« 一寸マニアックな基準点 | トップページ | 朝霧JAM・ふもとっぱらでのキャンプに必要なモノ »

2015年10月17日 (土)

シリコーンシーラントをテント防水剤として使う-その2

どうやら1年ぶりの「その2」になるのだが、自分で試してみた。

 

先達は溶剤としてラッカーシンナーを使用していらっしゃるので、先ずはどんな溶剤で溶解するかを試してみた(以前書いた様にメーカー製シリコーンシンナーを使うのが正解ですよ)。

 

アセトン・・×

 

トルエン・・○

 

キシレン・・○

 

メタノール・・×

 

ホワイトガソリン・・○

 

ベンジン・・○

 

小生の使ったのはホワイトガソリンとベンジン以外一級試薬だが通常市販品でも同じだと思う。

 

信越シリコーンのポロン(POLON-T)の溶剤は工業用ガソリン、つまりホワイトガソリン・・ベンジンも同じ。

 

ポロン-Tが普通のテントやタープの生地を侵さない事は判っている。

 

結論:ホワイトガソリン(工業用ガソリン1号)を用いるのが一番安価と思われる。

 

ホワイトガソリンの入手方法だが・・判らない。ガソリンスタンドで注文出来るとか、以前何かで読んだ覚えがあるが・・。

 

なんと、アマゾンで購入出来るぞ!!!18Lで5400円(2015年10月現在。日本石油製造なので、日石のガソリンスタンドからは注文出来るら・し・い。が、5400円で買えるかは不明。レビューを読むとこの価格はかなり安価な方らしいよ。
「安定剤が入っていない」とか「ベンゼン・トルエン等の有害物質が・・」なんて書いている人が居るけれどシロウトさんだね。街のガソリンだろうが灯油だろうが純正ガソリンだろうが全てに入っているからね。そもそも主成分のシクロヘプタンそのものが有害物質だよ~ん。
 
 必要以上に気にする事は無い・・って云うか、ソレさえも否定するなら車にも乗れないし、そもそもガソリン燃焼器具なんて使えないよ。
 
 ホワイトガソリンそのものが高度に分溜されたモノなので、劣化する要素がそぎ落とされている。赤ガス・・レギュラーガソリンには多くの添加剤が添加されている。コレは全て動力用エンジンの為)。

 

織機の洗浄に使う・・とも読んだ事が有るので、まぁ精密機械の洗浄用だろう。

 

安価だろうけれど、多分最低ロットは一斗缶・・18Lでしょう。

 

因みにガソリンランタンやストーブ用大手メーカー品は同じホワイトガソリンだが着色されている。不具合が起こる可能性が有るので使用は控えたい(未検証)。

 

蛇足ながら工業用ガソリン1号は上述のランタンやストーブにすばらしく良い燃料になるし、氷男印より安価である。キャンプ仲間と共同購入すると良いカモ。

 

 

 

で、次点はベンジンかな。これならどんな町でも簡単に入手出来るのでこちらをお勧めする。

 

希釈濃度は未検証。トランアンドエラーで行くしかない。適度に希釈した液体はロール刷毛で塗布する事も可能になる。

 

参考:某アウトドアメーカーの合成ゴム引き製品では、裏面に塗布された合成ゴム厚は約11ミクロン0.0011mmでした(注意:溶解したシリコーン液は生地に吸収されるので、表面だけにコーティーングされた場合とは必要量が異なると思われます)。

 

注意:①シリコーンシーラントは水分と反応して硬化する事を忘れずに。テントやタープに使うなら、脱オキシムタイプを用いる方が良い・・様な気がする

 

塗布した面には通常のシームテープが接着しなくなる。シルナイロンと同等?(補修にはシルネットを使うか、塗布したシリコーンシーラントを使う・・のだろうなぁ。未検証)

 

③火気に十分注意する。

 

④溶剤は肝毒性、催奇形性その他障害を与える可能性がある。防毒マスク、換気等十分注意すること。

 

小生も実際に塗布したのは今回が初めてで、耐久性については全く未検証。それに塗ったのは・・ペグ袋。ま、先ずは実験だねぇ。

 

追試した皆さんの情報をお待ちします。コメントしてね~。

 

18/Oct.追記

 

19/Oct.追記2

その1http://bar-paraiso.cocolog-nifty.com/blog/2014/10/post-b50d.html
その2 http://bar-paraiso.cocolog-nifty.com/blog/2015/10/post-2ace.html


その3 http://bar-paraiso.cocolog-nifty.com/blog/2016/09/post-a19b.html
その4http://bar-paraiso.cocolog-nifty.com/blog/2016/10/post-9ccd.html
注意点http://bar-paraiso.cocolog-nifty.com/blog/2016/09/post-6dd2.html
実践編http://bar-paraiso.cocolog-nifty.com/blog/2016/10/post-bbf2.html
・・まで執筆アップしておりますのでご参考にしてくだされ。

 

'17 13/Aug.
'18 04/Sep. リンク貼り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« 一寸マニアックな基準点 | トップページ | 朝霧JAM・ふもとっぱらでのキャンプに必要なモノ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シリコーンシーラントをテント防水剤として使う-その2:

« 一寸マニアックな基準点 | トップページ | 朝霧JAM・ふもとっぱらでのキャンプに必要なモノ »