« 民主主義と多数決、その光と陰 | トップページ | ブレーキ系の交換と整備 »

2017年4月13日 (木)

レインブーツカバー

レインブーツカバーを販売している会社は本当に自分で雨中走行しているのだろうか?

20年位前に買ったレインブーツカバーは3~4000円程したと思う。しっかりした生地に樹脂フィルムでバックコーティングがしてあって長く使えるのでは無いかと期待させるものだった。

サイドオープン、ベルクロ固定で、靴底は空いていて”あぶみ”の様に固定するタイプだった。

・・その年の北海道は雨が多く、多和平辺りでは豪雨と言っても良い雨だった。そんな天気の中で300km程走った・・・○ソ商品だった。レインブーツなんてウソ、ウソ、嘘!!

その後は皆がやっていたようにコンビニ袋を巻き付けて走ったのだった。

靴底が空いているタイプは防水でもなんでも無いよ!買ってはいけない!!

翌年の北海道ツーリングには当然○ソブーツカバーは持って行かなかった。
結婚してバイクを降りる友人がスバラシイ物をくれたのだ。

それは・・Totes Rubber Boot Coverと云うものだった。薄手のラテックス(天然ゴム)製で、見た目はヘナヘナで大きめの長靴状。それをブーツの上から履くのだ。

結構ぴったりしていて履く時にはコツが要った。

これは本当に良い物だった。つなぎ目の無い一体成形のゴムなのだから完全防水でなおかつブーツとゴムの間に適度の空間が有り、ムレムレにもならなかった。

豪雨だろうが氷雨だろうが高速だろうが連続300キロ走行だろうがコイツは完璧だった。別れたくは無かったが・・。

 お別れの予感はしていた。履きずらいので無理して引っ張ってしまうし、天然ゴムなのでオゾン劣化でヒビ割れが出来つつあったのです・・雨がパラパラし始めたのであせって履こうとして・・ビリっと。

ツーリング中はガムテープで補修して使い、帰宅後にパンク修理で補修してその後1~2年は使ったかなぁ。

その後日本でもネット通販が繁栄してきて何とか同じ物を購入出来たのだが、天然ゴム製で長期在庫も置けない商品だったせいかいつの間にか取り扱いが無くなっていた。

 2代目のオーバーブーツもそろそろ寿命が近い(何度も破れた)ので、3代目を購入しようと探しているのだが、なかなか見つからない。イギリスのバイクショップで売っているのは発見したのだが、イギリスからの通販は一寸ね(奴らのアタマは堅いぞ)。

日本で入手出来るこの手のオーバーブーツは米軍放出とか云うヤツだが、ゴツ過ぎるのでパス。

ネットサーフィンして見つけたのは米国TREDS社のオーバーブーツ。

https://treds.com/

コイツを試してみたいものだ・・難点は日本迄の送料。送料だけでもう1足買えてしまうコト。

「なんで普通の長靴ではダメなの?」と云うヒト、貴方もまた判ってない。晴れている時の長靴程かさばって邪魔になる物はないです。

おすすめしている商品はペラペラでクタクタ。たためば極小スペースにパッキングが出来るのです!

・・日本の技術で造ってくれないかなぁ。売れないか。

購入したら使い勝手を公開しようと思います・・・購入すればね・・。

|

« 民主主義と多数決、その光と陰 | トップページ | ブレーキ系の交換と整備 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レインブーツカバー:

« 民主主義と多数決、その光と陰 | トップページ | ブレーキ系の交換と整備 »