« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月28日 (水)

MRIセンサーの製造/YouTube

画像が反転している。

ロゴを消しているけれど、ジェネラルエレクトリックだと思う。

https://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=AHgQf0dgTQ4

興味深い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

企業紹介ホームページなんだが面白いぞ・・少なくともメカ好きには

ジェネラルエレクトリックの企業紹介ホームページ。

読む程に・・連中には勝てん。

http://gereports.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月20日 (火)

朝霧JAM・ふもとっぱらでのキャンプに必要なモノ

 Dscn73032015年朝霧JAMはふもとっぱらでキャンプしました。
実は小生フェス初体験。・・ただ、キャンプ歴は長いです。今回は野宿(キャンプ)などと云う野蛮な行いをなされない女王様のご命令で同行の誉れを頂いた訳でした。

 Dscn7326いゃあ!楽しい!!フェス・・ライブがこんなに楽しいものだったなんて!!女王様が毎年夏フェスに参加される訳が分かりました!!
 小生音楽には疎いけれど、全ての芸術家を尊敬しています。朝霧JAM、来年帰るのは決定事項です。

 Dscn7363今年は(も?)開場から気温が低く、防寒不十分な人が結構居た様に思えます。
また、20時頃から翌日10時過ぎまで雨になりました。夜中は結構強く降り苦労された方も多くいらっしゃったでしょう。
 
 ふもとっぱらでキャンプするのに必要なもの・・キャンパー目線からのアドバイス

1:テント・・大きなテントを1つ用意して皆で雑魚寝するのも楽しいでしょうが、意外に寝にくいものです。メインのテント+1~2人用テントを併せて使うのも良いと思います。一発勝負は止めて、自宅で一、二度張ってみる事を強くおすすめします。テントを張る前にテントフット(ブルーシートで十分)を必ず敷きましょう。テント内にも薄手の敷物を敷くとテントが痛みにくくなります。同梱のハンマーはまず使い物になりません。100均のでかいゴムハンマーが秀逸です。

Dscn73762:タープ・・大きさやタイプではなく、キモはポールにあります。風や雨が振り込まない様に建てるには同梱のポールだけではダメ。高低を調整出来ません。ジョイントタイプや伸縮タイプのポールを用意しておくと風下を低く・・とか自由にセッティング出来ます。高く張れば居心地は良いですが、雨や風が吹き込みますよ。
 タープを止めてスクリーンテントと云う選択もアリです(ウチのスタイルはコレ)。ただし、幕体を閉じて炭をくべると・・死にます。絶対ダメ!!

3:寝具・・一番大事なのは敷きマット。銀マットでも良いですが、サーマレストが最高でしょう。厚ければより安眠出来ますが、パッキングが大変になるので程ほどに。寝袋は秋冬用をお勧めします。暑ければもぐらずお腹に乗せる・・等で調節出来ますから。シェラフカバーを使うとそれだけでかなり温かいですし、万が一の浸水にも安心です(濡れたシェラフで寝る程ツライものはナイです・・そもそも寝られない)。結露を防ぐ為に透湿製(有り体に言って・・ゴアテックス製)を強くお勧めします。

4:椅子・・ヘリノックス・チェアが最強でしょう。軽く座り心地も良く最高です。フェス会場にも持って行きましょう。 皆が持ってますので間違えない様にバンダナとか、目立つタッグとかを付けた方が良いかも。地面が濡れていると直接腰を下ろせないし、シートを敷いても不便ですよ。冷えるし。

5:テーブル・・ヘリノックスチェアの高さに合わせ、高さが調節出来る物がお勧めです。調理用テーブルは立って使うので、高い方が良いです。調理と配膳で2セットは必要でしょう。

6:灯り・・ガスやガソリンランタンがお勧めです。大自然にケミカルな灯り・・LEDはなじみません。ただしテント内ではLEDや電球ライトを使いましょう。倒して火事になっては大変ですし、燃焼器具は酸欠の可能性がありますので。
自分専用にヘッドライトが有ると作業時に両手が使えますのでとても便利ですよ。

7:雨具・・ゴアテックス製がイチオシですが、類似する透湿素材雨具で十分でしょう。忘れちゃいけないのが帽子。帽子はゴアテックス製を強くお勧めします。ツバが広い方が雨具として機能します。傘も夜トイレに行ったりする時必要になりますので忘れずに。

8:番外:お風呂・・僕等は2日目の午前中に銭湯へ行きました。いや~、良かった。本当にリフレッシュして疲れが一気にとれました。タイムテーブルとにらめっこして、行かれる事をお勧めします。

9:ダメ!絶対!!・・幕体を閉じたテント内では火気厳禁の事。携帯発電機使用者は無裁判死刑です。水場での洗い物は皆の笑い者。食材は家で下ごしらえしてきましょう。また、使った食器等を洗うのもお家でね。ゴミは分別回収してくれますが、出来るだけ持ち帰りましょう。

Dscn739610:仲間・・スナフキンも良いけれど、一緒に楽しめる仲間を集めて行きましょう。
では、お役に立ったかな?来年もよろしくね~。

21/Oct. 追記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月17日 (土)

シリコーンシーラントをテント防水剤として使う-その2

どうやら1年ぶりの「その2」になるのだが、自分で試してみた。

 

先達は溶剤としてラッカーシンナーを使用していらっしゃるので、先ずはどんな溶剤で溶解するかを試してみた(以前書いた様にメーカー製シリコーンシンナーを使うのが正解ですよ)。

 

アセトン・・×

 

トルエン・・○

 

キシレン・・○

 

メタノール・・×

 

ホワイトガソリン・・○

 

ベンジン・・○

 

小生の使ったのはホワイトガソリンとベンジン以外一級試薬だが通常市販品でも同じだと思う。

 

信越シリコーンのポロン(POLON-T)の溶剤は工業用ガソリン、つまりホワイトガソリン・・ベンジンも同じ。

 

ポロン-Tが普通のテントやタープの生地を侵さない事は判っている。

 

結論:ホワイトガソリン(工業用ガソリン1号)を用いるのが一番安価と思われる。

 

ホワイトガソリンの入手方法だが・・判らない。ガソリンスタンドで注文出来るとか、以前何かで読んだ覚えがあるが・・。

 

なんと、アマゾンで購入出来るぞ!!!18Lで5400円(2015年10月現在。日本石油製造なので、日石のガソリンスタンドからは注文出来るら・し・い。が、5400円で買えるかは不明。レビューを読むとこの価格はかなり安価な方らしいよ。
「安定剤が入っていない」とか「ベンゼン・トルエン等の有害物質が・・」なんて書いている人が居るけれどシロウトさんだね。街のガソリンだろうが灯油だろうが純正ガソリンだろうが全てに入っているからね。そもそも主成分のシクロヘプタンそのものが有害物質だよ~ん。
 
 必要以上に気にする事は無い・・って云うか、ソレさえも否定するなら車にも乗れないし、そもそもガソリン燃焼器具なんて使えないよ。
 
 ホワイトガソリンそのものが高度に分溜されたモノなので、劣化する要素がそぎ落とされている。赤ガス・・レギュラーガソリンには多くの添加剤が添加されている。コレは全て動力用エンジンの為)。

 

織機の洗浄に使う・・とも読んだ事が有るので、まぁ精密機械の洗浄用だろう。

 

安価だろうけれど、多分最低ロットは一斗缶・・18Lでしょう。

 

因みにガソリンランタンやストーブ用大手メーカー品は同じホワイトガソリンだが着色されている。不具合が起こる可能性が有るので使用は控えたい(未検証)。

 

蛇足ながら工業用ガソリン1号は上述のランタンやストーブにすばらしく良い燃料になるし、氷男印より安価である。キャンプ仲間と共同購入すると良いカモ。

 

 

 

で、次点はベンジンかな。これならどんな町でも簡単に入手出来るのでこちらをお勧めする。

 

希釈濃度は未検証。トランアンドエラーで行くしかない。適度に希釈した液体はロール刷毛で塗布する事も可能になる。

 

参考:某アウトドアメーカーの合成ゴム引き製品では、裏面に塗布された合成ゴム厚は約11ミクロン0.0011mmでした(注意:溶解したシリコーン液は生地に吸収されるので、表面だけにコーティーングされた場合とは必要量が異なると思われます)。

 

注意:①シリコーンシーラントは水分と反応して硬化する事を忘れずに。テントやタープに使うなら、脱オキシムタイプを用いる方が良い・・様な気がする

 

塗布した面には通常のシームテープが接着しなくなる。シルナイロンと同等?(補修にはシルネットを使うか、塗布したシリコーンシーラントを使う・・のだろうなぁ。未検証)

 

③火気に十分注意する。

 

④溶剤は肝毒性、催奇形性その他障害を与える可能性がある。防毒マスク、換気等十分注意すること。

 

小生も実際に塗布したのは今回が初めてで、耐久性については全く未検証。それに塗ったのは・・ペグ袋。ま、先ずは実験だねぇ。

 

追試した皆さんの情報をお待ちします。コメントしてね~。

 

18/Oct.追記

 

19/Oct.追記2

その1http://bar-paraiso.cocolog-nifty.com/blog/2014/10/post-b50d.html
その2 http://bar-paraiso.cocolog-nifty.com/blog/2015/10/post-2ace.html


その3 http://bar-paraiso.cocolog-nifty.com/blog/2016/09/post-a19b.html
その4http://bar-paraiso.cocolog-nifty.com/blog/2016/10/post-9ccd.html
注意点http://bar-paraiso.cocolog-nifty.com/blog/2016/09/post-6dd2.html
実践編http://bar-paraiso.cocolog-nifty.com/blog/2016/10/post-bbf2.html
・・まで執筆アップしておりますのでご参考にしてくだされ。

 

'17 13/Aug.
'18 04/Sep. リンク貼り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 5日 (月)

一寸マニアックな基準点

Dscn6703注意していないとこう云うものは見逃してしまう。

日本全国に105カ所の一等重力点そして基準重力点は7カ所しかない。

画像は秋田大学付属鉱業博物館内のモノ。・・展示物を見ていると時間を忘れてしまふ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 3日 (土)

此はスゴイ

http://www.iwatani.co.jp/jpn/newsrelease/detail.php?idx=1240

ジェットボイルのオプション発電ユニットが中に組み込まれているワケだね。

しかしスゴイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »