« まいど毎度の平湯温泉野営場・ソロキャンツー | トップページ | 生ごみイーターの修理:3度目 »

2017年6月16日 (金)

ATオイル漏れの原因が判明した!!ウレしぃ~!!

Photo事前の予想通りだった・・オイルシール部分からの漏れだった。此処ならシール交換だけで直るハズ。

デフ側のシールは正常だったそうだが、ファイナルドライブ側のオイルシールは外周部分クリアランスがかなり有ったそうだ。
 その結果、オイル逃げ?・・シャフトの潤滑の為に少しはATオイルが漏れるのは想定内?・・部分からダダ漏れになったらしい。

Dscn9129ピニオンカバー(089 409 623A)内部に、同一品番のオイルシール(089 409 529D//38×54×7→日産車用が使える・・後述)が向かい合わせにセットされている。
  図面からは”オイル逃げ”と思われる構造が読み取れる。

Dscn9128#25がプラネタリギヤボックスとファイナルドライブ・・デフオイルとATオイルを隔てるオイルシール。



Dscn9130ワークショップマニュアル該当部分。




Dscn9131ファイナルドライブとプラネタリギアボックスの断面概念図。オイルが漏れたルートはこんな感じだと思う。




089 409 529 D 2枚

モノタロウでも注文出来る。

注文コード:35360665

タイプ:RM(時計回りへリックス)

型式:UE

メーカー:ニッサン

パーツナンバー:13510-01B00

主な車種:マーチ

使用箇所:クランク

疑問:向かい合わせだから1枚は「時計回りへリックス」でなきゃいけないハズだがね・・何故??アウディパーツリストでも同一品番(RM×2枚)だぜ。

注:へリックス→オイル戻しヒダ・・と解釈してます・・が??多分ね。










|

« まいど毎度の平湯温泉野営場・ソロキャンツー | トップページ | 生ごみイーターの修理:3度目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ATオイル漏れの原因が判明した!!ウレしぃ~!!:

« まいど毎度の平湯温泉野営場・ソロキャンツー | トップページ | 生ごみイーターの修理:3度目 »