« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月22日 (月)

SEIKO AGS 5M系オーバーホール:終章

「2万円を超える」と説明されていたAGSダイバーズのオーバーホール代金だが、受け付けてくれた店員さんの間違いだった。

「10年超えた時計は2割り増し」は正しかったのだが、彼は「2割り増し料金を更に2割増し」してしまったらしい。

結局支払った金額は7年前と同じ15600円だった。

次のオーバーホールは5年後なのか?スルかな?わかんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月16日 (火)

縁ゴムの剥がれ/Araiヘルメット

お気に入りのArai ヘルメット、Tour cross・・ツアークロスなんだが、縁ゴムとシールドリップ・ゴムが剥がれてきた(購入当初から一部はナンカ剥がれそうだったが)。

まぁ、経年劣化ではあるのだが、先日のツーリングで左のシールドリップがいつの間にか取れてしまい、シールドを閉じているのに変なエアの流れが出来て左目だけ結膜炎になってしまった。

 フルフェイスのアストロ-Jも縁ゴムが剥がれてきている。

ツアークロスもアストロも何度かセメダイン・EPOとか、スーパーXとかで補修したのだけれど、ヘルメット縁ゴムとの相性が悪く、上手く接着出来なかった(因みに良くある情報の、ボンドG17では絶対接着出来ないよ。今回メーカーから「専用接着剤じゃないと着かない」との返答アリ)。

今回はシールドリップが何処かへ飛んで行ってしまったので、ゴム板から切り出して造ろうかと思ったのだけれど、もしかしてと思い、アライに問い合わせてみた。

驚きだよ「無償修理致します」だって。

すっかり「経年劣化だから買い換えて」との返事を予想していたので、とにかく驚いた。

・・・で、ネットサーフィンしてみると・・・みんな剥がれているね

FRPと縁ゴムの相性が悪いみたいだね。

で、アライは購入後10年位だったら無償修理しているみたい。落として機能がヤバそうなヤツとか、自家塗装等で自分で剥がしたヤツは駄目みたいだ。

閑話休題

 「ヘルメットの買い換え(寿命)は3年毎に」と云う都市伝説/販売店のアナウンスを良く目にするが、鵜呑みにするのはどうかと思う。

3年寿命説はSGマークの有効期限が使用後3年と云う事から。

SGマークは、保険みたいなものぢゃ無くて、あくまで事故の際、製造元の瑕疵が有った場合はお金を出しましょう・・ってヤツだからね。因みに平成13年の支払い件数は7件程だったぜ・・ヘルメットだけぢゃなくてSGマークが付いている全ての製品で、だ。

落として割れているとか、あご紐が劣化しているとかはもう駄目だと思うが・・ねぇ。

みんなは何年位使ってるのかな・・使用頻度も有るよな・・毎日使う人もいるし、小生みたいに年間で10~20回位しか使わない人もいるだろうし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 8日 (月)

平湯キャンプ場

Hirayu1HirayuCRF氏とキャンツーに出かけた。

前日迄の強風豪雨なんのその、驚異の晴れ男CRF氏のパワー恐るべし。

もう少し早く到着出来ればなお良いのだけれど、ワタシ午前中仕事なのでしょうがないですね。

6月なのに息が白く見える夜は念願?の直火。薪は1把500円なのだけれど、杉ではねぇ・・。一寸残念。

飛騨牛の鉄板(フライパン)焼きで①ワイン②日本酒③ウィスキーで、シェラフに入るとき見た時計は・・11時でした!

翌日は6時過ぎに起き出してゆっくりパッキング。大王わさび園まで足を伸ばして中央道経由で帰宅。

全500Km少々の1泊ツーリングを楽しみました。

今度は上高地、小梨平へツーリング+トレッキングキャンプしましょう!

その前にお互いトレーニングですねっ!




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 3日 (水)

究極のレイングローブ・テムレス

そりゃゴアテックス製が一番良い事は判ってます。小生も3代続けてゴアテックス製レイングローブを買いました。

雨に濡れた手でもゴア・グローブをはめると体温で水分が蒸発し乾いてくるんだよね。初めて使った時は感動したな。

・・・が、保たない。3シーズンも使うとモレてくる。何度か分解してみたけれど、延命は不可能だった。あんなに薄いゴア生地だもんな、当然だよ。

そして、高価。ただただ高価。モンベルのヤツなんて1万以上したと思う。

小生はネットサーフィンで知りました!早速買いました。良いです!安価です!・・ちとみっともない?

その名は・・テムレス。

http://www2.showaglove.co.jp/showa/hp/staticSearch.do?_keyword=%E3%83%86%E3%83%A0%E3%83%AC%E3%82%B9&searchBtn.x=0&searchBtn.y=0

TemulesPhotoPhoto_2

 小生が買ったのは普通のテムレスだったのだが、知らないうちに「ジャージテムレス」なんてのも作られていた。こちらの方が良いかも。

モノタロウで安価に買えます。

とにかくお勧めですよ!





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 2日 (火)

使いかけのシームグリップ保存方法

SEAM GRIP・・・シームグリップの使いかけは皆さんどう保存されているでしょうか。普通の接着剤の様に蓋をしただけではしっぽ?の方まで簡単に硬化してしまいます。

Cimg3151小生は耐ガス真空袋に入れて真空パックしてます。

真空パックしたらそのまま引き出しの中です。

シームグリップは空気中の水分で重合する様なので、コレでバッチリです。固まってもせいぜい蓋の裏側程度で済んでます。

注意:普通のビニールとか安価な真空袋はガスを透過するので、意味ナシです。お土産のお饅頭等で脱酸素剤が入っているモノが有りますが、あの袋をとっておいて使うと良いですよ。

縫い目の防水等で塗布する時は、3ccの使い捨て注射器に充填して使うと綺麗に塗れます。付属の刷毛は・・塗った後がキタナイです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »