピニオンのみバックオーダー入力を受け付けたが、最悪此も駄目かも・・。どうしよう・・暗いわ・・・(ディスタンスセンサーは発注していないので不明。ただしポルシェで同じセンサを使っている・・ようだ?詳細整合金額等未調査)。12/July

|

« ビード転造器の製造とウォーターライン複製 | トップページ | POR-15を塗りたくった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 意外と安価だったのだが・・やっぱりね:

« ビード転造器の製造とウォーターライン複製 | トップページ | POR-15を塗りたくった »