« BJC-35V F12エラー | トップページ | 故障したS社のLED電球を分解してみた »

2017年1月25日 (水)

シャープの消費者サービスは地に墜ちた・さよならシャープ

昨年シャープが海外企業に身売りした訳だが、本日、企業としての質の低下を身をもって実感した。

Cimg3430 今から7年前に1個約3000円でシャープ製LED電球 DL-L601Nを6個購入した。高価な物だったが省エネと設計寿命4万時間を信じて購入した。

6年間で3個が故障した(設置・使用条件はシャープ社員の検分有りで、当方の瑕疵なしと確認済み)。

最初の1個は2年後、ランニングタイム約4000時間で故障。

2個目は5年後、ランニングタイムは約12000時間。

3個目は6年後、ランニングタイムは15000時間。

1個目は何の問題も無く新品交換。2個目はわざわざ2人も技術者?が来て丁寧な交換対応だった(返送、送付も無料だった)。

そして今回の3個目。

サービスへ電話してランニングタイムが多く見積もっても15000時間と云う事と、前回交換してもらった時に「不具合の場合は今後も交換で対応させて頂く」と言われた話をしたが、全く相手にもされなかった。

仕事の関係で営繕関係の記録はしっかり取ってあるので、ランニングタイムはほぼ間違いない。おそらく表記より少ないだろう。

全てのシャープ製品を今後買う事は無いだろう。

サービス担当者の話では「製造後6年迄は保証させてもらう」との事。

ストックしてあった未使用品については?の問いに「それも保証外」との事。

Cimg3429箱書きに有る「長寿命&省エネのあかり・1日10時間の使用でも10年以上の長寿命」は全くのウソだった!!

メビウス、ムラマサ(ノートパソコン)、DVDレコーダーで裏切られた挙げ句の果て。

信じた俺の「目の付け所」が悪かった。さよなら、シャープ。

それに比べて・・東芝、あんたはエライ

「5年以内の製品は、既に購入済みの商品も交換」

http://sumai.panasonic.jp/support/repair/lighting/led/index.html

・・・・ウエスティングハウスなどに手を出さなければ良かったのに・・・大丈夫か東芝。

追記:25/Janu.

|

« BJC-35V F12エラー | トップページ | 故障したS社のLED電球を分解してみた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シャープの消費者サービスは地に墜ちた・さよならシャープ:

« BJC-35V F12エラー | トップページ | 故障したS社のLED電球を分解してみた »