« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月20日 (土)

屋根裏にLANケーブルを増設するのに大汗をかいた

Airmac導入に併せて今まで無線中継だった居間にメタルを引こうとして大汗をかいた。

どうせ天井裏を這い回るのだからと思い、2Fの客間に電話ケーブルを増設しようとして・・ドツボに。

通線ワイヤーなんてマニアック?なモノは・・・一度買おうとして正気に戻り、持っていない。

で、ごく普通のプラスチック・玉巻きひもを括り付けて既存の電話線を引っ張り出し、出てきたヒモに電話線を2本ビニテで巻き付け、2Fからぐいぐい引っ張ったトコロ・・はい。みなさんの予想通り切れました。

やぁ、まいった・・・正直一寸あせった。

切れちまったものはしょうがない。次善策だ。

やっぱり針金だよな・・普通のぢゃ腰が無くてだめだ。

そういえば何かで見た覚えが・・・コイツだっ!!

Cimg3306適度に硬くて押し込んでもクニャクニャしない。おぉこれは良いモノだ~~!!

いつも一寸アヤシイと思っていたミニーだが、よいぞ良いぞっ!!

ぐいぐい押し込んで行ける。10M位押し込んで1F天井裏へ見に行くと、上手い具合にワイヤが出てきていた。グッジョブ!ヲレ。

電話線2本と更にLANケーブルまでをも括り付け、ゆるく8の字巻きにして段ボールに入れ、たっぷりとクレ・ポリメイトを吹き付けて、さて・・・2Fから引くと・・・あっけなく10M引けました。

コネクタ処理は明日にしよう。あせってやっても良い結果は得られないよね。

は~疲れた疲れた。

ケーブルはLaneed Cat6100mをアマゾンで購入しました。今日は23m程使ったな。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月19日 (金)

アストロH、揚がったねぇ

実は小生、最初の打ち上げ予定日に鹿児島に居たんだよね。天気がイマイチで、もしかしたらダメかもしれない・・と思ってはいたのだけれど、やっぱりダメだった。

人生初打ち上げ肉眼視と期待してたんだけど。

ライブ中継観たけど、カウリングが分離するトコロまで見えましたね。

それはさておき。

アストロHは皆さんご存じ?の通りX線観測衛星なワケで、これは日本のお家芸と言われている様です。

今回のトピック・・それは「冷凍装置」。

微細な電波を増幅検出する為に、増幅検出器自体のノイズを極限まで減少させる必要が有ります。

その為には・・冷やす。

第一段階は機械式冷凍機・・スターリング冷凍機ですわ。ツインバードが造っているヤツなのかなあ?

第二段階は液体ヘリウム。水素の次にお調子者。軽いヤツだ。

段三段階は断熱消磁冷凍機・・ざっくり言おう。消磁すると温度が下がる。

・・・を用いるそうだ。

ちゃんと動けば宇宙空間で造られる最低温度になるそうだよ。

そして何重にも造った断熱瓶と宇宙と云う真空デュワー瓶??でさえも液体ヘリウムは蒸発し2~3年で枯渇してしまうと云う。

因みに先代の「すざく」は排気ヘリウムが悪さをして打ち上げ後わずか1ヶ月でヘリウムが蒸発。世界中の科学者にヤケ酒を飲ませたらしいよ。

・・ホント、世の中には訳の分からんコトに血道を上げる人々が沢山居るんだなぁ。

で、宇宙の終点ってドコなんですか・・あぁ眠れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 6日 (土)

Airmac Express A1264

電波機器なので分解した時点で既に電源の投入(運用)は禁止されている。ご留意願いたい。

Wari左が電源装置。右がオーディオと無線LANユニット

Pカッターを用いると綺麗に切開出来る。

Powersoce電源装置はジェネレーション毎に改良されている様だが??




Conectaココは間違えやすいね。

Antw2.4Gと5Gのアンテナはココ。U.FLコネクタが装備されているがXBeeアンテナとは規格が・・。

Ant3_2外付けヒートシンクを接着するなら、この部分を避ければ良い。

Ant2Ant1
パッチアンテナ拡大

分解したらつかってはいけない    よ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »