« 生ごみイーターの修理:3度目 | トップページ | 意外と安価だったのだが・・やっぱりね »

2017年6月26日 (月)

ビード転造器の製造とウォーターライン複製

・・今までのあらすじ。

 スーパーで買い物を済ましたぱらいそは愛車の下に広がる液体の影を見てただ々呻くしかなかったのであった。すったもんだでお願いだから見て観て診てのお願いおねだり懇願の上ようやく入院。検査の結果デフとプラネタリギアユニットの間から漏れている事が明らかになりオペ開始。おォ!神のご加護か人徳か猫の恩返しか1枚のオイルシールがばか馬鹿になっているのが発見されすんなり閉腹できるのかと思いきや・・・。

Originalsabi_2034 121 481 ウォーターライン(ATオイルクーラーへ行くパイプ)が寿命だった。AT側面に有り、降ろした時しか交換は出来ない(昨日工場を訪ねたらミッションも車載され、給水給油も済んでいて明日には試運転に出かける・・との事でした。ミッションの脇には十分隙間が有り、車載状態でも交換が出来る事が確認されました)。
早速注文したが、当然製造中止。
馴染み?のラジエーター屋が直ぐ造ってくれると思っていたが断られ、ショップからのツテも駄目。嗚呼コレは作れってコトなんだと、製造するコトにした。

YokoTate先ずは治具から作った。見た通りの端材製。コレをちゃんと作らないと意味がない。




Benda最初は焼曲げ作製をして1個失敗、2個目でバッチリ複製は出来たが焼鈍されて柔らかくなったのと、肉厚(0.8mm)が気に入らずボツ。
1mm厚銅管とパイプベンダーを購入してようやく完成した。

Rib1Rib3Rib2Rib4Dscn9186




Bido





ビード転造器も作った。市販品は高価すぎる。見たとおり材料費は0円。

KanseiKansei2


・・んな手順で複製完成。


おしまい。




・・・え?材料?そりゃアレですよアレ。見て判らない?そ・れ・は・・・止水栓給水パイプ。トイレとか手洗いの下に有る、アレですよ。最近はフレキ配管が多いけどね。1mm厚外径12.7mmで今回の用途にぴったり。オマケに近所のホムセンで簡単に購入出来ます。よい子はモノタロウでちゃんとしたリン銅管を買いましょう!

パイプベンダーを使えば加熱ナシで自由に曲げられます(少なくとも1mm厚銅管はね)。そして、安い!!350円!!絶対買え!!

そうそう、溶接は(機械はあるけど)下手なので銀ロウ付けをしました。熱量が足りず、仕上がりはイマイチかな。

追加:ビード転造の時にオイルをくわせるとスベリが良くなってナカの具合がイイよぉ。

訂正:車載状態でのウォーターライン交換は可能でした。退院/支払いの日は近い(31/July)

|

« 生ごみイーターの修理:3度目 | トップページ | 意外と安価だったのだが・・やっぱりね »

コメント

こんにちは。
ツールマークの入り方とキャップネジの一部だけを削っているところを見るとビードの山の高さを一回で成形しきって少し回転させてまたカプっとするダイセット形式でしょうか。

キャップスクルの溝の下側のバリみたいなのがよく分からないのですが,これは成型の過程で育ったものなのでしょうか?

ぼくのも水配管があやしくなっていて考えていたところでした。億劫な気がして定期的に継ぎ足すように注意していましたが,こういうのを見るとなんというか勇気が湧いてきます。ありがとう。

投稿: にゃあ | 2017年6月29日 (木) 17時49分

いやぁ、もう駄目ダメですよ。リフトで上がってる時間が長いので(社長の許可をもらってから)良く下から見てるんですが、悪いトコばっかり!!
 今一番気になるのは以前ブログお題にしましたが、ブレーキパイプ。まぁコイツはイージーベントチューブが有るしネジピッチも1mmらしいので入手は楽々・・のはず。
 
 昨日見つけたのは燃料ポンプ/フィルター架台の防振ゴムが3個共切れていた事(モノタロウで入手)。
 
 それとディスタンスセンサー/ピニオンが不安で不安で・・プラなのでね・・(もちろん製造中止・・ebayでもヒットせず・・)。

 ビード転造は1回グイッとやって、ジョーをゆるめ、またグイッと・・を一周。小径パイプですのでネットサーフィンで見つけたバイス改造を参考に小ボール盤バイスで作りました。

 キズの多い画像は端材での試験でして、実物は最後の銅管程度に収まってます。加圧の具合とかでいかようにも。とにかく簡単に作りましたので。

 バリみたいなのは・・緩み止めボルト流用ですので、元からですよ。完成品には影響ないので削ったりせず結果はオーライですねぇ。
 

投稿: paraiso | 2017年6月29日 (木) 19時10分

こんにちは。なんと回答がついている!

僕のも古くなってきて大変です。まとめてやろうとするとダメですね。最近,ギヤボックスを下ろして作業しなくっちゃと悩み中です。722.4です。722.3のもそろそろだけどなんか面倒くさくてひっぱってます。

ぼくは防振ゴムとかはミスミから買うことが多いです。ミスミの方が耐油とかの絞込み検索ができるのと丈夫な物が充実していると思う。プレス関係が出だからだろうな。モノタロウは初めの頃に比べるとほぼ定価販売になってしまってさびしい。ひとつとかだけ欲しいときとかに送料も掛かるし,ミスミに駆逐されちゃうかも。2,3日掛ければ同じ物がホームセンター経由のオレンジブック発注の方がモノタロウより安かったりする。あっ,ミスミもストークを使うとお金が掛かります。

投稿: にゃあ | 2017年6月30日 (金) 13時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビード転造器の製造とウォーターライン複製:

« 生ごみイーターの修理:3度目 | トップページ | 意外と安価だったのだが・・やっぱりね »