« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月27日 (金)

大池高原キャンプ場(長野・大鹿村)でキャンツー

例によってCRF氏と一泊二日のお気楽キャンツーに行こうと計画していたのだけれど、急にCRF氏の都合がつかなくなりぽっかり空いた土日の予定・・どうしよう。

そんな訳で急遽ソロキャンツーに出かける事にした。

若くもないし修行僧でもナイので楽々お気楽なキャンプ場を選択した。

Ooshika長野県大鹿村・大池高原キャンプ場に決定。

行程のほとんどが高速と云うまさに手抜きツーリング。

大鹿村役場は土日も当番の方がいらっしゃってよっぽどの事がない限り当日受付でも問題ない(トップシーズンはダメか?)。400円。激安。

キャンプ場への行き方目印は「青いケシ」。キャンプ場は青いケシ農場の1KM手前で、わか菜と云う食堂?から1分。

青いケシは有名みたいだからナビでも案内してくれるカモ。案内看板多数有り。

OoikeHangu徒歩一分のパラグライダー場?にテーブルと椅子とビールとポテチを持ち出し、ちたまの自転を実感する。

雲一つ無い大快晴だが、もやっている。大陸からの微粒子が多そう。

日が暮れても大快晴のままだったが、残念ながら月齢16.5!星野は望めず。深夜に月明かりを日の出と誤認して何度も目を覚ます程の月光。

標高1700mなのでまだ虫はほとんど活動しておらず快適。朝方は冷え込んで少々寒い程だった。ちなみに・・貸し切りでしたわ。

再訪時は新月の時に行ってみたいねぇ。

おまけデータ1:キャンプ場のトイレは洗浄便座だった!う~ん、快適っ!!こんな山奥なのに・・すごいねぇ。

おまけデータ2:大鹿村役場近辺にコンビニ・スーパーは無い。個人商店が2軒と道の駅が有るが、食材の購入はちょっと・・。酒とつまみ菓子類は大丈夫なので此処で購入しよう。

おまけデータ3:ガソリンスタンドは土日休業。土日に動くヒトは松川インター辺りで満タンにする事をおすすめする。

おまけデータ4:鹿塩温泉や赤石荘で日帰り入浴可能。鹿塩温泉は開場時間が短い。電話してみそ。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月25日 (水)

テントボトム修理の決定版? シリコーンゴムスプレー缶発見!!

ネットサーフィンしていて発見した。

Photo


ファインケミカル株式会社・RTVシリコーンスプレー

なんと!缶スプレーで、スプレー塗布するだけでシリコーンゴム化するのだと云う!!

実売1缶2000円程で、まぁ、安価。

1缶でどれだけの面積に使えるのかは判らないけれど、ベンジンだのシンナーだの、適当な溶剤で希釈した充填用シリコーンコーキングを使うよりは物性は折り紙付きだよね。

小生も1本購入してみようと思う。例の大手用品通販でも扱っているしね。

追加:ファインケミカル株式会社の別製品・・常温硬化型フッ素スプレーとかも使ってみたいねぇ。アウトドア関係の撥水処理に使えないかなぁ・・バイクや車のショックアブゾーバー・ロッドにも塗布してみたい。

ファインケミカル社・・なんか色々買ってしまいそう。

http://fineosaka.com/index.html  ファインケミカル販売社ホームページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月16日 (月)

AVIC-HRZ099 パイオニア楽ナビの移設を請け負った



友人から車両入れ替えに伴い楽ナビの移設を請け負ったのだが、取り付けの際に間違いに気づいた。

シールアンテナは再使用不可能だと判ってはいたのだけれど、給電部(正式名称は給電ベースと言うのだそうだ)は再利用だとは知らなかった。

給電ベースは4個共劣化していてあまりに簡単にバキバキ割れてしまったのでフィルムアンテナ自体にセットされているパーツだと思いこんでいたのだ。

友人がネットで購入したリプレイスアンテナを観察すると、給電部には銀ペーストが塗布して有るように見える。

「アンプ」と呼称される部分は本当にアンプなのか疑問視していたのだが、ちゃんとトランジスタを使ったアンプが内蔵されていた。

給電ベース自体は補修部品として供給されていはいるのだが、一個900円程するボッタクリ商品だ。

本日中に移設インストールしなくてはならないので、改造する事にした。

アンプ基盤に0.2mm厚燐青銅板で作った接触板を半田付けするだけだ。給電部銀ペースト?はとても柔らかいので、接触圧はほとんど考えなくても良い。

Kyu1上がアンプで下が給電ベース。

こんなもので一個900円だぜ。因みに給電ベースとアンテナを接着する「普通の」両面テープは4枚で800円程もする!バカらしい!!

ホームセンターでも購入出来る「強力両面テープ」をカッターでチョイチョイと加工するだけで使えるのでこんなもの購入しなくても良いよ。

Kyu2接触板のサイズは画像を参照して。

おまけ:パイオニア純正給電ベース・パーツナンバー CZN6538

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »