« ガスファンヒーター故障原因の解明 | トップページ | コールドスタートバルブの点検 »

2015年11月29日 (日)

電源トランスを巻き直した

温度フューズが切れていたトランスだが巻き直す事にした。

限られたスペースに合うよう設計されたトランスだから、汎用品では納まらない可能性が有るからだ。

Makiki0.3mm線でほんの50gも有れば十分なのに・・適当な重さが無く、しぶしぶいやいや1巻き購入。これでポリウレタン線は一生分有るな。

考想10分製作30分、ポリウレタン線購入に出かけて約1時間・・2時間程で超高性能巻き線機完成。

さっそく巻き直してリード線を付けコアを入れて本体をカシめて・・完成。

特に振動が有る訳でもないのでワニス含浸は省略した。

温度フューズはどうしようかと思ったけれど、結局入れた。ただし国産の素性の知れたモノ。実装されていた四角形・極小・黒色の大陸モノは品質が悪そうだ。同じ故障を数限りなく発生させているに違いない・・安価な部品なのにねぇ。

リビルトしたトランスはバラックで動作確認をしてから機器に組み込んだ・・オォ!正常に動作している・・よ・う・だ。あたりまえか。

しばらくは小生専用ヒーターとして経過観察しようと思う。


|

« ガスファンヒーター故障原因の解明 | トップページ | コールドスタートバルブの点検 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電源トランスを巻き直した:

« ガスファンヒーター故障原因の解明 | トップページ | コールドスタートバルブの点検 »