« 秋月電子通商で珍しいモノが売られている | トップページ | シリコーンシーラントをテント防水剤として使う:実践報告 »

2016年10月 5日 (水)

シリコーンシーラントをテント防水剤として使う(その4)

トラブルが発生した。

テント・フライを処理したのだが、指でこすった程度で簡単に剥がれてしまう事が判明した。

実の所、理由は判っている。それは・・古いウレタンコートの上から塗布したからだ。

手抜きをしたからではなく、激しく劣化して即座に剥離する程でもないと判断し、劣化した防水性を補強出来たら良いかな・・と、重ね塗りをしたのだが。

 今まで何十回もテフロン系撥水剤を塗布しまくって来ているので、それが残存・浸透していて剥離を引き起こしたのカモしれない。

「きなり」の生地では剥離する様子は無いので、繊維に染み込みさえすれば「アンカー」効果が有るとは思う。

既存の防水コートに重ね塗りする場合は注意が必要だろう。

|

« 秋月電子通商で珍しいモノが売られている | トップページ | シリコーンシーラントをテント防水剤として使う:実践報告 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シリコーンシーラントをテント防水剤として使う(その4):

« 秋月電子通商で珍しいモノが売られている | トップページ | シリコーンシーラントをテント防水剤として使う:実践報告 »