« 鳥ヶ池キャンプ場 CRF氏と久々のキャンツー | トップページ | クーラントの交換をした »

2017年5月10日 (水)

エクスパンションタンク水量警告用センサーのコネクタ

前回エキスパンションタンク/リターン側パイプ劣化が原因で新品と交換したのだが(車歴3回目)その際水量警告用センサー接続コネクタのツメを折ってしまった。まぁ29年間エンジンルームでがんばってきたので止むおえまい。

 この部分の画像(構造)は無いと思うので、今後の為に公開しておく事にしましょう。

Cimg3451Cimg3454エキスパンションタンク側のコネクタ部。
センサはフロートセンサ。減水するとフロートが下がり内部のリードスイッチが導通する。画像の通り凸が有って差し込み方向が規定されているが「導通のみ」なので極性については気にしなくて良い。

Cimg3456Cimg3457Cimg3458コネクタ側画像。
外す時は外周部のツメを広げなくてはならない・・材質劣化で何時かは割れるねぇ。材質はポリアセタールっぽい。



おまけ

エクスパンションタンクパーツナンバー:8A0 121 403A

2ピンコネクタパーツナンバー:813 972 923  

・・・一寸調べるとエンジンルームの2ピンのアチコチに使われている。何げに高価で、海外でも1個17.47ドル(!)もした。ヤナセ価格は・・知りたくも無いねぇ。

タンク交換回数訂正-今回の交換で4個目。10年に1度は交換が必要なのだね・・今度の交換は10年後?。11/May








|

« 鳥ヶ池キャンプ場 CRF氏と久々のキャンツー | トップページ | クーラントの交換をした »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エクスパンションタンク水量警告用センサーのコネクタ:

« 鳥ヶ池キャンプ場 CRF氏と久々のキャンツー | トップページ | クーラントの交換をした »