« 復活のルルーシュ!? | トップページ | エキスパンションタンクを交換した »

2016年12月 3日 (土)

オルタネーターの整備:内容編

Cimg3401先ずは整備完了の画像。再塗装したのはフィールドコイル・コアのみ。ケースは何もしていない。

Cimg3397真鍮ブラシで足をつけ、錆び転換剤を塗布。画像の通りにマスキングして・・




Cimg3400ごく普通のスプレー塗料で塗装。




Cimg3398コアは錆びを出来るだけ落として錆び転換剤を塗布した後、十分に乾燥させてから2液ウレタン塗料をたっぷり塗った。



Cimg3408気になるのはVベルトプーリーの摩耗具合。どう言ったって10万キロ以上は使っている。異音の原因はベアリングとかでは無くプーリーなのかもしれない。画像から見てもやっぱり摩耗しているよなぁ・・。

因みに純正も手に入るが、なんと!13000円程の値段だそうだよ(プーリーのみで!!)。
















|

« 復活のルルーシュ!? | トップページ | エキスパンションタンクを交換した »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オルタネーターの整備:内容編:

« 復活のルルーシュ!? | トップページ | エキスパンションタンクを交換した »