« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月27日 (火)

秋月電子通商で珍しいモノが売られている

Kyuukon・・・球根。なぜに?


M11130Nutube・・・双三極真空管。メイドインジャパン。
「おおっ!!自作スルか!」と思ったが、特性がイマイチ。既存のNOS管を使った方が良さそうだな~。







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月26日 (月)

シリコーンシーラントをテント防水剤として使う:注意点

通気性が無くなるのでテント本体(インナーテント)に使うと通気性が無くなり窒息する可能性が有る。使ってはイケナイ場所も有る事を認識すること。

②普通のシーリングテープ(ウレタン系接着剤)は接着しなくなる。塗布後の目止めはSIL NETあるいは塗布したシリコーンシーラントを使うしかない(小生にはシリコーンシーラントでの目止め実績は無い)。

③塗布時有機溶剤中毒になる可能性がある。換気の良い所で防毒マスクを着用すること。それに今は良くても将来腫瘍発生の原因になる・・・かもしれない。用心にこしたことは無いよ。

 

今回スクリーンタープ一張り、2人用テント1張り(スカート部分のみ)の防水処理に普通サイズ?のシリコーンシーラント1本とベンジン約800CC、ホワイトガソリン1.5Lを必要とした(刷毛の洗浄にも使った)。

 

10月の連休実戦投入するので、結果は後日。

 

追記:具体的にはドームテントの本体(インナーテント・フライではない)の全面に塗布してはいけない。
    バスタブ構造部やボトム等防水の必要な部分への使用は問題無い。

    インナーテント全面に塗布すると通気性が全く無くな、有り体に云えば「ビニル袋の中で寝る」のと同じになります。

28/Oct. 追記

'20 17/Aug.  一部文言追加変更

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月23日 (金)

シリコーンシーラントをテント防水剤として使う(その3)

前回はシリコーンシーラントの溶剤としてベンジン(ホワイトガソリン)を使うと良いと云うレポートをしたのだが、今回はアレを使ってしまった話を載せます。

ベンジンを1L用意して始めたスクリーンテントの防水処理なのだが、ベンジンが足りなくなってしまい、しぶしぶいやいや面倒くさくなってアレをつかってしまった。

それは・・「コールマン純正ホワイトガソリン」。

防錆剤なのか何なのか判らないが、添加剤が入っていると云う話・・らしい・・が??

元々海外ではガソリンに着色している。オランダでは青色と云う話は・・ツバメ号シリーズに出てくるよねっ!

並行輸入のコールマン印ホワイトガソリンは淡く青色に着色されていました。

どばどばとバットに入れてシリコーンシーラントを希釈して、シャブシャブと幕体に塗布。

別に何の問題もなさそうなんだけど、どうかなぁ。こんなコトならシンナーの方が良かったカモねぇ・・。

おまけ: 幕体にポロンTや希釈シリコーンシーラントを塗布するのに便利なのは、ズバリ!コテ刷毛です。

希釈するのに使うバットは100均で入手出来る「ヤキソバ用アルミフォイルバット」が一番です。安価なのでねぇ。

追記:シリコーンシーラントの希釈率は・・・ホントに適当。ウニウニ~と絞り出し、ホワイトガソリンやベンジンで溶く。濃度を見ながら「こんなモンかな~」って程度です。あまり濃いと塗りにくいし薄すぎれば封止効果が無くなるので、その辺を考慮しつつ希釈するコト。

・・・適当だなぁ。そうそう、火気厳禁ですからね。これからの季節は静電気も危ないからねっ!!

追記・その2:かなり薄めたシリコーンシーラント液は・・まるでポ○ンTの様なんですが・・アレもシリコーン撥水剤でしたよね・・おっと、これ以上多くは語るまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月21日 (水)

カニヤ NAVY BISCUITS

以前から食べてみたかったカニヤのNAVY BISCUITS・・カンパンを出先のスーパーでゲットした。

試食はこれから。出先だったので1袋しか購入出来ず、それだけが心残り。

123最近はちゃんと見ないと大陸製造なんだよね→今売っているリッツやオレオは大陸製造になっているよ!!




Sizi「大形」と云うだけあってサイズはこの通り(大型ではなく「形」と呼称されるそうです)。



ネットで買うより激安でした→「割れ/こわれ」カンパンも希に売っているらしいです(ネット情報なので・・・)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 9日 (金)

此処まで来てはじめて・・・

123・・不具合が発現しました。照明用インバーターの初段平滑コンデンサ。

ランニングタイムは大凡3万時間。

調べるまでも無いけれど、Cチェッカーで測ると「オープンサーキット」。振るとカタカタ音がする。びっくりだね。

もっとびっくりするのはこんな風になっていてもつい3日前まで点灯していたコト。ま、チラつきはしていたけどね。

ストックパーツと交換して・・正常点灯。有る意味スゴイねぇ。







| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »