« 大規模リフレッシュ修理/交換をした | トップページ | 究極のレイングローブ・テムレス »

2015年6月 2日 (火)

使いかけのシームグリップ保存方法

SEAM GRIP・・・シームグリップの使いかけは皆さんどう保存されているでしょうか。普通の接着剤の様に蓋をしただけではしっぽ?の方まで簡単に硬化してしまいます。

Cimg3151小生は耐ガス真空袋に入れて真空パックしてます。

真空パックしたらそのまま引き出しの中です。

シームグリップは空気中の水分で重合する様なので、コレでバッチリです。固まってもせいぜい蓋の裏側程度で済んでます。

注意:普通のビニールとか安価な真空袋はガスを透過するので、意味ナシです。お土産のお饅頭等で脱酸素剤が入っているモノが有りますが、あの袋をとっておいて使うと良いですよ。

縫い目の防水等で塗布する時は、3ccの使い捨て注射器に充填して使うと綺麗に塗れます。付属の刷毛は・・塗った後がキタナイです。

|

« 大規模リフレッシュ修理/交換をした | トップページ | 究極のレイングローブ・テムレス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 使いかけのシームグリップ保存方法:

« 大規模リフレッシュ修理/交換をした | トップページ | 究極のレイングローブ・テムレス »