« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月26日 (火)

大規模リフレッシュ修理/交換をした

Koukanhinフロントショックアブゾーバーと付随する消耗ゴムパーツ全て。

リアショックアブゾーバーと付随する消耗ゴムパーツ全て。

前後ブレーキパッド、ローター交換。リアブレーキホース交換。

左右フロントロアアームブッシュ交換。

フロントサブフレームゴムブッシュ交換。リアスイングアームゴムブッシュ交換。

エンジンマウントは左右共昨年交換済み。

ショックアブゾーバーはビルシュタインB4(純正仕様)。

ストラットマウントの片側はベアリングが分離し、ゴムは相当縮んでいた。

フロントバンプストップは完全に破壊され千切れていた。

ショックアブゾーバーは純正(ボーグ)がインストールされていたが、完全にガスが抜けていた。オイルモレは無かったが、全くアブゾーバーとしての役には立っていなかったと思う。

 新品のB4は人力でのシャフト圧縮は相当力が要るのだが、現車のはスコスコだった。

 交換後、クイッキーなターン時に正常な「踏ん張り」とはコレか・・と納得。ロール具合からして違う・・当たり前か。

 交換したブッシュ類が馴染むまでしばらくそのまま乗ってからアライメント調整に出すつもり。タイヤ交換もその時同時かな。

 気になるコト

 以前からデフオイルが漏れていて、昨年アウディジャパンに修理に出した。相当金額が掛かったが直っていないようだ。

昨年3000km程走っただけでデフオイルが600ccも入ってしまった!(デフオイル容量は750ml)。

修理店に相談するつもり。

今回の修理は交換部品のほとんどを小生が海外から集めた。金額は・・10万は下らないだろう。工場での工賃は約10万だった。

今後の課題:先に述べたようにデフオイル漏れ。そしてエアコンガス漏れ(ガス、ホース、新品コンプレッサー、消耗部品は既に準備済み)。

あと20年は維持したいねぇ。

 追記

 デフオイル漏れについて修理店へ相談に行ってきたが、ヤナセでの修理は受け付けてくれない様だ。過走行で消耗し、部分部分のトラブルだけでなく全体が損耗していると判断しているとの事。

 ディーラーメカニックの意見としては①新ユニット購入②リビルトユニット購入と云う事らしい。

約2年前のヤナセでの主な修理・調整はオイルシール交換とオーリング交換だった。

 小生の見る限りではフランジシャフト部分から漏れが有る様に思える。もちろんこの部分のオイルシール・オーリングは交換してもらったが、シャフト自体がすり減っているなら、漏れる。

 実際に確認していないので判らないが、もし漏れの原因がオイルシール部分のすり減り、エグレなら・・クロムめっき再生が出来るハズ。

 クロムメッキ再生とは、主に産業用機器のオイルシリンダーシャフトの再生に用いられる補修方法。厚くクロムメッキを掛け、場合に因っては1mm近くも痩せた部分を再生出来ると云う。

 精度も1/100mm単位で管理出来るらしい。

http://www.yoshikawa-hcr.com/

ユニット、部品単体での入手が難しい場合にはこんな方法も考えなければならなくなってきた様だ。

 追記の方が長くなってしまった。

27/May 追記/補足

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月20日 (水)

SEIKOの腕時計オーバーホール料金は適正・・カモしれない?

昨晩いつもの止まり木で店主に愚痴っていると「それは違うよ」と別の切り口をみせてくれた。

小生はご存じの通り準旧車のアウディとベンツを所有していて、修理ばかり(!)している。

部品は、高価だ。

理由は明白だ・・管理料だ。倉庫、記録、リフレッシュ、需要に応じて再製作もしているかも。そうなると、部品の型とかの保管、記録、リフレッシュもアリかも。

だから1個の部品でも高価になる。20年前の安価な時計でも修理してくれるSEIKOはスバラシイ。

・・・あぁ、わかります、判ります。時計でも一緒だよな、たしかに。

だから4万円の時計のオーバーホールが2万円でも、それは妥当・・或いは安価なのかもしれない。

・・・・でもね、千円程で買ったアルバ・セイコーの腕時計だけど、20年以上電池交換だけで正確な時を刻んでたりするんですケド。

数年おきに真面目にメーカーオーバーホールを受けてきた俺っちのAGSが不具合を起こすのって・・・やっぱりAGSはダメダメメカだったってコトかしらん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月19日 (火)

SEIKOの腕時計オーバーホール代金は高すぎではないかな?

Sbbw053_21996年の発売直後購入したAGSダイバーズウォッチだが、3回目となるオーバーホールに出そうと販売店を訪ねたのだが、呈示された代金に驚いた。

なんと20000円を超えると云うのだ。

いろいろ突っ込んで聞いてみると、SEIKOでは10年を超えた時計のオーバーホールは割増料金なのだそうだ。

2回目、7年前のオーバーホールは15000円程だったはず。

同じ店のショーウィンドウに同業他社のソーラーダイバーズウォッチが27000円の正札をつけている。

時計修理技能士免許を持つ街の時計修理店ではロレックスを30000円程でオーバーホールしてくれる様だよ。

何年かおきにきちんとディーラーでオーバーホール(AGSは全てメーカー返送修理)している時計でも7年でおかしくなるなんてなぁ・・ちょっと納得出来ない。

AGSで電池交換要らず(本当は交換が必要だったんだぜ、嘘つきだよな)、ナイスで朽ちないチタンボディ。

長く一緒に居るヤツだけど、4回目のオーバーホールは考えちゃうなぁ。

因みに小生、本業はインドアの仕事で時計を身に付けるのはせいぜい休日位。それも毎回ぢゃない。過酷な環境で酷使とか、まず、無いなぁ。

私の中のSEIKO信頼度が低下した今回の一件でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月18日 (月)

ケースが無かったら即死だった・・

17日馴染みの連中と島へ渡り日帰り宴会をしてきた。

さんざん飲み食いした後、海岸へ出て投げ釣りをした。

アイフォンはハロルドギア・ウェストバッグに入れて腰へ。

根掛かりしてクイクイやったりしゃがみ込んだりしていて・・ベルクロが外れて・・ポチャリ。

・・いやぁ唖然としましたねぇ。ぷかぷかしてるんだから。

我に返って拾おうとすると、波のヤロウが沖合へ運ぼうとする。

一瞬の逡巡の後、躊躇なく右足を踏み出す・・いくらゴアブーティでもその日に限ってローカット・・・足水没。

すぐさまチャックを開けて、僅かの浸水を拭き取りました。

・・・ケースが無かったら即死だったよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月15日 (金)

退院直前にトラブル発覚!

現在入院しているカーショップは歩いて5分程の所で(社長にとっては)迷惑なんだろうけれどほぼ毎日参上してリフト上のアウディをなでたり、さすったり、声をかけたりしていた。これ幸いと(もちろん許可を得て)リフトアップした車の下に入ってアチコチ見ていた。

「試乗が終わったら、お返しする予定です」。社長から待ちかねたお言葉を頂いたのはつい先日の事。

そのお言葉をかみしめながら、リフト上のアウディをながめる小生の瞳はうるんでいました。

「やっと退院するんだ・・あと20年は大丈夫ですよね」・・しぶしぶいやいや頷く社長。

・・・ヲ・・?!何かがおかしい。アレは何だ・・・!

「しゃ、社長、アソコなんか変ですっ!」

駆け寄る小生と驚く社長。

助手席側のサイドシル/チッピングコート部分がなんか割れて膨らんでるんですケド。

チッピングコートの下は・・錆びて(言いたく無いが・・腐って)ました。

皆さんの想像もつかない様な山奥や廃道や雪道、原野を走ってきたアウディですから、底をスルなんてぇコトは日常の飯。思い当たるトコロなんて無いぐらい、アリアリ。

・・ってな訳で、退院当日に板金屋に転院入院となってしまいました。

板金屋さんには社長を通じて「後20年は乗るつもりですので、その線でよろしく」と伝えて頂きました。

さて、本退院はいつになるのだろうか?そして、治療費は払えるのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月12日 (火)

893 611 775 A(MEYLE)

純正長:160

MEYLE長:187(実測値)

1234

国内ネット通販にて購入。2本で4110円(送料込)

多少長いけれど、まぁ、問題無いレベルではないかと思われます。







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月10日 (日)

パーツリストからモレている部品??

現在アウディは入院中。随分前から準備していた計画を実行中なのだっ!

そりは・・・「全ゴムブッシュ交換作戦」+ショックアブゾーバー4本共交換。

全てのゴムブッシュを入手するのに・・1~2年は掛かったかなぁ・・金額もそれなりに・・。

ネットのおかげで99%は純正パーツが入手出来た。

・・が、タイトル「パーツリストからモレている部品?」が発見された。

リアスイングアームを車体から分離する為に、ブレーキパイプ/ホースを切り離さなければならない。で、どうせバラすならホースを新品にしましょうよ、ってコトになった訳なんだけれど、無いンだわ、パーツリストに。謎の欠落??

893611775a893 611 775 A

ブレーキライン→キャリパーの、ホース左右で2本。

M10X1X160

アウディだけでなくゴルフやパサートにも使われている部品で、もちろん現在でも国内で入手可能・・・ただし、1本4300円(税別・ディーラー価格)だけどね。

本当は使いたくナイのだけれど、価格にマケてマイレ製をネット購入。劣化した26年モノホースよりはマシだろうと思う。

もうすぐ退院して来る。そしたら先ずアライメント調整をしてもらいに行って・・あぁ、楽しみだっ!!

・・・支払いのコトはとりあえず考えないでおく・・・がヨロシ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »