« アウディ純正オーディオカセットのピンアサイン #3 | トップページ | AUDI CONCERT AUDIO AUX ,,CAN-bus ,Hack »

2016年4月 1日 (金)

アウディ純正オーディオカセットのピンアサイン #4 

最初にも書いたが4桁のコードナンバーが判らないと使えない。

電源を繋ぐと「SAFE」と表示され、コードを入れない限りそれっきり。

MODEL 8L0 035 186 C,,REF.NO CQ-LA 1953L,,,(,2000年頃製造のA3純正オーディオ)

のコード入力方法

1:電源を接続する

2:ラジオスイッチを入れる(SAFEと表示される)

3:FM2とTIを同時に押す(1000と表示される)

4:ラジオチャンネルスイッチを押す。1で千の位、2で百の位、3で十の位、4で一の位が入力出来る。

5:入力し終わったら、再びFM2とTIを同時に押す

6:再度SAFEと表示されたら終了。これで使える様になる。

注意:2度間違えたコードを入力すると次にコードを受け付けるのは1時間後になる・・らしい。盗難対策だから。

電源コネクタ4(S-CONTACT)がAccに接続されていない(キーがAccになっていない時)状態でラジオ/カセット/CDを聞いていると約1時間で自動的に電源が切れる。

 偶発的電源オンによるバッテリー上がりを防止する機能だと思われる。

 続報・・外部入力改造するぞ。現在基盤解析中。

追加情報:このCONCERTオーディオをB3に流用する場合は、フェイスパネル左右を少々切りつめる必要がある。また、車体側オーディオラック?も切り取る必要がある。

コネクタ類も当然合わないのでピンの新設/半田付け等が必要になる。

何とかしようとしているヒトには判っている事だと思うが、B3も含めアウディの多くがリアは専用アンプで駆動されている。

今回のコンサートオーディオもリア側はライン出力のみ。B3に流用する場合には好都合だね。アンプ起動信号(12v)ピンも有るし。

CAN busは接続しなくても使える。そもそもB3にはバスなんて無いじゃん(CAN busが有る車の場合はバスに接続しないと「オーディオが接続されていない」と云うエラーが出るらしい。が、使えない事はない・・ら・し・い。うっとうしいだけ?)

欧州車カーオーディオの多くは今回解析したコネクタを採用している事が多いが(事実上の統一規格・・らしい)ピンアサインは車種毎、メーカー毎に微妙に異なるので注意されたい。

あくまでも小生が入手したコンサートオーディオのピン解析だからね。ちゃんと調べないで使って火を噴いても小生は関知しないからね。

|

« アウディ純正オーディオカセットのピンアサイン #3 | トップページ | AUDI CONCERT AUDIO AUX ,,CAN-bus ,Hack »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アウディ純正オーディオカセットのピンアサイン #4 :

« アウディ純正オーディオカセットのピンアサイン #3 | トップページ | AUDI CONCERT AUDIO AUX ,,CAN-bus ,Hack »