« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月29日 (火)

充填防湿剤

備忘録としてアップ

3M 防湿レジン

http://www.mmm.co.jp/telecom/accessories/resin_1/index.html

ジェリー状のアレ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月28日 (月)

オルタネーターの整備をした:3回目

先日聞きずてならない回転数に同期する異音(ヒュイーン・・・・)がエンジンルームより発生してあわてて整備工場へ持ち込んだ所、原因はオルタネーターであると診断されたので早速整備済みストックオルタネーターと交換してもらった。

Cimg3395オルタネーター本体:026 903 015B 90A BOSCH

プーリー:049 903 119L
(センターボルト24mm、11Kgf/cm・・所有する2台共、ウッドラフ・キーが装着されていなかったが要らないって事なんだろうか??パーツリストには記載が有るので、1台はリビルト時に取り寄せてインストールしたが・・。何故なんだろう)。



Cimg3392Cimg3393エンド側ベアリングのシールをはぐってみた。グリスが無くなっている。

プーリー側ベアリング共に振るとカタカタいう・・摩耗&グリス切れで、もう、完全なおシャカ。音だけで焼き付かなくて良かった。

データ

メーカー:Koyo

プーリー側 :6303 2RU 内径17外径47厚さ14・・・・1個540円税込み
エンド側:6201 2RU 内径12外径32厚さ10・・・・・・・1個324円税込み

注:他メーカーでも同規格のベアリングが入手出来ると思うよ。

あたりまえの話:ベアリングプーラー、150mm以ジョーのバイス、インパクトレンチ、トルクレンチが無いと分解も再組みも出来ないよ。因みにプラスネジはポジドライブだからJISネジ廻しを使わないこと。なめるぞ。

ネジ頭を見ると”ヒゲ”があるぞ。








| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月17日 (木)

Victor HR-D58のプーリーギアを複製した

「たまには動かさないとね」とVHS・Victor HR-D58を使おうとしたらどうも動きがおかしい。

再生はまだ大丈夫なのだが、巻き戻し/早送りが妙に遅い・・早速分解してみた。

Jikuフライホイールに圧入してあるプーリーギアにヒビが入って空回り(に近い)していた(画像はギアを取り去ってある)。

完全に割れたり砕けている訳では無いので、以前心電計ギアを修理した時と同じようにブルーミックスで複製する事にした。

BlueKata少し軸径が緩くなってしまったが瞬間接着剤で固定してしまった。

真円ではないのでワウが増えるとは思うけれど、フライホイールの慣性でなんとかならないかと思うし、録画はともかく再生は問題なく出来ると思う。

・・と云うか再生出来てるし、VTRの画質では全く気にならない。更に、意外に画質がキレイだったのにはおどろいた。昔はコレしか無かったのにね・・そう云えば私の高校生時代はまだオープンタイプのVCRが大手を振っていたわね~。









| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 9日 (水)

大統領ってさぁ・・

亜米利加大統領ってたわけでもなれるんだ。

まぁ、ブレインが操れば良い訳なんだろうがねぇ。

まさか漫画みたいに逆上して核スイッチ押したりはしないだろうけれど。

百年そこそこの歴史なんだから、たわけの一人や二人は出てくるわなぁ・・俺っちの明日のまんまが変わる訳でもないだろうけどねぇ・・何かかわるのかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 7日 (月)

平湯野営場 シーズンクローズ間近

C1C2土曜午後、急に思い立って平湯野営場へ出かけた。

出立時間が遅すぎて到着は午後6時30分!アンダーウェアにゴア・ウィンドストッパーだけではさすがに日が落ちてからの走行は寒かった(高速道路上では気温8度)。

平湯野営場のクローズは11月14日。それでも結構な数のバイカーが野営していた。

 ひらゆの森へ出かけた帰り道、銀河を観る事が出来た。良い天気の夜だった・・明け方は北海道/ゴールデンウィーク仕様の就寝セットだったのにも関わらず寒かった・・ギアの老化なのかぢぶんの老化なのか・・両方か?

夜半過ぎからなんと雨になったが、6時頃には上がってほっとしました。

昨年此処に同行したCRF氏にメールすると結構クヤしがっていた。

「12月(!)に出かけましょうよ」なんて逆襲されてしまった・・ホントにイクの?イイけど寒いよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »