« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月31日 (水)

ストック部品を探しまくった

ATオイル漏れ修理で入院中のアウディだが、リフトに上げて精査中に冷却水が漏れているのが発見された。

漏れ箇所は温水アウトレットフランジ。シリンダー後端・・ファイアーボードとの狭い所に有る。

ヒーターとATオイルクーラーへ分配する二股(シリンダー接続部を含めると三つ又)の部品だ。

Photoパーツナンバー:026 121 144F

コイツはオリジナルも何故かプラスチックで出来ている・・経年劣化で割れた模様。

そして・・・尊敬するドイツ技術者にあるまじき?設計・・何か理由が有るとは思うが・・接続には異形ホース(入り口と出口の径が異なる)が2種類も使われているのだっ!!

当然日本では入手不可能なので以前からこの周辺部品はストック済みだ・・・で、探しても探しても見つからない!!

異形ホースは直ぐ見つかったのだが、フランジが出てこない!!・・・箱が多すぎるんだ!

2時間位すったもんだして、何故かストラットマウントと記載されている分類箱の中から発見されたのだった。

でかいパーツだったのでまだ良かったのだが、小さいブッシュやネジだったら・・。きちんと分類管理しないと駄目だね・・でもゴム部品は冷暗所、金属部品は防錆紙に包んで真空パックだから・・。

台帳管理は止めてコンピュータ+バーコード管理しなけりゃ駄目だ・・。

追記:どこから漏れたか判明した

Conecta外側からは良く判らなかったけれど内側から見れば・・ね。
注型のラインだと判る。
11/July


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月23日 (火)

クライアントとトラブルになったのだが・・

それは「怒り」を通り越して既に「悲しい」。

「サーヴィス業なのだから」と同僚は言う。

素直に頷けない、行動できない、頭を下げられない・・自分でもガキだとは思う。

職場の空気が悪い・・俺のせいなんだがね・・。


でもな、クライアントは全てを許されている訳じゃないだろ・・みんなもそう思うよな・・あぁ、みんな「大人」なんだな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月22日 (月)

キャリパーブーツ追加情報

893A B3 ガーリング製フロントブレーキにも流用出来るw124 260Eブーツの追加情報。

制研からもw124用リペアキットが出ている模様・・馴染みのショップ等で相談/購入してもらうのが良いと思う。

ベンツ純正:A 001 420 1383 ///ブーツとボルト、グリス同梱。

制研:260-40299////多分だが・・ダストシール、オイルシール、ピンブーツ、ブリーダーキャップ同梱・・と思われる。固定ボルトは含まれていない?

ブーツだけ欲しい場合、国内メーカーだから「この車のこの部品が欲しい」と相談できる・・とは思う。

蛇足だが、修理工場で部品だけ購入してもらうのはどうかと思うよ。

「うわ~!!アウディ純正パーツ高~!!」となった時「制研で部品取れるらしいですよ」と、話しましょう・・・でももしかしてコレって修理工場では常識なの????

国産部品流用情報有ったら教えて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月20日 (土)

ATギアボックスを降ろす事になった

・・・やはりデフとプラネタリギアボックスの間で漏れていた(との報告あり)。デフ側の「漏れたら此処から漏れるよ」穴から間違いなく漏れている。

どのシールからだろうか?基本ギアボックス側はATオイルが充満していて、元より「シール」なんてしていない。

漏れるとしたらデフ側・・・ピニオンシャフトシールなんだが、デフオイル量は「減っている」で、ATオイルの混入も無いそうだ。

 すると、ピニオンシャフトカバーオーリングあるいはセカンドピニオンシャフトシールの可能性が有る。

回転部分なのでシールでエグれているかも・・。やっかい。肉盛りメッキしなくてはいけないかも・・時間が掛かるとショップに迷惑が掛かるなぁ。

降ろして原因が判明したら情報乗せます。

一部名称変更/20/May

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月17日 (水)

クーラントの交換をした

エキスパンションタンクから見えるクーラントの色が微妙な感じと思いつつなかなか実行に移せなかったのだが、先日ようやくクーラント交換をした。

先達の情報通りラジエーター下部にコックが有り、内径10mm程のホースを繋いで排液。

確かに約6L抜ける。

水を入れて循環させ排出×3回で手を打った・・切りが無さそうなので。

純正クーラント3本・・4.5Lを入れて、後は水道水を入れた。

寒い地方へも行くので50%濃度程度に調整したわけだ。

やっぱり数年に一度は交換しなきゃダメだな・・次の作業はATF(フィルターも含む)の交換だけど、蚊が出てきたのでイヤだな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月10日 (水)

エクスパンションタンク水量警告用センサーのコネクタ

前回エキスパンションタンク/リターン側パイプ劣化が原因で新品と交換したのだが(車歴3回目)その際水量警告用センサー接続コネクタのツメを折ってしまった。まぁ29年間エンジンルームでがんばってきたので止むおえまい。

 この部分の画像(構造)は無いと思うので、今後の為に公開しておく事にしましょう。

Cimg3451Cimg3454エキスパンションタンク側のコネクタ部。
センサはフロートセンサ。減水するとフロートが下がり内部のリードスイッチが導通する。画像の通り凸が有って差し込み方向が規定されているが「導通のみ」なので極性については気にしなくて良い。

Cimg3456Cimg3457Cimg3458コネクタ側画像。
外す時は外周部のツメを広げなくてはならない・・材質劣化で何時かは割れるねぇ。材質はポリアセタールっぽい。



おまけ

エクスパンションタンクパーツナンバー:8A0 121 403A

2ピンコネクタパーツナンバー:813 972 923  

・・・一寸調べるとエンジンルームの2ピンのアチコチに使われている。何げに高価で、海外でも1個17.47ドル(!)もした。ヤナセ価格は・・知りたくも無いねぇ。

タンク交換回数訂正-今回の交換で4個目。10年に1度は交換が必要なのだね・・今度の交換は10年後?。11/May








| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳥ヶ池キャンプ場 CRF氏と久々のキャンツー

 久々にCRF氏とゴールデンウィークの始まり/4月末の連休で鳥ヶ池キャンプ場に行ってきた。

和歌山とか伊豆に行こうかと云う話も出たのだけれど、天候の悪化が予報されていたので安全パイと云う事で長野に行く事になった。

中央道のサービスエリアで待ち合わせて、レッツラゴウ!

上々の天気だがさすがにまだ4月。高速走行は一寸肌寒い。今の時期のウェア選択は難しいよね。

Yakuba大鹿村役場に到着。

その前に・・松川インターを降りて直ぐのA・COOPリカまつかわ店で食材の購入。CRF氏は「今晩は秘蔵のウィスキーをオンザロックでやろう」とロックアイスを購入。だが・・(後述)。

そしてガス補充を忘れずに!エネオス有り。

Sakura


途中の道の駅でジビエカレーの昼食。

此処ではジビエソーセージとかジビエ肉が購入出来るので、試してみる?



Hakuchi鳥ヶ池キャンプ場に到着・・途中CRF氏は傾斜した坂道で無念の立ちゴケ。傾斜+坂道ぢゃコケるよな~しかたない、仕方無い。

午後から一時雨の予報なので急いで設営を済ませて、赤石荘/温泉へゴウ!!

 ・・・途中からかなり妙な天気の雰囲気だったのだけれど、入浴中から急に嵐に!!舞っているのは雨粒でなくて霰では??

 本当にスゴイ風で横殴りの雨(+みぞれ)に・・こりゃ泊地まで帰れるのか?・・って云うレベル。CRF氏が「西の空が明るいのでそんなに続かないと思うよ」とのご神託。小心者の小生は安心して長風呂を楽しんだのでした。

 温泉を楽しんだ後ロビーでマッタリしてふと外を見ると雨が止んでいる。CRF氏に声をかけて急いでキャンプ場に戻る事にした。運の良い事にその後降雨は無く、無事にキャンプ場へ戻る事が出来た。

Enkai早速宴会開始!今回は貸し切り状態だったので申し訳なく思いつつ、便利に炊事棟を使わせて頂いた。持って行くのはどうかと思っていた焚き火台が大活躍した。焚き火はイイわ~。寒くて寒くてとてもじゃないけどオンザロックは飲めませんでした。熱燗が恋しい~。
 
折れ枝(設営時に集めておいた)のほとんどは針葉樹で、火付きは良いのだけれど持ちが悪いし、熾きになっても特有の香りが有ってBBQには向いていないと思った。やっぱりナラや樫、桜が一番だよな~。


SheetTent薪が切れて熾きも灰になって来るとやたらに寒い。いつの間にか雲は去り、満天の星空に!!放射冷却で氷点下の世界に!シートには霜がおり、テントについていた雨粒は完全に凍りついていたのだった!!こりゃ寒い。
 CRF氏は下界温度に惑わされ3シーズン用の寝袋とか。そりゃ寒いでしょ、小生のダウンジャケットを貸してあげました(それでも朝方は寒かったそうです)。
 小生はいつもの北海道ツーリング仕様だったので快眠!


Shimobashira翌朝はご覧の通り。イイ感じの霜柱。




Kimuchi_2野菜たっぷりのチゲ鍋を作って朝食にしました。
朝食後に近くのパラグライダー場まで行ってから(ホントに近く)撤収。幕地のみでなく炊事棟も掃除して、さようなら。






Tenboudai翌日の楽しみに取っておいた「夕立神パノラマ公園」へ。ご覧の通り赤石岳から中央アルプスまでバッチリ。その後林道を少々。
Katudonソースカツ丼で旅を〆ました。


今回の旅は往復で500Km程。CRF氏と次回の(お気楽)キャンツーを約束して分かれました。


おしまい。

































| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »